Webの最新トピックを配信中!

最強ポートフォリオの簡単な作り方


学校や独学でWebデザインの基礎スキルを習得したら、ポートフォリオを制作します。制作実績を水増しする秘策も紹介します。

ポートフォリオとは、自分の作品集です。学校や独学の過程で制作したサイトデザインやコーディングの実績を掲載します。就職エージェントに共有したり、面接を受ける企業に渡すことになります。6ヶ月間の求職者支援訓練に通っている場合は、だいたい5ヶ月目にポートフォリオ制作の授業が始まります。

「そうは言っても学校で作るサイトなんて1つか2つだよ!ぜんぜん実績なんてないよ!」と、心配しなくても大丈夫です。
実績を水増しする方法を後で紹介します。

ポートフォリオ作りなんて簡単です。サクッと作っちゃいましょう。僕は3日ほどで完成させました。

実際のポートフォリオはこんな感じ

まず、紙版とWebサイト版のどちらのポートフォリオを作ればいいか迷うと思います。

基本的には紙版は用意しましょう。紙のポートフォリオが企業にとって一般的です。
コーディングに比重を置いたWebデザイナーになりたい場合や、最終的にフロントエンドエンジニアを目指している方は、ポートフォリオサイトのみでも大丈夫です。

両方のポートフォリオがあれば理想ですが、Webデザインの勉強で忙しく時間が限られていると思うので、最低限、紙のポートフォリオだけは制作してください。
ポートフォリオサイトのテンプレートは、本サイトで無料で配布しているので良かったら使ってみてください。
ポートフォリオHTMLテンプレート


こちらが僕の紙版のポートフォリオです。


1ページずつイラレで制作します。各ページを印刷し、一枚ずつクリアファイルに収納して、冊子にしています。
紙のポートフォリオは、この冊子版とPDF版の2つを用意します。PDF版はGoogleドライブにアップロードし、共有URLを発行して就職エージェントや企業がネット上で見れるようにしておきます。

ポートフォリオの構成

まず、各ページをイラレで制作します。僕のポートフォリオは表紙と裏表紙を合わせて14ページです。イラレでアートボードをページ数分の14個用意し、1ページずつ作り込んでいきます。

ポートフォリオの構成は、下記のようになっています。

表紙
2P:写真(すごく笑顔)付き自己紹介/保有スキル
3P:企業におけるデザイン制作実績
4P:同上
5P:同上
6P:同上
7P:企業におけるコーディング制作実績
8P:同上
9P:フリーランスの制作実績
10P:同上
11P:架空のサイトデザイン
12P:趣味のサイトや電子書籍制作
13P:趣味のイラスト
14P:裏表紙

僕の場合はWeb業界が3年以上なので、企業における実績も含んでいます。また電子書籍やイラストも趣味レベルですが掲載しています。
2Pの自己紹介&保有スキルでは、過去の職歴と保有資格、得意分野を短く記載し、職務経歴書の役割も兼ねています。

実績を水増ししちゃおう

「自分は未経験だから企業での実績がない!掲載することが無い!」と心配しなくても大丈夫、と上で言ったのは、構成の赤字の『架空のサイトのデザイン』があるからです。

そうです!ファーストビュー(サイトを開いた時に見える箇所)のみのデザインを量産してしまいましょう。

僕の場合、存在しない架空のサイトのデザインをこのように4つほど作り、コメントを加えた上で、ポートフォリオに掲載しています。

右上のサイトは美容院ですが、お客さんは目隠しをしてヘアカットされるという設定です。……楽しいですよ、こうやって妄想をWebサイトにするというのは。ファーストビューのみ作ればいいので、早ければ1サイト3時間もあれば完成します。慣れれば1時間くらいでシンプルなサイトはできちゃいます。

ファーストビューはサイトの印象を決める最も重要なデザイン箇所です。はっきり言って、この箇所だけを見れば、デザインの良し悪しがわかります。企業側もこの部分をうまく作り込める能力が求職者にあるか判定できれば満足するのです。

ぜひ、ファーストビューのデザインを量産してみましょう!8サイトほど作れれば、もう立派なWebデザイナーです!本当に。

また、他の水増し(という言い方は良くないですね)方法としては、

  • 自分のサイトやブログのアクセス解析報告
  • 自分が好きなサイトのデザイン分析
  • サイトやバナーの模写と分析

これらが一般的な水増し方法です。Webデザインに対する分析や情熱が見える内容であれば、ぜひポートフォリオに追加してみるといいと思います。素敵なコンテンツになりえます。

紙のポートフォリオの作り方

イラレで各ページを作り込んでいくのですが、背景色が白なら単純にA4サイズのアートボードで制作し、それを印刷すればOKです。

ただ、僕のポートフォリオのように全体に背景色を敷いている場合は、A4より大きめのB4サイズでアートボードを作り、トンボを設定し、印刷後に余分な上下左右をカッターで切り取る必要があります。


上下左右にトンボ(十字などの線)を含めて印刷します。これに沿ってカッターでカットしてA4サイズにします。


印刷すると、どうしても上下左右に白い枠がついてしまうので、背景色がある場合はこうやって裁ち落としをする必要があるのです。ちなみに僕はキンコーズで印刷&カットの作業をしました。

この作業は面倒なので普通に背景色は白で作ることをオススメします……。その場合は、サイトデザインに薄い灰色の枠をつける等して、背景色とサイトデザインの境界がはっきりわかるようにしておきましょう。


ふぅ~全部カットし終えました。


クリアファイルに入れて完成です!
ファイルは『hiktas 10P』を使用しています。ページが増えたらファイル部分を補充できるので気に入ってます。

自信を持って、転職エージェントや面接先に持参しましょう。
面接では1ページずつ解説します。14ページくらいのポートフォリオなら、だいたい5分くらいで説明できればOKです。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ