Webの最新トピックを配信中!

【3スタの面談に行ってきた】週3日Webデザイナー案件を多く紹介!超頼もしいエージェント

Web制作会社で正社員として毎日ヒ~コラと疲弊して働いている時から、週3日の業務委託案件を紹介してくれる『3スタ』は気になっていました。
なんせ、サービス名に週3日を示す「3」を入れている時点で、かなりの本気度を感じます。

そして期待通りでした。
結果的に、今は3スタさんから週3日の業務委託案件を紹介してもらい働いています。ある事業会社でサイトのデザインとコーディング、LP制作やコンテンツ企画をやっています。週3日ですが、十分に満足できる月額報酬です。

週3日のWebデザイナーやフロントエンドエンジニアの案件を探しているなら、現状では3スタがベストです。
他にも『レバテッククリエイター』や『ITプロパートナーズ』などの転職エージェントに登録して、案件を紹介してもらいましたが、なかなか週3日で安定した企業や満足した報酬が得られる案件は見つけられませんでした。

その点、3スタさんは怒涛の勢いで優良な案件を紹介してきます。実際のところは、すべての案件が週3日とは限らず、週5や週4日案件もあります。ただ、15件ほど紹介してくれたうち、10件は週3の案件でした。他エージェントに比べれば、圧倒的に週3日案件の数が抜きん出ています。

登録:メールで面談日程のやり取り

3スタのサイトでは、登録しなくても、いくつか週3~5日の業務委託求人が見られます。

3スタ
『3スタ』

ふーむ、世の中にはこんなにも週3日案件があったのか、週5だったら50万とかもらえる案件あるじゃん……とか、ずっと会社員続けてたら気づかないような業務委託Webデザイナーの現状を知れます。

サイトで登録をする際は、名前などの他にポートフォリオサイトのURLを記載しました。職務経歴書は面談後にメールで送りました。
一応、紙のポートフォリオをPDF化して、Googleドライブにアップして、共有URLを発行して、それを伝えておきました。

面談:なぜか社長が親身に対応してくれた

3スタさんは恵比寿にあります。
昔、大学生の時に放送作家オーディションに参加したワタナベエンターテイメントのすぐ側でした。懐かしい。

3sta
会社は、アパートの中の小さな一室です。なんだかほっこりとする、とってもアットホームな雰囲気でした。なぜか社長が対応してくださりました。とても聞き上手な方で、堅い雰囲気の面談ではなく、雑談をするような気軽な感じで、希望の職種や現在のスキル、希望の報酬額の話をしました。だいたい1時間ほどです。

アフターケア:メールで週3-5案件を怒涛の勢いで送ってくれる

もうとにかく、毎日のようにメールで案件をたくさん送ってくれます。僕は貯金が激減しかけていたので、このスピーディーな勢いにはかなり助けられました。案件についての質問のメールも、1時間以内には返ってくる素早さです。

紹介してくれる企業も様々です。Web制作会社、アプリ・プロダクション・アパレルの事業会社、誰もが知る超大手企業など。もちろん応募して落ちる可能性もありますが、いろいろと選べる楽しさがあります。

企業の面接にも、3スタのスタッフの方が同行してくれました。頼もしいです。

まだ週5日で消耗してるの?週3日でしょ!

結局、3スタさんで紹介してもらった事業会社で働いているのですが、もう、これこそ僕の理想の生活です。

いや、理想というかこれが普通なんだと思います。

もう週5日同じ会社で朝から晩まで働くとか考えられません。週3日働くスタイルが普通なんです。
僕の一週間は、週3日会社に常駐して、1日はちょこちょことフリーランスの仕事(小さな雑貨屋さんのリニューアルなど)をして、残りの3日は自由時間です。

自分の時間がたっぷり取れます。勉強会にも出れるし、本もたっぷり読める。英語の勉強もできるし、美術館にも行ける。街なかを散歩して、デザインを観察できる。ブログも書けるし、婚活もできる。運動もしっかりできて健康的。料理の時間も作れる。自分のアプリやサービスが作れる時間を持てる。

とゆうか、これが普通なんだと思います。

そうだ、週3日だけ働こう、そう思ったらまずは『3スタ』に登録することをおすすめします。

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社しスキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントしてぜひ登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ

“【3スタの面談に行ってきた】週3日Webデザイナー案件を多く紹介!超頼もしいエージェント” への2件のフィードバック

  1. みやこ より:

    はじめまして、いつもサイト拝見させて頂いております。本当に未経験者からのweb業界への転職を検討している人に寄り添った記事ばかりで、どれも非常に参考になります。
    私も異業種からweb業界への転職がしたいと考え、職業訓練校に半年通い卒業が間近になりました。
    学ぶ中で、デザインよりはコーティングの方に楽しさを感じまして将来的にはフロントエンドエンジニアとして働いていけたらなと思うのですが、そのような場合は自社ECサイトを更新・運営がメインの仕事内容の企業よりはweb制作会社のような様々なジャンルのHPやLPページを作成するような仕事ができる企業への就職の方がいいのでしょうか?
    また、フロントエンドエンジニアとして実務経験とスキルを重ねていき自信がついたらねこポンさんのような業務委託で週3勤務ができるのが理想なのですが、フロントエンドエンジニアでもそういった働き方は可能でしょうか?
    年齢も30代半ばのため、最初の企業選びを間違えると後に響いてきそうで慎重になってしまって…
    長々と申し訳ありません。よろしければご意見お伺いできれば幸いです。

    • ねこポン より:

      みやこさん、はじめまして!
      参考にしていただいたようで嬉しいです。

      自社ECサイトで更新業務より、断然Web制作会社に入社することをオススメします。
      特にフロントエンドは進化が早いため、最新の制作手法を取り入れている制作会社に入れば、スキルアップも早いです。
      おっしゃる通り、さまざまなサイトを作るため、デザインのみならずコーディングのテクニックの上でも、引き出しの多さが問われます。パララックス、背景に動画を敷く、SVGの活用、WordPressなどなど、制作会社でバラエティに富んだ多くの手法に関わることで、コーディングの技を増やせます。
      ECや事業会社は会社によりますが、基本的に従来のやり方を踏襲することが多いため、あまり最先端の知識やスキルは習得できない傾向が強いです。

      現在は職業訓練中でコーディングに楽しさを感じているのは良いことですね!楽しいという気持ちを持てれば、ほぼこの業界でうまくやっていけると思っています。
      ただ、人によってはフロントエンドエンジニアの世界に行くには大きな壁があります。確実に向き不向きがあるというのが僕の持論です。HTMLやCSS、jQueryがちょっと楽しいというレベルでは、それはコーダーであって、フロントエンドエンジニアとして活躍するにはほど遠いです。
      そのため、制作会社に入ったら、まずはHTMLとCSSを完璧にして、jQueryを少しずつ現場で書いていき慣れていきます。そこからがフロントエンドエンジニアになれるかどうかの境目です。ネイティブのJSやPHP(かRuby)に親しめるかどうか、実践で書いていけるのか、それを自分に問うて確かめていく必要があります。もし向いていたらすごくラッキーだと思います。HTMLやCSS、あとちょろっとjQueryを書くのなんて多くのWebデザイナーができますが、そうそうバリバリとJSやPHPを書けるフロントエンドエンジニアにはなれません。
      下記はエンジニアについての記事ですが、フロントエンドエンジニアについても同様なのでぜひ読んでみてください。
      ★なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか
      https://webdesigner-go.com/about/engineer/

      上の3スタの記事はお読みなったと思いますが、求人情報を見ると週3-4日のフロントエンドの案件は豊富です。
      https://sanprostyle.com/project/
      しかもフロントエンドエンジニア(あるいはエンジニア)の方がはるかに報酬が良いです。週5なら月額60万以上になる案件はけっこう見つかります。3スタに加えてレバテッククリエイターもフロントエンド系の案件が多いのでチェックしてみてください。僕はフロントエンドエンジニアが羨ましいです笑

      いまは、コーディングだけをやる!と決めつけないほうが良いと僕は思います。会社に入ってデザインをやってみたら意外と楽しい!と思うかもしれません。まずは会社に入ったら、デザインとコーディング両方いろいろとやってみることをオススメします。いろんなサイトに関わり働きながら自分の方向性が見えてくるはずです。
      デザインとコーディングを楽しみながら自分らしい生き方を見つけてください!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ