Webの最新トピックを配信中!

コーダーとフロントエンドエンジニアの違い

ここ4〜5年の間に「コーダー」が進化し、「フロントエンドエンジニア」という職種が生まれました。

今後、コーディングのみのスキルを持つコーダーがWeb業界で生き残っていくのは難しいです。時代を振り返りつつ、「コーダー」と「フロントエンドエンジニア」の違いについて解説します。

コーダーとは?

コーダーは、HTML/CSSとわずかなJavaScriptを用いてサイトを作る(コーディングをする)職種です。HTMLコーダーやマークアップエンジニアとも言われます。

必要なスキルは、主に、HTML・CSS・基礎的なJavaScript(あるいはjQuery)の3つです。
Webの黎明期から存在する職種です。

数年前までは、Webサイトの作り方や構造はとてもシンプルだったので、少ないスキルしか持たないコーダーも必要とされました。
しかし、ここ最近では、Webサイト上でアニメーションを多用したり、React.jsやVue.jsなどのJavaScriptフレームワークによるサイト制作が進む中で、コーダーのスキルのみではサイトが制作できなくなってきています。

また、StudioやWixなどのサービスを使うことで、デザインパーツをサイト上で組み合わせるだけでサイトが制作できるようになってきました。他に、自動コーディングの技術もまだまだ未発達ですが、すでに海外には存在します。つまり、シンプルなサイトであれば、コーディングを必要とせずに制作が可能になってしまっているのです。

コーダーは今後は消えていく職種の一つです。

フロントエンドエンジニアとは?

フロントエンドエンジニアは、簡単に言えば、コーダーの進化版の職種です。Webサイトのフロント部分の開発を担当するため、こう呼ばれていますが、海外では「Web developer(ウェブ・デベロッパー)」という表現が一般的です。

Webサイトがどんどん高度になっていく中で、それを実現するためにフロントエンドエンジニアが誕生しました。コーダー同様に、HTML/CSS のスキルは当然持ちますが、ずば抜けて必要がなのが、JavaScriptのスキルです。複雑なアニメーションにはJavaScriptは必須だし、Facebookなどで用いられているReact.jsなどのJavaScript製のフレームワークが近年のサイト開発ではかなりのシェアを誇ります。そのため、JavaScriptのスキルが現場ではものすごく重宝されています。

Webサイトの制作環境(自分のPC内)もどんどん進化しています。作業を自動化するGulp、CSSの記述をラクにすするSass、HTMLの記述をラクにするPug、ES6(最新のJavaScript)をコンパイルしブラウザで実行可能にするBabel、CSSやJavaScriptを一つにまとめてくれるWebpackなど様々なツールが存在します。現在のWeb制作ではこれらのツールを使いこなす必要があります。
他に、HTMLとCSSの記法では、BEM(Block-Element-Modifier)モデルも普及しており、フロントエンド領域はつねに進化し続けているため、いつも最新のトレンドやツールの知識を吸収し続けなければなりません。

JavaScriptのスキルが必要なので、フロントエンドエンジニアはプログラミングの能力が必須、ということです。なので、そうそう簡単にはフロントエンドエンジニアにはなれません。そのため、コーダーに比べると給料はかなり高くなります。500〜800万円レベルでしょうか。
フロントエンドエンジニアの中には、RubyやPHPも扱い、さらにサーバーやデータベースのスキルをモノにする優秀な人々もいます。こういった人たちを「フルスタックエンジニア」と呼びます。こうなるともはや無双状態です。年収は800万は超えて、1000万円レベルになってきます。

 

コーディングを勉強しはじめて、「あ、コーディング好きかも!」と思えたら、目指すべきはフロントエンドエンジニアです。コーダーレベルにとどまらずに、JavaScriptを勉強し、どんどんツールを使って、ステップアップしていきましょう。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ