Webの最新トピックを配信中!

【レバテッククリエイターの面談に行ってきた】週5常駐業務委託のWebデザイナー案件ならナンバーワン。美女に気をつけて!

levtech-creator

友達の二人が、業務委託案件を紹介してくれる『レバテッククリエイター』に実際に登録しています。
二人とも、Webディレクターで、一人は大手企業で週5で常駐して月に約55万円
もう一人は、週3でベンチャー企業に常駐し約30万円の月額報酬です。

めちゃくちゃいいじゃん…ということで、僕も会社を退職した後に登録してみました。
ということで、レバテッククリエイターの口コミです。

僕は週3案件希望なので、最終的には、別のエージェントから紹介してもらった週3日の案件で働くことになるのですが、レバテックさんにも多くの案件を紹介していただきました。

週5の業務委託案件を探しているなら、には、ぜひレバテッククリエイターに登録することをおすすめします。

登録して3日後にはすぐに面談ができた

今回は友達の紹介で、レバテッククリエイターに登録してみました。

担当者からメールで連絡が来たら、レバテッククリエイターのサイト上で名前や簡単な経歴を入力し、会員登録を済ませました。
その後に、職務経歴書(スキルシート)とポートフォリオのURLをメールで送りました。職務経歴書はテンプレートを用意してくれています。

翌日に電話が来て、簡単に今の状況をお話しした後、メールで面談の日程を決めました。
登録からここまでで2日ほどしか経っていません。貯金が激減する状況だったので……、進行がスピーディーなのは、とても助かりました。

キャリアアドバイザーが美女過ぎ

hikarie
レバテッククリエイターのオフィスは、渋谷のヒカリエの高層階にあります。

11階のオフィス階入り口からさらにエレベーターに乗る必要があるのですが、そこの受付で簡単な手続き(名前を書いたり)が必要になるので、時間に少し余裕を持って行ったほうが良いですね。

レバテックさんのロビーは、クライアントや求職者なのか多くの人が行き交っていて、にぎやかです。
内線電話で求職者登録をしにきた旨を伝えて、10分ほど椅子で待っていると、奥のカフェテリアのような広いスペースに案内していただきました。フローリングの床で全体的にシックで上品な雰囲気です。多目的スペースのようで、普通に社員の方が仕事していたり、求職者の方の面談が行われています。

アンケート用紙に記入をしながら、さらに10分ほど待ちました。「ちょっとけっこう待たせるなぁ…もう~」とやや不安になっていると、女性の美しいCA(キャリアドバイザー・私が勝手にCAと呼んでいる)の方が現れて、心がざわざわしてしまいました。

まさに渋谷の都会的な美女で、メイクとネイルは完璧という華やかさと同時に、まだ20代半ばであろうか、どこかあどけなさもあります。そこが絶妙な隙きを作っていて、話しかけやすそうな親密な雰囲気を生み出しています。

これは「働く女のプロ」だ…と恐れ入りました。

…おい!何を言っているんでしょうか。ともかく面談が始まりました。

面談は一般的な内容、でも美人

いくつも転職エージェントに登録していれば、何度も面談を受けることになりますが、だいたい同じことを聞かれます。
レバテッククリエイターでも、同じような質問内容でした。

  • 週何日を希望か
  • 通勤時間の限度
  • 今までの仕事内容とスキル
  • 次はどんな仕事をしたいか
  • 将来の方向性
  • 希望報酬額

美人のキャリアドバイザーさんで聞き上手なので、将来の方向性とかしゃべっていると、なんだか夢を語っているようで、自己陶酔感に見舞われます。…おっさんか。
45分ほどで面談は完了し、僕は名残惜しく、ヒカリエを後にしました。

自分で案件を検索できる!

レバテッククリエイターは、求職者が自宅で仕事を検索できるシステムがあるのが特長的です。
その管理画面は、かなり見やすいUIで、とても使いやすいです。

キャリアアドバイザーさんからも、メールやLINEで案件が紹介されてきますが、少しペースが遅いのと量が少ないので、管理画面から自分でどんどん検索して、その場で応募していました。
で、すぐに【お見送り】のお知らせがメールで届く案件があったり、あるいは、応募しても数日間全く反応がない案件もあったりします。企業によっては、十分に時間をかけて求職者を選んでいるケースもあるようです。

案件の種類はゲーム系・Web制作会社・事業会社など豊富

案件のジャンルは、Web制作会社、事業会社(自社で商品やサービスを持つ会社)、ソーシャルゲーム・アプリ系企業など扱う案件の幅が広いので、「行きたい企業がまったく見つからない」ことは少ないはずです。

企業の規模は、有名どころの企業や、中小企業でも規模が少し大きめの会社が多いです。

小さなベンチャー企業はあまり見当たらない印象で、その点では、Webデザインのスキルはある程度(1年くらい?)必要かと思います。業界未経験の方は、十分なスキルが無いと、あまり仕事を紹介してもらえないかもしれません。

週3日のWebデザイン案件はあまり無い

検索していると、残念ながら週3日のWebデザイナーの案件は、ほぼ見つからないことにすぐ気づきました。僕が検索した時期には3件ほどしかヒットしませんでした。もちろん時期もあるのかもしれません。
ただ基本的に週5日の業務委託案件がほとんどで、週3や4だとエンジニアの案件ばかりになります。

キャリアドバイザーさんがかわいいと、こっちも頑張らないと!となってしまう効果があり、別にそれほど興味がない案件でも、応募してしまおうかと錯乱状態に陥りがちです。「この案件、却下されましたけど、良い案件だと思うんですぅ」と言われても、そこはグッと堪えて、自分の意志を貫き通しました。…当たり前か。

月額の報酬額はどれくらいか?

一番上で、Webディレクターの友達の報酬額を紹介しました。週5日で約55万円、週3日で約30万円。これはWebディレクターの場合でした。

レバテッククリエイターさんに限らず、エージェント経由の業務委託のWebデザイナー案件の報酬額は、
週3日で20~35万円、週5日で40~60万円
が一般的な相場です。

もちろん実力や会社の規模によって、変動はしますが、だいたいこれくらいの金額におさまります。

実際に僕の場合も、現在は週3日で会社に常駐し、30万円の報酬金額をもらっています。

レバテッククリエイターのメリットは、週5案件の豊富さ

レバテックさんは知名度もあるため、案件の量はわりと豊富な方で、しかも優良な企業を多く扱っていることがわかりました。

Webデザイナー歴1年以上で「週に5日間働きたいが、フリーランスでいたいので、業務委託がいい」という人にはベストなエージェントです。

レバテッククリエイター以外にも、レバテックさんは、正社員求人の『レバテックキャリア』、フリーランスエンジニア向けの『レバテックフリーランス』のサービスがあるので、自分の理想の働き方に合わせて登録してみるのをおすすめします。

とにかく、渋谷のあのオフィスに行ってみてください。いろんな意味で楽しいですから笑。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ