Webの最新トピックを配信中!

ポートフォリオ作品がない方へ。作品を増やす方法を紹介!

未経験の方は、実務経験がないので、どうしてもポートフォリオに掲載する作品が少なくなりがちです・・・。
そこで、ファーストビュー(モニターで最初に表示される箇所)のみの架空サイトのデザインを作りましょう!

コーポレートサイトのデザイン

このようにファーストビューとセカンドセクション(メインビジュアルの下あたりまで)だけのデザインを制作します。
これなら少ない時間で複数のサイトデザインが作れますよね。

下記の記事で、制作方法をくわしく解説しています。テンプレートのPSDは無料でダウンロードできます。
【無料PSD付き】ポートフォリオ作品水増し講座

そもそも、なぜ「水増し」が必要か?

ファーストビューだけ作ろう!と言ってますが、もちろん、ポートフォリオサイトに掲載する作品全部がファーストビューだけっていうのはダメです。
少なくともサイト一つだけは、完全に上から下までデザインを作り、さらにコーディングする必要はあります。下層ページも1〜2ページは制作しましょう。レイアウトを考える能力とコーディングスキルもアピールする必要がありますからね。

でも、その1サイトだけをポートフォリオに掲載し、企業に持っていきますか?
きっと面接で採用担当の方は、
「わー、サイト一つだけは立派に作ったんですねー!すごいですね〜パチパチ、・・・はい、これだけじゃわからん」
と困惑してしまいます。

そりゃそうですよね。少なくとも3〜6パターンの異なるデザインテイストは見たいですよね。そうじゃないと、求職者のデザインスキルは判断できません。。

よく、「ペルソナを考え抜いて、UI/UXを考慮して、1サイトだけを完全に作り込もう!それだけで見せてくれたらいいんじゃよ〜」と教える方もいますが、それは若く有望な子をゼロから育成する時間のある有名デザイン事務所の考え方です。

現実は違います。このサイトに訪れてくれる人は20代前半もいますが、20代後半〜40代が大半です。そのような方は、即戦力を必要とする中小のWeb制作会社か事業会社に行きます。そのため、まずは、「とりあえずすぐにどんなデザインができるのか?」ということを、わかりやすく示す必要があります。

かと言って、複数のサイトを上から下まで&下層ページもデザインしてたら、時間がなくていつまでも就職できないですよね。だから、ファーストビュー水増し大作戦が必要になるのです。

作るのはファーストビューだけでいいの?

「ファーストビューだけでいいの??」と心配になるかもしれませんが、大丈夫です。

サイトのテイストはファーストビューだけでほぼ決まります。
デザインには「反復」というルールが存在し、同じ配色やレイアウトが上から下まで繰り返されるからです。そのためページ上部のファーストビューとセカンドセクションがページの構造を7割ほど決定してしまいます。
企業側も求職者がこの部分を作り込めるかを判断できれば満足します。

ベテランWebデザイナーのポートフォリオになると、IA/UI/UXが問われるため、ファーストビューのみでは不十分です。
IA/UI/UXとは簡単に言えば「サイトに必要な情報とユーザーが求めるコンテンツを整理(IA:インフォメーションアーキテクチャ)し、それを元にユーザーの快適な体験を考慮(UX:ユーザーエクスペリエンス)し、サイトのレイアウト構造(UI:ユーザーインターフェース)に落とし込める」能力です。

でも、未経験者であればその領域はまだあまり気にしなくて大丈夫です。
まずは「ビジュアルデザイン(装飾美)」ができることが先決です。UIなどの機能美はその後です。

このサイトでは、ポートフォリオHTMLテンプレートからサイトデザインのテンプレートPSDまで、ポートフォリオを制作する上で役立つアイテムを無料でたくさん用意しています。ぜひ活用してみてください!

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社しスキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントしてぜひ登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

“ポートフォリオ作品がない方へ。作品を増やす方法を紹介!” への2件のフィードバック

  1. miya より:

    ちょうど職業訓練校に通い、フォトショ、イラレ、DW、JS(JQueryはおまけ程度)を使い
    自身の課題サイトを一つ作成し、DW上にサイト管理で自分の作成した状態で、

    DW上で出来上がった架空のサイトを見ることはできます。
    ただ、ポートフォリオは何もできておらず、何から始めていいかが分かりません。。
    サイトは出来上がっているが、それでもページのビジュアルをスクリーンショットで切り取って、
    イラレを開いてそれを分割するのが良いでしょうか?
    そしてhttps://webdesigner-go.com/portfolio/website/に従って、
    構成を考えてから上記を行うべきでしょうか?

    それとも、サイトが一つ出来上がっていても、こちらのサイトのテンプレートなどを使って、
    2つ目、3つ目・・・とサイト(のメインビジュアルだけ?)を沢山作っていく(それもイラレでやっていくのでしょうか?)
    のが良いでしょうか。

    また、サイトの(ポートフォリオの?)アップロードをしようと思うのですが、
    学校のPCがWindowsだったのに対して自宅ではMacなので、
    Adobe関連のソフトはmac用のものがあっていいのですが、
    アップロードソフトがWin用だったため、Macで全くの初心者でも扱えるソフトが分かりません。
    オススメのアップロードソフトはございますでしょうか。
    また、それは上記のロリポップなどのサーバーへアップロードはできるのでしょうか。

    何から手をつけていいのか、と思い悩んで一ヶ月ほどこのサイトのページをあちらこちら閲覧しているだけで何もできていません。
    もし可能であれば、現実的にまずすべきことや順番(やり方の説明やタメになるサイトの情報は沢山あると思うのですが
    何からすればいいのかがなかなか掴めないため)を教えていただけないでしょうか?

    • ねこポン より:

      miyaさん、はじめまして。
      サイトのいろんな記事を見てくださっているようで嬉しいです。

      とりあえず、一つのサイトをデザイン&コーディングをしたものの、さて、ポートフォリオをどう作ろうか……と悩んでらっしゃるということでしょうか。

      すでに本サイトで提供しているポートフォリオのテンプレートをご覧になっていただいたようなので、それに基づいて、「次に何をすべきか」をお伝えします。あくまで僕の場合なので参考程度にしてください。

      1. 構成を決める
      https://webdesigner-go.com/template/portfolio/
      ↑ ポートフォリオHTMLテンプレート(ガーリー)
      ポートフォリオの構成については、これを踏襲してください。これが一般的なポートフォリオの構造と内容です。上から、「最新の制作実績」「その他の制作実績」「自己紹介」「スキル」「連絡先」です。構成はこれで良いです。

      2. ポートフォリオサイトのデザインをする
      本サイトのテンプレは使わず、自分でフォトショかイラレかXDで、ポートフォリオサイト自体のデザインを作ってください。SVGの普及でイラレもサイトデザインに用いられることが多くなりましたが、フォトショでのデザインが一般的です。

      3. 掲載する作品を作る
      すでに1サイトはコーディングが完了していますよね。そのサイトの全体をキャプチャして、ポートフォリオの一番上の「最新の制作実績」に載せます。その際に、キャプチャ画像に対してサイトへのリンクを貼ってください。もちろんサイトの説明(コンセプトやデザインの意図など)も詳しく書き、サイトへのテキストリンクも載せてください。
      もし、コーダーやフロントエンドエンジニアの転職活動の場合は、作ったサイトのURLの一覧を企業に送るだけ、という場合もあります。ただmiyaさんがWebデザイナーを目指しているならば、ポートフォリオサイトを作り、そこに今まで制作したサイトのキャプチャを貼る、というのが普通の流れになります。

      4. ファーストビューのみのサイトデザインを3〜6つほど作る
      https://webdesigner-go.com/portfolio/lesson/
      ↑ ポートフォリオ作品水増し講座【無料PSD付き】
      こちらを参考して、ファーストビューのみのサイトデザインを3〜6つ作って「その他の制作実績」に載せてください。“メインビジュアル”とおっしゃってますが、“ファーストビュー”なのでご注意ください。メインビジュアル部分+その下のセカンドセクションまでは作ってください。メインビジュアルのみだと手抜きだと思われてしまうためです。
      本当は、理想はこの3〜6つのデザインのうちの2つほどはコーディングまでしたいところです。コーディングが1サイトのみはちょっと少ないからです。ただ、職業訓練の期間はおそらく3ヶ月と短く、ポートフォリオを作り込んでいる時間もなかなか持てないと思われるので、最低限、ファーストビューのみのサイトデザインは3〜6つ載せます。これは最低限のポートフォリオだと思ってください。もちろん理想はこの3〜6つにしても、上から下まですべてデザインをし、コーディングをしたいところではあります。。
      ファーストビューのみのデザインを数個作る意図については、記事中でも説明していますが、1サイトのみの制作実績では、デザインのアピールとしては弱いからです。なので、複数個を省エネでもいいから作り、最低限のデザインスキルレベルがあることを伝える必要があります。

      ・FTPソフトについて
      FTPソフトは、僕は「Forklift2」を使っています。
      https://corriente.top/post-34177/
      Forklift3は有料ですが2は無料です。使いやすくオススメです。
      もちろんロリポップのサーバーにアップロードできます。

      ポートフォリオ制作の流れをあらためて、ステップバイステップで書きましたが、miyaさんのご質問への回答になっていますでしょうか。もし、回答になっていなかったら、また詳しくご質問をお願いします!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ