Webの最新トピックを配信中!

業界未経験からWebデザイナーになるためのベストなステップ


僕の経験を踏まえて、未経験から最短で効率的にWebデザイナーとして働けるステップを紹介します。無駄なことはしたくないですもんね。基本、このステップがベストだと思います。

今の時代は、オンライン動画レッスンの登場や初心者向けの書籍も充実していて、以前よりもWeb系のスキルが習得しやすい環境になりました。選択肢が増えた分、どうやってWebデザインを勉強すればいいか迷うと思います。

まずはWebデザインの領域を一通り勉強できる学校に入学にすることを強くおススメします。僕も求職者支援訓練校に入りました。学校はいいですよー。なんてたってモチベーションが続きやすいです。

ここでは職業訓練などの学校に行くパターンを紹介していますが、独学でWebデザインを学ぶ方法もこちらにまとめたので、ぜひ読んでみてください。
独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド

①職業訓練/求職者支援訓練などの学校に入る

学校(職業訓練/求職者支援訓練かスクール)を選択するメリットはこちらの記事に書きました。
職業訓練校などの学校でWebデザインを勉強するのがベスト

学校にもよりますが、求職者支援訓練の場合は3か月~6か月ほどです。僕は6か月の期間の学校で、就職が決定した5ヶ月目に卒業しました。たまに平日休みがありますが、ほぼ毎日通います。

学校は「わからない箇所はすぐに質問でき解決できる」「職業訓練/求職者支援訓練は基本無料で受講できる」「モチベーションが維持しやすい」「Adobe製品が学生価格で契約できる」「仲間ができる」などメリットがすごく多いです。先生とは今も飲み会(合コン…)に行く仲です。

②学校:Web業界で生き抜くための最低限のスキルを習得

学校に入ったら、Webデザインのスキルを習得していきます。学校のカリキュラムよって少し違いがあるかもしれませんが、現場で活躍するには最低限、次のことを勉強する必要があります。

  • HTML(+HTML5)– サイトを支えるタグたち
  • CSS(+CSS3)– サイトを装飾・レイアウトする設定たち
  • Photoshop(フォトショ) – サイトデザイン・画像編集のソフト
  • illustrator(イラレ) – アイコン・イラスト・チラシなど絵的なモノ制作ソフト
  • jQuery – サイトに動きをつけるプログラミング言語
  • WordPress – サイトを簡単に更新可能にするシステム

現場に出る前に、各領域をどの程度習得しておくべきかについてはこちらの記事に書きました。
まずはチェック!Webデザイナーに就職・転職する前に最低限持つべきスキル一覧

③学校:サイトを1つ以上は制作する

ここまで基本スキルを学んできたら、実際にサイトを一つ作ってみます。このサイトを最終的にポートフォリオに加えます。

最低限の技術力があることをアピールしたいので、サイトにはできればWordPressを実装し、管理画面から更新ができるようにします。jQueryを用いて、スライドショーやフォトギャラリーなどの機能も実装すると、アピールの材料が増えてよいです。
僕はたしかトマト農家のサイトを作った記憶があります。トマネコというトマトと猫が合体したマスコットキャラをイラレで書いて、それを載せてました。。

もちろん、サイトの数はたくさんあるに越したことはありません。ただ実際、6か月も学校の期間があっても、ちゃんとしたサイトは一個作るのが精いっぱいだと思います。いくつも質の低いサイトを作るよりは、1つのサイトをしっかりと作り込みクオリティを上げる方がポイントが高いです。

④学校:ポートフォリオを制作

学校の授業で制作したバナーやサイトのデザインを掲載するポートフォリオを作成します。サイトではなく紙です。最終的にPDFで書き出し、印刷します。

ポートフォリオ!というと僕はなんとなく身構えてしまうし、めんどくささを感じます。でも、あまり考え込まなくて大丈夫です。言い方は悪いですが、未経験のWebデザイナーのポートフォリオですから、ものすごい高いクオリティのものは会社からも期待されません。シンプルにわかりやすくサイトデザインやバナーを掲載すればいいだけです。

むしろ面接の方を頑張って誠実さをアピールしてください。「スキルはまだ未熟かもしれないけれど、成長意欲もあるし素直だから活躍してくれるかも」と思わせたら勝ちです。未経験のWebデザイナーの就職は半分はポテンシャル採用です。

⑤Webデザイナーの資格を一つだけ取得しておく

経験者のWebデザイナーの中途採用では、資格はほとんど役に立ちません。この業界はスキルがあってなんぼのもんじゃです。

ただ、未経験の場合は状況は異なります。上でも書いた通り、ポテンシャル採用の要素が強いからです。「成長意欲があることを企業にアピール」「資格に向けて勉強することでスキルアップ」の2点のために、Webデザイン系の資格を一つ取っておくことをおススメします。資格についてはこちらに詳しく書きました。
Webデザイナーになるには資格は必要?

⑤Web業界に強い就職エージェントに登録

ここまで来たら、Web業界の案件を多く持つ就職/転職エージェントに登録しましょう。よほど自分のデザインや技術力に自信がある場合は、通常の転職サイトでもいいですが、未経験のWebデザイナーの場合は、エージェントに登録します。エージェントはスキルや要望に見合った未経験OKの仕事を紹介してくれたり、ポートフォリオのアドバイスにも乗ってくれます。エージェントの活用方法はこちらで詳しく書きました。
新人Webデザイナーが登録しておくべき就職エージェント

⑥Web制作会社に正社員か「紹介予定派遣」として入る

エージェントはメールや電話でいろんなWeb制作会社を紹介してくれます。気になる会社があれば面接を受けてみます。なんとエージェントが面接にも付いてきてくれます。

ここでは、「紹介予定派遣」というのがポイントです。紹介予定派遣とは、「派遣として入社してしばらく働いた後、自分と企業の双方で条件が合えば、正社員になる」という仕組みです。僕の場合は、3か月間派遣として働いた後、まぁこの会社なら成長できそうだしいっかと思って、正社員に切り替えてもらいました。これ、おススメです。
クリエイティブ職に強い『クリーク・アンド・リバー』を僕は使いました。
【クリーク・アンド・リバーの面談に行ってきた】Webデザイナーの紹介予定派遣ならココ。放送局や広告系案件も多くかなりユニーク

いきなり正社員とか怖いですもんね。ブラック企業だったり、相性が合わなくても辞めづらいし。また、普通の派遣もぜったいにやめてくださいしょぼい仕事ばかりふられるくそつまらない職場に放り込まれる可能性が大です。

ただ、紹介予定派遣を実施している企業は多くないため、未経験OKの正社員採用をしている転職エージェント『ワークポート』にも登録する必要があります。
【ワークポートの面談に行ってきた】膨大な案件量の評判は確か。未経験から正社員Webデザイナーを目指すなら登録必須

相性が良さそうなWeb制作会社が見つかれば入社して、最低でも2年間そこで働きます。Web制作会社はクライアントや代理店(案件を紹介してくれる企業)の進行に合わせて動くので、納期がギリギリになり終電帰りの日が連続する辛い日々もあるかもしれません。でも、ここでの濃密な修行が一生の財産になるはずです。

⑦より条件の良い会社に転職 or フリーランスになる

2年働くと、いろんなことが見えてきます。自分はデザインに向いてるのか、それともコーディングなのか、あるいはWebディレクターに転向した方が良いのか、エンジニアもありなのか、UXはこれからの時代に重要だし習得すべきかなどなど、可能性や課題がだんだんと明確になってきます。

また、今の会社が本当に自分にとってベストなのかも考えるようになります。もちろん、その会社でまだまだ自分の伸びしろがあるなら働きつづければいいし、もっと別の可能性があるなら、より条件の良い会社に転職したり、フリーランスとして一旗あげるのも手です。
Web制作会社で磨いてきたスキルを活かし、事業会社に転職し、Web担当者やインハウス(社内)のデザイナーとして商品やサービスの成長に関わるのも面白いです。最近は「グロースハッカー」という、サービスの成長を促進できる人材も必要とされてきています。

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社しスキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントしてぜひ登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ

“業界未経験からWebデザイナーになるためのベストなステップ” への9件のフィードバック

  1. ゆか より:

    はじめまして。ゆかです。コミュニケーション能力に自信がない人程、Webデザイナーが向いているということで転職する勇気がでました。
    今30代前半でデザインの実務経験がないのですが、美大でグラフィックデザインを勉強しました。
    これからの時代はグラフィックデザイナーもウェブデザインが出来ないとと思い、これからスクールに通いウェブデザインを勉強してグラフィックかウェブデザイナーになりたいと思っています。

    ただ、デザイン業界はブラックなので、一度鬱になったことがある私は業界を目指すのが不安です。
    ブラックではないデザインの仕事につきたいのですがどうしたらいいのでしょうか?良い人材紹介会社や情報はございますか?
    お手数をおかけしますがご連絡お待ちしています。

    • ねこポン より:

      ゆかさん、こんにちは!

      グラフィックデザインの世界は詳しくはわかりませんが、Web制作会社に限って言えばやはり残業は多いです。
      電通の件以降、けっこう改善されてきて、中には「残業は無し!」というWeb制作会社も見かけるようになりました。ただ、依然として遅くまで働かないといけない現状は多くの現場であると思います。
      うつを経験されたということで、企業選びには注意したいところですね。

      もう読んでくださったかもしれませんが、ブラックを避ける良い方法は、1つめは、紹介予定派遣から正社員になる方法です。
      数ヶ月派遣として働いて、お互いの相性が良ければ正社員化する仕組みですが、これなら会社の雰囲気や残業の程度を確認してから、正社員になることができます。

      就職エージェントについてはこちらにまとめています。
      ★新人Webデザイナーが登録しておくべき転職エージェント
      https://webdesigner-go.com/job/agent/
      クリーク・アンド・リバーやWEBtantは、紹介予定派遣の案件もあるので、ぜひのぞいてみてください。

      このサイトでは、Webの基礎を学校や独学で身につけたら、すぐにでもWeb制作会社に入ることをオススメしています。制作会社ほど成長できる環境は無いからです。制作会社はクライアントに合わせて動くため納期がコントロールしづらく残業が多い企業もありけっこうハードだったりします。ただここで1〜2年ほど働くことで、スキルがグッとアップし、そのあと時間を自由に持てるフリーランスになったり、ゆるい職場のインハウスのWebデザイナーになって活躍しやすかったりします。なので、最初は少し大変かもしれませんが、楽しい修行として、制作会社を就職先としてオススメします。
      Web制作会社の選び方はこちらを参考にしてください。
      ★未経験の方にとって理想のWeb制作会社とは?
      https://webdesigner-go.com/job/ideal-webdesign-company/

      2つめのブラックかどうか推定する方法は、従業員数です。人数が10人にも満たない会社はブラックかどうかは判定できませんが基本的にかなり多忙だと思います。最低でも20人以上のところを探したほうがいいかもしれません。

      他にもブラックを避ける方法は、求人情報で残業時間数を見たり、夜遅くにその会社を外から見てまだ明かりがついているかチェックするとか笑、いろいろありますが、結局は入ってみないとわかりません。紹介予定派遣を勧めていますが、仮にいきなり正社員で入社して「あ、、ブラックだ」と思ったらすぐに辞めたらいいと思います。キャリアに傷がつくとか気にしなくていいです。僕なら自分が本当にフィットする会社に出会うまで、入社→辞めるを繰り返します。

      僕は電話も取れないメンタル弱い人間ですが、Webデザインのおかげで楽しく生きてる人間です。ゆかさんも自分らしく楽しい生き方を創れたらいいですね!

  2. ちりめん より:

    はじめまして。
    未経験からのwebデザイナー転職に関して参考にさせていただいて
    おります、ちりめんと申します。
    現在35歳でずっとグラフィックデザイナーをやっておりましたが
    体を壊したり、仕事的に合わないと思い始め、現在は退職し
    民間のスクールでwebデザインを半年勉強しています。
    コーディングなど楽しいと思えることもあり来月より転職活動を
    しようと思っています。
    こちらでは制作会社をおすすめしていますが
    私の地域は関東ですが東京まで遠く、派遣やパートの求人ばかりです。
    (webデザインの求人も少ないです)
    あまり技術が上がらないとのことですが、体力に自信もないので未経験の
    ステップとしてパートや派遣をしながら良い求人が出るまで
    1~2年務めるというのはどうなのでしょうか。
    ご意見いただければ助かります。
    よろしくお願いいたします。

    • ねこポン より:

      ちりめんさん

      はじめまして。コメントをありがとうございます。

      このサイトでは制作会社で正社員をオススメしていますが、おっしゃるように地域やご自身の状況によっては派遣やアルバイトを選ばざるをえないことはあると思います。その場合は派遣→正社員などの流れで良いかと思います。できるだけコーディングやデザインをやらせてくれる派遣やアルバイトの仕事が見つけられるといいですね。

      ちりめんさんの場合はグラフィックデザイナーをされていた経験もあるので、スクール卒業後は派遣やアルバイトで1年ほど働いてWebデザインの基礎スキルを習得したら、リモートでWebサイトのデザインを制作するという仕事の仕方も可能か思います。僕はフリーランスとはいっても会社常駐と友人からの案件紹介で生きてる人間なので、リモートの仕事の取り方については明るくないのですが、Webデザインの案件を紹介してくれる企業やエージェントがあると思うので、そこから継続的にお仕事をもらいながら、ご自宅で作業することも可能だと思います。デザインに強いというのはかなり有利です。

      ぜひ楽しみながらWebデザインをやっていきましょう^^

      • ちりめん より:

        ねこポン様
        お忙しい中丁寧な返信をありがとうございました。
        年齢的にも経験的にも不安はありますが
        今後の自分の人生の岐路なので
        頑張ってよい仕事を探そうと思います。

  3. へいたく より:

    はじめまして。
    ねこポンさんのサイトで、WEBデザイナーに興味を持ち始めた者です。

    全くの未経験で、「WEBデザイナー」(インフォグラフィック制作などの興味があります)を
    目指したい、と考えています。

    スクールに通うとして、
    「コーディング(HTMLなど?)」「WEBデザイン(イラレなど?)」の
    どちらを先に学べば良いのか悩んでおり、質問をさせていただきました。

    まずは「コーディング」への嫌悪感がないかを確かめる意味で、
    「コーディング」を中心に学べるスクールに通おうか、とも考えていますが・・・

    アドバイスいただけますと幸いです。

    • ねこポン より:

      へいたくさん、はじめまして。

      Webデザインの学習方法の自然な流れは、デザイン→コーディングです。
      自分がPhotoshopでデザインしたものを、コーディングで形にするという流れが、実際の業務の流れと共通しているため、理解しやすいです。
      いきなりコーディングでももちろんいいのですが、自分がデザインしたものをカタチにしていく方がエキサイティングだと思います。

      コーディングに嫌悪感があるかを確かめたいなら、僕ならコーディングの本を一冊やって確かめます。

      ★独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド
      https://webdesigner-go.com/study/self-taught/

      こちらの記事で紹介している『スラスラわかるHTML&CSSのきほん』がオススメです。この本をやってみて、コーディング面白い!と感じられば、Webデザインが学べる求職者支援訓練や民間のスクールに通うことをオススメします。
      コーディング中心のスクールに通い、その後にさらにデザインを学ぶスクールに行くのは、自分ならお金がもったいなくて両方は行きません。インフォグラフィックに興味がおありなら、求職者支援訓練の「Webデザイナー科」やデジハリなどでデザインとコーディングを両方同時に学ぶことをオススメします。

      Webデザインの勉強がんばってください^^

  4. るんるん より:

    はじめまして。
    WEBデザイナー志望の社会人2年目23歳です。
    4月末で1年間勤めた会社をやめました。
    現在、有休消化中で転職活動をしていますが、うまく未経験可の求人を見つけれず悪戦苦闘しております。
    もうすぐ有休消化もおわるので不安もでてきました。

    在職中、毎日やりがいがない仕事をし、このままでいいのかと思い、いろいろと調べたところWEBデザイナーという仕事があることを知りました。
    これだ!と思い、すぐに、オンラインのスクールで約2ヶ月の講座を受けはじめ、5月で一応卒業しました。
    この2ヶ月の講座で使用したアプリはPhotoshopとDreamweaverで、バナー制作は問題なくできるようになりましたが、コードに関してはDreamweaverでいじる程度です。(HPはテンプレをいじって作るレベル)
    一応、ポートフォリオなるものも作りました。

    Photoshopだけでもデザインさえ形になっていれば、未経験でも大丈夫なのかと思っていたのですが、こちらでねこポンさんの記事を見つけて、自分にはないスキルがたくさん必要なようで、今後どうしたらいいのかわからなくなってきました。

    一応、ねこポンさんオススメの転職エージェントには登録したので、そちらの様子を伺いつつにはなりますが、
    このままのスキルでは未経験可の求人さえも難しいのでしょうか。
    その場合は、もう一度スクールや職業訓練学校などで学ぶべきでしょうか。

    長文失礼いたしました。
    お忙しいことと思いますが、ぜひアドバイスいただきたいです。。
    宜しくお願いいたします!!

    • ねこポン より:

      はじめまして!るんるんさん。

      同じかどうかわかりませんが、かつての僕と境遇が似ていると思いました。
      僕は新卒で1年勤めて会社を辞めています。会社とか組織が苦手な人間なのです。。その後は中途半端にPHPを勉強してエンジニアになろうとしてアルバイト入社した会社で結局ついていけず辞めました。さらにバンコクでタイマッサージを中途半端に勉強したり、Webマーケティングもやったりと、いろいろかじって、なんだかよくわからないまま20代を過ごしていました笑

      このことはWebデザインの話ではないので少し話はずれているのですが、伝えたいのは、つまり中途半端な状態は良くない方向に行くことが多いということです。

      るんるんさん若いです。なので、育ててくれる会社に出会えれば、現在のスキルの状態でもしっかりデザインやコーディング力を身につけられます。そういう素敵な会社に出会えればの話です。いま求人を見つけられない状況ということなら、もしかしたらそういう会社を見つけるのは難しいのかもしれませんね。。
      就職できないとは思いません。首都圏であれば企業は無数になるので、根気よく探せばどこかしら採用してくれるところはあるはずです。ただブラックだったり、Webデザイン以外のこともやらされたりする、しょうもない会社に行ってしまう可能性はあります。

      いま気持ちの中で、簡単なデザインをできる程度のスキルしかないことに不安があるわけですよね。この気持ちをずーっと引きずったまま転職活動を続けるのは、けっこうしんどいと思うし、ましてや、就職できたとして、就職後も「あーやっぱりもっと勉強しておけばよかった」と後悔する可能性もあります。

      なので、もし僕がるんるんさんと同じ状況なら、6ヶ月の求職者支援訓練(職業訓練でもいいですが3ヶ月はちょっと短いかもです)に通います。さすがにそれだけ勉強すると、もう、あとには引けません笑。道は卒業後、即、就職です。6ヶ月も学校でやったのだから、自分に自信も多少持ててますし、自分がやりたい方面(デザイン?コーディング?デザインのジャンルなど)をある程度わかってきます。
      大事なのは、「自分自身でやれることはとりあえずやりきったぞ!」感です。あとはもう現場でしか成長できないという状況になるのが良いです。
      いまはprogateやドットインストールもあり、コーディングの独学も可能ですが、モチベーション維持の点では求職者支援訓練やスクールをおすすめします。

      企業が採用で判断するポイントは、求職者の性格とポートフォリオしかありません。そのため、ポートフォリオを充実させることが一番重要です。学校の授業の中でサイトデザインを作ったり、自分で架空サイトを作り、作品を貯めていきましょう。
      ポートフォリオ水増し方法はこのサイトでも伝えていますが笑、まだまださらに詳しく伝えたいので、ミニ講座記事みたいなものを現在制作中です。

      まだ23歳です。時間はあります。勉強できる時にがっつり勉強して、選択できる企業の幅を多少は増やした上で、後悔なく現場に出ていくのが良いと僕は思います。
      Webデザイン、楽しみながら頑張っていきましょー!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ