Webの最新トピックを配信中!

石原さとみ✕東京メトロの広告がヤバイくらい好き

しばらく前から、石原さとみを起用した東京メトロの広告を追い続けています。メトロの構内や通路でよく見かけるやつです。

なぜずっと追っているかというと、絶対この広告の制作スタッフが石原さとみという素材を大胆にもてあそんでいるからです。実際の広告とその変遷を見てもらえれば納得してもらえるはずです。

僕が「石原さとみ✕東京メトロ」広告の追っかけになったきっかけを作ったのは、この広告でした。

「木場は、木場で、水場で、穴場!」と、石原さとみがダジャレを言ってスベってる様子を平気で地下鉄という公衆の面前に貼り出し露出している事にちょっと驚きました。このパターンぜったい続くぞ…と、会社への電車通勤が楽しくなった記憶があります。

続いてこちら。もう完全に制作スタッフの趣味ですよね。セーラー服風のコスプレをさせて、肩まで露出させて、完全なカメラ目線という悪行。けしからん!けど嬉しい。東京メトロさんありがとう。かわいい。
メトロの通路にあるデジタルサイネージで動画も配信されているのですが、石原さとみにこの姿で街を歩かせていることにも制作スタッフのエゲツない下心を感じました。素晴らしいです。

とうとうやってしまったのが、この回です。

最初に見た時は本当にビビりました。だって、黒いフリルの付いた下着をカクテルに浸してこちらを誘惑しているように見えたからです。バーで下着をカクテルに浸すって…もう犯罪スレスレです。よく見たら財布?みたいなんですけど、これは誤解するでしょうみんな。絶対、制作スタッフは確信犯だと思います。
この回はヤバかった。この前を通るたびに緊張してましたもん。

いろいろと素材としての石原さとみをもてあそび尽くして、最終的に到達した感があるのが、直近のこの回。

もうドールにしちゃうという発想。しかも、まるでダッチワイフのような銅像の横に配置するという…。ちょっとこれ以上妄想すると失礼になるので、このへんでやめておきます。

これからも本当に楽しみにしています。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ