Webの最新トピックを配信中!

なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか


なぜ、このサイトではエンジニアじゃなくWebデザイナーをすすめるのか。
それは、ほとんど人がエンジニアにはなれないからです。

いまエンジニアの需要がすごく高まっています。

子どもの教育にも良いという理由で、子供向けのプログラミング教室まで各地で開催され、NHKでもプログラミングの番組が放送されるまでになりました。
しかもエンジニアは高収入です。僕の知り合いのエンジニアはある会社に業務委託契約で働いていますが、月収は100万を超えます

実は、僕もかつては、PHPやJava、iPhoneアプリで使うObjective-Cといった言語を勉強して、エンジニアを目指していました。自分でアプリが作れて、しかも高収入だったらもう人生最高じゃないですか!
でも僕はなれませんでした。。

エンジニアになれる人が少数な理由

ここで、もう一度重要なことを言います。

残念ながらほとんどの人はエンジニアにはなれません。

こう言うと、おそらくエンジニアからは反対されるでしょう。きっと「いや、基礎をしっかりやって、コードを何度も書いて、プロジェクトにいくつも関わって、学び続ければエンジニアにはなれる!」と言うし、僕も何度も聴かされてきました。

僕の意見としては、この「頑張ればエンジニアになれる」説は、完全に嘘です。これを語る人は、「自分の才能」と「プログラミングへの強い情熱(意識的にも無意識的にも)」を棚上げした上で語っているので要注意です。エンジニアになれる人は限られています。僕の感覚では、10人がゼロからエンジニアを目指して勉強し、実際に現場で活躍できる人は1人いるかいないかです。

なぜか。誤解を恐れずに言うと、エンジニアにはセンスが確実に必要だからです。センスとはアルゴリズムを考える能力です。ある機能を作るために、プログラミングの文法を用いて、どのような流れでバグの無いコードを正確に書くか。これが、普通の人にはできません。
もちろんif文やforeachなど基本的な文法を学び、簡単なアプリは作れるレベルには到達できるんです。それくらいはできるんです!でも、それではエンジニアとして食べていくレベルには、はるかに遠いのです…。

だから、Webデザイナーかフロントエンドエンジニアがおすすめなのです。デザインとコーディングは努力して勉強した分だけ成果が出やすいのです。しかも、もしコーディングが得意でJavaScriptやPHPに興味が出てきたら、そこからフロントエンドエンジニアやエンジニアを目指せばいいわけです。最初からエンジニアを選んで誤爆する、ということだけは避けたいのです。僕がそうであったように…。

エンジニアになりたいなら無料の学校を選ぶ

つまり、エンジニアになりたいなら、30~40万円もするプログラミングスクールに通うのは巨大過ぎるリスクです。

ありがたいことに『ProEnginner』という無料の学校があるため、まずはそちらに通学して、自分にエンジニアとしての素質があるのか確認をしてみてください。
無料で運営できるのは、企業からの協賛金によって成り立っているためです。
ProEnginner

ProEnginnerで勉強する中で、「自分、エンジニアとしてイケる!」という自信が芽生えたらラッキーです。ProEnginnerはクルーズ(ソーシャルゲームや通販サイトなどで有名な六本木ヒルズの会社)での有給インターンシップもやっているので、そこで働いてみて、さらに本当に自分がエンジニアとして長く働いていけるのかを確認しましょう。勉強と現場では全然レベルが違うからです。それくらい念入りに、自分がエンジニアに向いているかどうかのチェックが必要です。

万が一、「あ、やっぱりエンジニアにはなれそうにないかも……」となっても大丈夫です。フロントエンドエンジニアか開発に強いWebデザイナーになりましょう。ProEnginnerで身につけたPHPやJava、ApacheやSQLは、フロントエンドエンジニアとしてアピールできる強力な材料になりえます。この学校で面白いのは、ソーシャルゲームやカラーミーショップなどのシステムでも用いられるSmartyもカリキュラムに含んでいる点です。HTML内にPHPを記述できる技術ですが、これが意外に需要のある現場が多いのです。
フロントエンドエンジニアとして活躍するには、ものすごいオトクな授業内容になっているので、ProEnginnerは時間があるなら通っておいた方が良いです。
ProEnginner

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ