Webの最新トピックを配信中!

【面接対策】「何か質問はありますか?」に対する質問10個

面接の最後の「何か質問はありますか?」という逆質問においては、熱意をアピールすることと、会社が本当に自分に合うかを確認することの2つが大事だと思います。定時に帰れますか?有給は消化できますか?と本当は聞きたいのですが、熱意の無さが伝わるので我慢です。

でも、実際に採用されたら具体的にどんな仕事をすることになるのかや、どんなデザインができるのかなど、気になることは聞いておいた方がいいです。ブラックな会社もありますからね。ここで紹介する質問を、ぜひいくつか使ってみてください。

質問1. もし採用していただいた場合は、具体的にどのような仕事をすることになりますか?

具体的な仕事内容を知りたいですよね。「Webデザイナー募集!」ってバッーンと求人に載ってたのに、実際はテキストの修正やリンクの張り替えのような更新作業だけという可能性もありえますから…。

質問2. モニターやOSなど制作環境について聞かせていただけますか?

制作環境が充実しているかどうかで、スタッフを大事にしているかがわかると思います。AdobeCCは導入されているか、デュアルディスプレイなのか、モリサワパスポート(フォント)は入っているか、OSはMacなのかWindowsなのか、その辺りははっきり聞いておきましょう。

質問3. 社内で勉強会などはされていますか?

Web制作会社の場合、社内勉強会を開いていることが多いです。勉強会のような取り組みがあるかどうかで、最新の技術のキャッチアップやスタッフのレベルの底上げをしようとしているかの姿勢が見られます。さりげなく聞いてみましょう。

質問4. 制作のジャンルはどんな分野が多いですか?

求人情報を見たり就職エージェントの話から、どんなジャンルの制作が多いかを把握できればいいですが、情報がない場合はぜひ聞いておきたい質問です。女性向けのかわいいデザインがしたいのに、銀行や金融など堅いデザインばかりしている会社だったら、まずいですよね。

質問5. 制作実績を見せていただくことはできますか?

企業のWebサイトに制作実績が載ってなかったら、ぜひ聞いておきたい質問です。自分がどんなサイトのデザインやコーディングをすることになるか気になりますからね。

質問6. この会社で一番嬉しかったことと大変だったことを教えていただけますか?

大変なことや辛いことを知りたいですよね。でもそれだけ聞くとネガティブな印象を与えかねないので、嬉しかったことも合わせて面接官に聞いてみます。嬉しいことがわかれば、それがきっと仕事のやりがいなんだと思います。

質問7. 御社で活躍されている方はどういう方が多いですか?

これを聞くと、自分がこの会社で活躍できそうかをチェックできます。「お客さんとしっかりコミュニケーションが取れて気持ちが汲み取れる人ですね」とか言ってきたら、Webデザイナーにもそれを求める可能性があるということです。僕はあまりお客さんとは関わりたくないので、こんな回答だとちょっと引きます。

質問8. 会社としては今後どういう方向を目指されていますか?

人にもよりますが、会社には数年間は在籍することになるわけです。その会社が今後どうなっていくつもりなのかを知って、自分の成長とその方向性が合うかは確認しておきたいところです。Web制作会社の場合でも、「今後は自社サービスを持っていきたいんですよね~」と言う社長もいるし、「社内のWebデザイナーは減らして外注したい」と驚くことを言う人もいます。

質問9. 御社の今の課題を上げるとすれば、どんなことでしょうか?

会社の弱みを「課題」とかっこよく置き換えた質問です。例えば、「まだベンチャーだから人事制度が完全には整ってないんだよね~」とか言ってきたら要注意です。

質問10. 昼ごはんはどうされていますか?

ほのぼのとした質問であると同時に昼メシ外食派にとっては重要な質問です。昼ごはんは毎日の楽しみです。安い定食屋はあるのか、おいしいビュッフェレストランはあるのかなど聞いてみましょう。この質問をすると、「もしかして実際に弊社で働くことをリアルに考えてくれているのね!」と喜ばれる…はずです。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ