Webの最新トピックを配信中!

現在のWebデザインのトレンド総まとめ

現在のWebデザインのトレンドを解説します。「レスポンシブデザイン」「フラットデザイン」「ヒーロー」「パララックス」「ハンバーガーメニュー」「ロングシャドウ」「デュオトーン」「マテリアルデザイン」の8つです。

レスポンシブデザイン

レスポンシブデザインは、PCとスマホの表示を一つのソースコードで実現するコーディングのテクニックです。
具体的には、下記のCSS3のMedia Queries(メディアクエリー)という仕組みを使い、画面の横幅に応じて、CSSの各スタイルの出し分けを行います。

@media screen and (max-width: 1000px) {
 //横幅1000px以下の場合
 .contents {
    width:100%;
  }
}
@media screen and (max-width: 768px) {
 //横幅768px以下の場合
}
@media screen and (max-width: 480px) {
 //横幅480px以下の場合
}

一番上のcontents { width:100% }の指定は、横幅が1000px以下の場合に適応されるという具合です。メディアクエリーのこの指定方法だと、上から継承されるため、横幅768px以下の場合でも、contents { width:100% }が指定されている点に注意です。一番下の「横幅480px以下の場合」でも同様です。

レスポンシブのメリットは、HTMLが一つのため、サイトの更新がラクになることです。またURLが、PCとスマホで同一になるため、一つのURLに集約されてSEOの効果も高まりますGoogleも推奨している方法です。

デメリットとしては、HTMLが一つのため、PCとスマホで全く違うデザインを実現することが難しい点です。サイトの構造上、PCとスマホで全く異なるデザインのほうがユーザーにとって使いやすいならば、レスポンシブデザインを諦めて、PCとスマホでそれぞれ別のHTMLを持ち、別々のURL(/spなど)にするのは仕方ないかもしれません。

フラットデザイン

フラットデザインは、すでに定着して数年が経ちます。学術的に詳しくは語れませんが、要はコテコテの装飾は省いたシンプルで平面的なデザインのことです。これが現在では主流となっています。


LOYAL COFFEE

かつて、ボタンのデザインといえば、現実世界のボタンに似せた立体的で装飾が施されたデザインでしたが、このサイトのように、もはやただ四角で囲んでいるだけのボタンも多く見られるのが現在です。サイト全体の配色も、色を多く用いるグラデーションは使わず、単色でまとめています。

ヒーロー

「ヒーロー(ヒーロー画像)」とはトップページのファーストビューで大きく見せる画像のことです。


OKAMOTOYA
商品やサービス自体、または企業の持つイメージを全面に打ち出す効果があります。ユーザーのモニターの解像度が向上してきたことで生まれたテクニックと言えます。

パララックス

パララックスは、スクロールによって、サイト内のレイヤーに別々の動きをさせて、平面でありながら遠近感を表現する手法です。

実際に動きを見た実際に動きを見たほうがわかりやすいので、上のサイトで動きを確認してみてください。

パララックスは、定義が広く、スクロールに合わせて何らかのパーツを動かすスクロールエフェクトについても、「パララックス」と呼ぶ人もいます。

ハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニューは、よくスマホのサイトの右上に配置される三本線のメニューボタンのことです。ハンバーガーに似ているからそう名付けられたそうです。


OKAMOTOYA(スマホの幅で表示)

ロングシャドウ

ロングシャドウはフラットデザインの直後に出てきた手法です。その名の通り、主にアイコンに対して長めの影を付けるデザインです。


Adwordsキーワードプランナー

海外ではよく見かけますが、日本では使用している例は比較的少ないと思います。フラットデザインが単調すぎるために、「影でも付けるか!でも影もやっぱフラットだよね」というふんわりとした理由で生まれた手法だと言われています。

デュオトーン

デュオトーンもやはりフラットデザインの反動から生まれたと想定されます。


TRIPLE9

「やっぱグラデーション使いたい!でもフラットデザインも維持したい!」という要求の中で、デュオの意味である2色のトーン(ミドルトーンとハイライトトーン)のみを使ったグラデーションを主に大きめの画像にほどこし、どこか平面っぽさを残しています。普通の写真も妙にドラマチックになるのが面白いです。

マテリアルデザイン

マテリアルデザインは、Googleが唱えているデザインの手法です。2017年はこれで盛り上がりました。


こちらのサイトで詳しく紹介されています。定義の解釈が難しいのですが、ヘッダーやボタンなどサイト上の各パーツに対して現実世界のルールを適応することで、より直感的な操作を実現します。

例えば、上の例では、現実世界のようにヘッダーとボタンには奥行きが表現され、さらに影も付けられています。
他にも、自分の行った操作の結果をわかりやすいアニメーションを用いて、目に見える形で表現されるようにします。
そうすることで、誰しもが直感的に操作できる使いやすいデザインを実現できるという考え方です。
基本的には公式ガイドラインに沿って行われるデザインをマテリアルデザインと言うようです。

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートWebistです。 ※現在はコロナの影響でこの2つのエージェントですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートとWebistはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ 『Webist』公式サイトへ
コラム③:WordPressでポートフォリオサイトを作ろう!
ポートフォリオ用WordPressテーマ PORTFOLIOベーシック
テーマ制作者の顔

ねこポン
(テーマ制作者)

「手軽に自分らしいポートフォリオサイトが作れたらなぁ」という想いでこのWordPressのテーマを作りました。今だけモニター価格で980円!で提供しています。

ぜひ、このテーマをテンプレートとして自分らしいポートフォリオを作ってみてください♪WordPressの学習にも最適です。

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • ポートフォリオ用WordPressテーマ作りました!PORTFOLIOベーシック
    スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    デイトラ
    有料
    (¥89,800〜)
    オンライン
    (90日間/質問期間は1年)
    Webデザイン なし
    プロによる総評

    『デイトラ』はかなりコスパの高いオンライン完結型のWeb制作スクールです。格安ながらもデザインとコーディングのレビュー(添削)が受けられます。人気急上昇中でTwitterで受講生のツイートを見ない日はありません。「課題 + 課題のレビューあり + 質問し放題」というサービスを提供しています。

    デザイン力とコーディングスキルはレビューをしてもらってこそ急速に成長するため、かなりオススメのスクールです。というか今のところ低価格で他にデイトラのようなスクールが存在しないんですよね...。通学式のスクールに40、50万円も払う余裕はないけど、デザインやコーディングのレビューはしてほしい!という方はデイトラを受講しましょう。

    Twitter内にはデイトラの受講生がかなり多くいるので、一緒に学習を頑張る仲間も見つけられます。

    デザインを重点的に学びたい方は「Webデザインコース」、コーディングスキルを高めたい方は「Web制作コース」を受講しましょう。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    Famm
    有料
    (¥162,800)
    オンライン
    (1ヶ月)
    Webデザイン なし(案件獲得サポートあり)
    プロによる総評

    ママさん専用Webデザインスクールです。現在はコロナでライブ配信授業が中心です。なんと授業中は自宅にシッターを手配してくれるのでしっかり集中できます。受講期間は1ヶ月で5日間という超短期間なので、忙しいママさんでも時間を確保しやすいです。生徒はママさんだけなので、ママさん同士の交流も楽しめます。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ