Webの最新トピックを配信中!

プログラマーの適性をプログラマーになれなかった僕が語る


僕はプログラミング(Java)の職業訓練を受講したことがありますが、生徒約20人のうち何人がプログラマーになれたと思いますか?

たったの2人です!

夢を壊すようですが、残念ながらほとんどの人はプログラマーやシステムエンジニアにはなれないのです。。

プログラミングの文法を覚えても、アルゴリズムが浮かばない・・・

まずサクッと僕の黒歴史を話させてください。
僕はいま30代前半ですが、20代の頃はがっつりプログラミングを勉強していました。そして挫折しました。

「プログラマーになれたら高収入でウハウハ!しかも自分が作りたいものが作れたら超楽しそう!」

そんな動機でまずは、一般のスクールに4ヶ月ほど通ってPHPを勉強しました。授業ではifやfor文などの文法を一通り学んだ後に、ECサイトを作っていくのですが、これがなかなか楽しいです。あとで語りますが勉強と現場のレベルは桁違いです。勉強の段階はすごく楽しいのです。わからない箇所は先生が優しく教えてくれるし、新しいことを覚えてどんどん機能を実装していけるので、

「僕、プログラミングできちゃうかも!キャハっ!」

と錯覚に陥ります。4ヶ月の学校生活を終えた時、僕はすっかりプロのプログラマー気分でした。

よーし!じゃあ就職するぞー!とFindJobで見つけたソーシャルゲームの会社にアルバイト入社しました。現在もその会社はあります。けっこう有名な中堅どころの企業ですね。
そして、壮絶に挫折しましたね。「じゃあ新しいガチャの仕組みをちょっと考えてみて」と言われて、「(え・・・?ん?まったくわからん・・・汗汗汗)」となりました。背筋がゾッとしましたよね。そう、問題はこれなのです。

プログラミングの文法を覚えても、アルゴリズムが浮かばない・・・

これは100回くらい言いたいです。これがプログラミングの難しさであり、駆け出しエンジニアが挫折して、いつの間にかいなくなる原因です。

結局、アルゴリズムが考えられないので、僕は新しい機能の追加や既存プログラムの改修もできないし、できたとしても異常に時間が掛かってしまいました。僕は使い物になりませんでした・・・。5ヶ月後にその会社は辞めました。

でも、どうしてもプログラマーになるのが諦めきれませんでした。諦めなければいつかプログラマーになれると勘違いしていたからです。

その後は、最初に書いたとおりJavaの職業訓練にも通いました。授業はやっぱり楽しいです!でも、僕を含めてほとんどの生徒がプログラマーになれず挫折しました。

iPhoneアプリを作るためにObjective-Cも勉強しました。iOSアプリは現在はSwiftというプログラミング言語で作りますが、当時はObjective-Cでした。この時、オブジェクト指向がまったく理解できませんでしたね。どれだけ時間を掛けてもクラスとインスタンスという概念がわからないのです。何か根本的に自分はプログラマーに向いていないとようやく気づいていきました。「難しい」というよりも「頭に入ってこない」という感覚ですね。

たしかに、最低限のものは作れるようになるんですよね。簡単な卓球のスコアボードアプリは作ったし、Cocos2Dというゲームエンジンを使って、猫のフンで敵を倒すシューティングゲーム「タマクルーズ」とか作りました。けっこう頑張ったほうだと思います。
でも、そういう勉強で作るものって全部趣味レベルなんですよね。現場のレベルとは桁違いなのでした。現場は難易度が高すぎます。
20代後半になって、Webデザインの求職者支援訓練に出会って、ようやくプログラマーを諦めることができました。

プログラマーやエンジニアになるには、確実に適性や才能というものが必要なのです。

プログラマーの適性(向き不向き)

僕はプログラマーになれなかったからこそ、プログラマーにはこういう適性が必要なんだろうなぁということがわかります。

活躍しているプログラマーの方は「正しい努力をすれば必ずプログラマーになれますよ!」と言いますが、僕に言わせれば完全に嘘です。実際にプログラマーになれた人は、プログラミングができない人の感覚や才能の無さを理解できていません。

僕自身に照らし合わせて、プログラミングが向いていない人の特長を2つリストアップします。自分にプログラマーの適性があるか考えてみてください。

1.数学ができない人はたぶんアルゴリズムが考えられない

プログラマーになれるかは「数学ができたか」は一つの基準になるように思えます。
数学が得意か?ではなく、数学が普通にできたか、です。

僕の場合、小学生の頃からすでに算数への苦手意識が強く、高校では試験で0点を取ったこともあるほど数学ができませんでした笑。のび太かっ!
数学は立体的な思考が必要というか、方程式を複雑な構造をきちんと把握する緻密な思考能力が必要です。それが、プログラミングの文法とアルゴリズムを用いて何か仕組みを作るときの思考の筋道と共通しているように思います。僕はこの能力が絶望的に無いです。

プログラマーに圧倒的に理系が多いのはこのせいです。もちろん文系の人でも数学が普通にできた方ならプログラマーになれる人もいます。ただ、僕のようにまったく数学ができなかった人間は、おそらくアルゴリズムが考えられないので、プログラマーにはなれないと思います。

2.会話に途中でついていけなくなる人は複雑な思考が無理

数学の話とも関係していますが、もうひとつシンプルな例だと、グループでの会話です。ふだんの会話の中でもプログラマーの適性を判断できます。

グループで話してて、なんとなく話が複雑になると、自分だけその話についていけないことが僕にはよくあります。話が入り組んでくると、途端に理解ができなくなってしまうのです。こういう僕みたいな人もプログラマーには向いていないように思います。
話の構造に奥行きが出てしまうと、その直前に話していた内容との関係性を繋ぎ止められなくなっちゃうんですよね笑。思考が散ってしまい話が理解できなくなります。立体的に考えられないのです。いつも平面的でシンプルな思考しかできません。こんな人は複雑なアルゴリズムなんて考えられるわけがないです。

無料のプログラミングスクールに行って早めに挫折しよう笑

いかがでしたか?自信を失った人もいるし、逆に自信がついた人もいるかと思います。
いろいろ語りましたが、結局は自分で手を動かしてプログラミングを体験してみないと自分に適性があるかどうかはわかりません。

今の時代は最高なことに無料のプログラミングスクールがあります。僕が20代の頃にはありませんでした・・・。
『GEEK JOB』『ProEnginner(プロエンジニア)』です。両校とも20代が対象です。20代の方はこのチャンスを逃さず、自分にプログラマーの適性があるか確認するために、ぜひ挑戦してみましょう。
転職支援も手厚いので、そのままプログラマーになれてしまいます。向いていればの話ですが。
プログラミングにサクッとお金を掛けずに挑戦して、自分にプログラマーの適性があるかを早く知る。これが大事です。ダラダラと勉強に時間を掛けすぎるのは無駄です。

僕の知り合いのプログラマーは年収1000万円を軽く超えます。プログラマーになれたら本当にラッキーです!自分の可能性を信じて、挑戦してみましょう。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社しスキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントしてぜひ登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ