Webの最新トピックを配信中!

SESへの転職はやめたほうがいいです

最近、SESを利用してWebデザイナーになろうとして失敗する悲惨な例が多発しています。

SESとは、System Engineering Serviceの略です。簡単に言えば、エンジニアの派遣サービスを行う業務形態や企業のことを指します。
仕組みは、まずはSESに正社員として就職するのですが、すぐに別の常駐先の会社を紹介されてそこで働くことになります。SESは常駐先から紹介料をもらいます。

一般的にSESはエンジニア向けのサービスなのですが、最近はこれがWebデザイナーにも波及してきました。
SESに入ること自体は難しくないため、未経験の方がSESに正社員入社して「わーい!Webデザイナーに就職できた!」と勘違いしてしまう悲しい事態が発生しています。
実態は、Webデザインの仕事は一切しないような常駐先に送り込まれてしまい、エクセルを使った事務作業のみや、まったく別の業種の仕事をさせられています。
当たり前ですが、それではWebデザイナーとしてはまったく成長できません。

もちろんすべてのSESがそうではありません。
僕の友人もSESを利用して、僕が以前所属していたWeb制作会社にやってきました。そういうケースもあります。たた、SESが中間マージンとしてピンハネするため、彼の給料は一般の社員よりも低かったです。
つまり、SESを利用するメリットはほぼ無いのです。

転職サイトの求人の中にも、SESはまぎれていることがあります。間違って入社しないように気をつけてください。
このサイトでは、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入ることを強くオススメしています。あるいは紹介予定派遣から正社員への切り替えです。転職エージェントや転職サイトを活用して、選択肢を可能な限り増やして、ブラックな企業に入らないようにしましょう!

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。※現在はコロナの影響でワークポートですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“SESへの転職はやめたほうがいいです” への4件のフィードバック

  1. サイタマン より:

    初めまして。私は仕事が辛くこのサイトを知り退職して職業訓練に通いました。
    ‥が卒業後仕事が全く決まりません‥
    webデザイナー、webディレクター、Webサイト運営等求人はありますがどれも必須条件は経験者です。
    頼みの綱のワークポートは「webデザイナーは職務経験必須」と門前払いされました。このサイトを見せてこういう人がいると言っても「今はSESでさえ経験なしは取りません」と言われました。
    今の仕事がキツい、どうして良いかわからない人がいっぱいいると思います。
    日々頭を悩ませてどうして良いかと調べてねこぽんさんのサイトに辿り着く人も多いと思います。
    だから言いますが簡単に未経験でなれると載せ続けないでください。
    ワークポートも現状未経験で今採用しているのかを今一度取材してください。
    鵜呑みにして悲しい事になる人がこれ以上増えない様にお願いします。

    • ねこポン より:

      はじめまして。大変貴重なご意見をありがとうございます。

      トップページや記事などで「Webデザイナーは簡単になれる」ような書き方をしてしまい申し訳ございませんでした。私自身がWebデザイナーという職種に救われたこともあり、多くの方にWebデザイナーというキャリアを選択肢に入れてほしくて、誰しもがWebデザイナーになれるような書き方をしてしまっていました。対象の箇所については見直して文章を修正します。

      また、ワークポートの求人紹介の状況については情報のアップデートができておらず申し訳ございません。コロナで状況は一変しているにも関わらず、コロナ以前に取材した内容のままでした。ワークポートに現在の状況について確認中です。確認が取れ次第、現状に則した内容に修正します。

      >webデザイナー、webディレクター、Webサイト運営等求人はありますがどれも必須条件は経験者です。
      首都圏か地方のどちらで転職活動をしているかによってまったく状況は変わってきますが、これについては首都圏や大きな都市ならば必ずしも事実ではないはずです。FindJobやGreenなどの転職サイト、また企業のサイトから直接応募するなどあらゆる方法で応募すれば未経験でも採用される可能性はあります。このサイトでは元々は勧めていませんが、派遣やアルバイトも、コロナ禍においては検討していった方が良いです。

      ご指摘ありがとうございました。Webデザイナーを勧めて申し訳ありませんでした。
      でも、もしサイタマンさんが本気でWebデザイナーになりたいのなら、道は切り開けると信じています。Webデザイナーを目指す上で何かご質問や疑問などあれば、またコメントをいただければ嬉しいです。

  2. なまけもの より:

    私もサイタマンさんの意見に完全同意です。
    コロナで状況が変わってしまったのかもしれませんが、未経験ではほどんどの企業が門前払いです。
    それに
    対象の箇所については見直して文章を修正します。
    とありますが、あまり変更したとは思えません。確かに首都圏やセンスのある方は未経験でも就職できるのかもしれませんが、それならそうとはっきり書くのがやさしさではないでしょうか。
    ただ、ねこポンさんもブログを運営するうえで、より多くの人に閲覧してもらうことが大切になってくるでしょうから利益的な面からいってもしょうがないのかもしれません。しかし、希望を持たせすぎるのも考え物です。
    コメントが承認制ということで、公開されることはないかもしれませんがこのような意見があることを知ってもらえればと思い書きました。

    結局デザイナーというお仕事は実力主義ということかもしれないですね。ここで不満を書いている暇があったら活動したほうが効率がいいですよね、色々と失礼しました。

    • ねこポン より:

      なまけものさん、はじめまして。

      貴重なご意見をありがとうございます。よほどの誹謗中傷でも無ければ、また僕が面倒だと思わなければ、すべてのコメントには返信いたします。なまけものさんのご意見はこのサイトに対する適切な指摘だと思っています。

      ご指摘の点については、申し訳なく心苦しい思いと、一方で反論したい思いがあり、複雑な心境です。

      >確かに首都圏やセンスのある方は未経験でも就職できるのかもしれませんが、それならそうとはっきり書くのがやさしさではないでしょうか。

      たしかにコロナの影響で首都圏や大都市でなければWebデザイナーとして就職するのは難しい状況になっているのは確かです。
      ただ、実際どの程度難易度が高くなったのかはいまいち正確にはわかりません。このサイトのコメント欄で転職が成功したことを伝えてくれる方もコロナ以降いらっしゃいます(首都圏か地方かは把握していませんが)。Twitterでも正社員ではないにしても派遣やアルバイトあるいは業務委託で転職できた人も見かけます。またこのサイトではまだ発信していないジャンルの話ですが、学習後にいきなりフリーランスとして稼ぐ人もいます。この状況を見ていると「首都圏在住ではない人はWebデザイナーを目指すな」とは言い切れません。少しでも可能性があり、本気でWebデザイナーになりたいのなら、どんな状況であれ目指してほしいです。
      また、「センス」については磨いていくものなので、理由にはならないと思っています。現時点でセンスが無くても、学習と現場でセンスは成長していきます。

      もう一つ思うのは、たしかに僕がWebデザイナーを目指すきっかけを与えたかもしれませんが、最終的に自分の選択に責任を持つのはやはり自分自身だと思います。
      「お前のせいでWebデザイナーになれないじゃないか」
      と言われると非常に心苦しく申し訳ない気持ちも抱きますが、それでもWebデザイナーになろうと思った自分の意志を貫徹できず人のせいにするのは何か違和感があります。
      もし「あなたは絶対にWebデザイナーになれる!」とこのサイトで書いていたらダメです。でもそこまでは書いているつもりはありません。
      何が言いたいかというと「Webデザイナーを目指そう!」と僕が言うと、Webデザイナーになれた人となれなかった人の2種類の人が生じますよね。僕は成功してほしいと思っていますが、失敗する人も当然出てきます。じゃあ「Webデザイナーを目指そう!」と言ってはいけないのでしょうか?という話です。失敗する人が出てくるのならそういってはいけないとなると何も発信できなくなります。

      文言の修正については、
      ——————–
      Webデザイナーの素晴らしさを語ってきましたが、もちろん簡単にWebデザイナーになれるわけではありません。「Webデザイナーにどうしてもなる!」という強い意志と勉強を継続する努力が無ければ挫折します。しかも現在はコロナ禍で、未経験OKの求人も減っています。特に30代以上の方や地方で就職する場合は未経験だと厳しい状況です…。それでも本気でWebデザインをやりたいという方はぜひ目指してほしいです!
      ——————–
      とトップページで追加で記載しました。現状はこれで良いと思っています。

      とはいえ、なまけものさんのご指摘は納得できるため、いま考えている計画は、上でも触れた「学習後にフリーランスとして案件獲得」できるレベルにまで僕の方でなんとかしたいという想いの実現です。無料か激安で教材を作ります。案件を得て実績を積んでおいて、コロナが落ち着き経済も回復してきたら就職できたらいいなぁと思っています。

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ