Webの最新トピックを配信中!

ポートフォリオサイトの作り方

ポートフォリオサイトの作り方を紹介します。

ポートフォリオを作る際に、Webサイト版と紙版のどちらを作ればいいか迷うと思います。
Webデザイナーなら、とりあえずWebサイト版があれば大丈夫です。僕自身で経験済みなのと転職エージェントの担当者にも確認済みです。

もし、紙版のポートフォリオの制作方法は『最強ポートフォリオの簡単な作り方』の記事を参考にしてみてください。デザインに特化したWebデザイナーになりたいなら、イラレで紙版のポートフォリオも一緒に作ってみることをオススメします。

ポートフォリオサイトの構成

本サイトの「ポートフォリオHTMLテンプレート(ベーシック)」を見ながら、必要なコンテンツを確認しておきましょう。
実際のデモはこちらで見れます。

このテンプレートのように、一般的にはこんなコンテンツになります。

  • Works(作品リスト)
  • Feature(一作品の解説)
  • About(自己紹介)
  • Skill(保有スキル)
  • Contact(連絡方法)

コンテンツの順番も上からこの流れでOKです。ポートフォリオは作品を見せることが最重要なので、WorksとFeatureを一番先頭に持ってきています。Aboutを一番先頭にして、まずは自己紹介から入るのも良いです。

各コンテンツについて解説します。

Works(作品リスト)

サイトデザインならファーストビューのキャプチャを掲載します。バナーならそのまま掲載しましょう。
最低限3〜6作品は掲載しましょう。

「そんなに作品無いよ〜!」という方は『ポートフォリオ作品水増し講座【無料PSD付き】』の記事を読んでみてください!ファーストビューのみのデザインを量産してみましょう。作品量産用のコーポレートサイトやゲーム系サイト、美容院サイトなどのPSDテンプレートを無料で提供しています。

Feature(一作品の解説)

デザインは、明確な意図を持って制作されたかどうかが問われます。
ターゲットユーザー・配色の理由・フォントの選定・コンテンツの存在根拠・メインビジュアル画像の選定理由など、一つの作品については詳しく解説を書きます。この作品についてはがっつりコーディングもしましょう。
しっかり考えてデザインをしていることをアピールしましょう。

About(自己紹介)

現場のデザイナーやエンジニアの方が履歴書や職務経歴書を詳しく見るとはかぎらないので、ポートフォリオにも簡単な職務経歴を含めた自己紹介を掲載する必要があります。詳しい書き方は『ポートフォリオの自己紹介の書き方』を参考にしてください。

Skill(保有スキル)

Webデザイナーなら、HTML・CSS・JavaScript・WordPress・Photoshop・Illustrator・XDあたりの保有スキルを書きましょう。
テンプレートでは★でレベルを表していますが、円グラフや棒グラフでもわかりやすければ、表現方法はなんでも良いです。

Contact(連絡方法)

TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSをやっているかどうかで、Web系の情報に敏感かどうかがわかります。可能ならアカウントへのリンクを貼っておきましょう。

ポートフォリオサイトは自分で作ろう

現在、ポートフォリオ作成サービスは多いです。作品画像さえアップロードすれば、ポートフォリオサイトがほぼ自動で完成してしまいます。
このようなポートフォリオ作成サービスは使ってはいけません。ポートフォリオサイトは必ず自分でデザインしコーディングをします。

その理由は、ポートフォリオサイト自体が作品の一つだからです。“作品ギャラリーサイト”としてのデザインも問われるし、現場の方はそのサイトのソースコードも見てレベルを判定できます。
また、僕が面接官なら、作成サービスを使う人はやる気がないとみなします。せっかくデザイン&コーディングをするチャンスなのに、外部サービスを利用してラクをしようなんてちょっと考えが甘いです。

ただ、現実は、勉強や作品制作に時間を取られて、ポートフォリオサイトの制作にまで手が回らないかもしれません。
その際は、本サイトの「ポートフォリオHTMLテンプレート(ベーシック)」を使ってみてください。このテンプレートをがっつりカスタマイズして、自分のオリジナルポートフォリオサイトを作ってみてください♪

無料サーバーはダメゼッタイ!

たまに無料のレンタルサーバーにポートフォリオサイトを載せてる人がいますが、ぜったいにやめてください笑
ポートフォリオは名刺のように自分そのものを表すものです。そんなに大事なものを無料のレンタルサーバーに乗せるとか、ちょっと考えられないです。。面接官が見たら、やる気がないと思われます。月額100円程度でサーバーは借りられますので、お金の心配はしなくていいです。

必ず、有料のレンタルサーバー x 独自ドメインの組み合わせにしましょう。
とりあえず安く借りたい!ならロリポップ!さくら大丈夫です。月額100円ちょっとで借りられます。
独自ドメインは、ロリポップなら同系列の『ムームードメイン』で簡単に連携できます。.comなら、価格はよく変動していますが、年間800〜2,000円程度です。まずは、ロリポとムームードメインの組み合わせがラクでいいかもしれません。

今後そのサーバーを長期で使っていくつもりなら、エックスサーバーもアリです。かなり安定したサーバーで、ブロガーやアフィリエイターにも人気のサーバーです。

サーバーの詳しい選び方は、『Webデザイナーのためのレンタルサーバー選び』の記事を参考にしてください。

ポートフォリオサイトの制作、楽しく頑張っていきましょー!

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“ポートフォリオサイトの作り方” への6件のフィードバック

  1. 北新宿の虎 より:

    ねこポンさん初めまして。北新宿の虎です。

    私は今年まで別業種に就いておりましたが ねこポンさんのサイトを拝見し、
    離職者訓練のwebデザイナーコースに入り勉強しています。

    現在 終業が近づき、就職活動を始める時期になって参りました。
    webサイト制作会社で正社員のwebデザイナーになろうと求人を探しています。

    まだ芳しい結果が得られておらず、是非ねこポンさんにサイトをご覧頂きたいと思い、
    コメントさせて頂きました。お忙しい中恐縮ですが、ダメ出しを頂けましたら幸いです。

    よろしくお願いします!

    • ねこポン より:

      北新宿の虎さん、はじめまして。
      このサイトがきっかけでWebデザイナーを目指してくれて嬉しいです!

      サイト拝見しました。
      箇条書きでフィードバックしていきますが、あくまで一Webデザイナーの意見として参考にしてください。

      東京であれば、今のレベルでもどこかしらの制作会社でアシスタント的なポジションで入れるとは思います。ただ、もっとポートフォリオサイト自体と掲載作品をブラッシュアップすることで、自分が行きたい企業や、より成長できる職場を目指せると思います。

      【ポートフォリオサイト】
      ・サイト名「Kodai Ueshima Portfolio」をもっと大きく
       一番重要な要素なのでもう少し目立つよう大きくしてください
      ・WorksやAboutなどの見出しの修正
       上下の線だけでは少し貧弱に見えます
      ・上記、タイトルと見出しの文字間隔を少し空けて余裕を持たせてください
      ・Aboutの文章の行間(line-height)をもう少し空けて余裕を持たせてください
      ・レスポンシブでの表示崩れを修正してください
       例えば横幅800pxくらいでサイト名が見出しに掛かったり、ジムサイトの矢印位置がズレています
      ・メインで見せる作品を一つ選びましょう
       このサイトでポートフォリオテンプレートを提供していますが、そこで「Feature」という枠を設けて、ひとつの作品を詳しく紹介しています。ここでもfeature枠を作り、ジムサイトか静風サイトを大きく目立たせて紹介してください。今は9つの作品があり、どれをメインに紹介したいかがわからなく目が散ります。キラー作品を一つ決めて、作り込みましょう。たくさんのサイトを紹介する必要はありません。1〜2個のサイトをしっかりと作り込むほうが重要です。
      参考:
      https://webdesigner-go.com/template/portfolio/
      ・差し色(アクセントカラー)を追加しましょう
       現在の配色は白と黒だけで寂しいです。何か差し色を決めて、見出しや背景色に使っていきましょう。

      【ジムサイト】
      ・もっと背景(色やテクスチャ)や配色にこだわりましょう
       白と黒だけの配色だと寂しいです。実際のパーソナルジムサイトを見ると、背景色や背景テクスチャ、背景画像を効果的に使っています。
      参考サイト:
      https://exercisecoach.co.jp/
      ・テキストの行間(line-height)を広げ、余裕をもたせましょう
      ・フォントの選定
       M Plusフォントはあまり現場では使わないので、無難にヒラギノか游ゴシック、欧文はHelveticaを使いましょう
      ・レスポンシブでの表示崩れを修正してください
       例えば横幅800pxくらいでグロナビがメインビジュアルの下に隠れてしまっています

      【静風】
      うちの素材サイトの筆文字を使っていただき、ありがとうございます笑

      ・シンプルで美しくはありますが、もっと作り込みましょう
       アクセントカラーを使用したり、背景画像を用いたり、あともっと要素を足さないと一見して何のサイトなのかがわかりづらいです。

      【全体】
      僕なら、ジムサイトと静風サイトをがっつりと作り込み、その2つをキラーサイトとし、ポートフォリオサイトで大きく紹介します。他のLPやピザサイト、jQuery実習、企業ロゴ制作は、より小さくして目立たないように紹介します。

      よしもとや水商売の経験など、人柄がとても面白そうな方ですね!まだお若いので、こういった特長的な経歴が、会社によってはウケることがあります。そこもかなりアピールポイントです。僕は求職者支援訓練で勉強していた時に、自分専用の出会い系サイトを作ってポートフォリオに載せていました。
      ★恋人探し.com
      http://findlove.chu.jp/
      面接でその後上司となる人に面白いと思ってもらえてWeb制作会社に入れました。
      個性の出し過ぎはキモくなるので注意が必要ですが笑、自分らしさをさり気なく出すことで、自分の人柄を効果的に伝えられます。また、良くも悪くもポートフォリオで個性を出すことで、こんな変なサイトも受け入れてくれるなら優しい会社なんだなぁといった具合に、会社のフィルタリングにもなります。僕の場合はあまり堅苦しい会社は嫌でしたので。なので、ポートフォリオ自体に少しだけ個性を出したり、あるいは面白い掲載作品を用意してみるのもアリだと思います。

      ポートフォリオサイトの添削は箇条書きとはいえ、やや時間が掛かってしまうため、あと一回無償で対応します。もし添削が必要な場合は上記を修正した上で、またいつでもご連絡ください。転職活動、楽しく頑張ってください!

  2. 北新宿の虎 より:

    ねこポンさん

    お返事ありがとうございます。
    構成から細かい部分までアドバイスを頂けて嬉しいです。

    時間はかかりそうですが、もう一度見て頂けるように
    少しずつ改善していこうと思います。
    本当にありがとうございます!

  3. himako より:

    ねこポンさん、初めまして。himakoと申します。
    私は今、DTP・Webデザインの職業訓練に通っています。今1ヶ月ほど経ちました。
    デザインやブランディングにとても興味を持ち、その道に進みたいと思っていましたが、自分にはセンスもなければ人脈もなく、内向的な性格なため、クリエイティブな仕事は無理だろうと諦めていました。
    しかし、ねこポンさんのブログをたくさん読ませていただく内に、勇気をもらい背中を押してもらえました。ありがとうございます!今も大変お世話になっています!

    転職活動やこれからの働き方など、相談させていただきたいことはたくさんあるのですが、
    今悩んでいる「ポートフォリオ」について質問させていただいてもよろしいでしょうか。

    1 )ポートフォリオサイトのドメインやサイト名は実名の方が良いのでしょうか?
      ポートフォリオサイトの他に、デザインやWeb制作系のブログを始めようかなと考えています。日々の勉強の記録や職業訓練のレポートを記事としてアウトプットしていく予定です。ポートフォリオサイトのリンクや制作過程の様子なども公開できればなと考えています。
      就職活動をするにあたってや信用性?からするとポートフォリオサイトは実名で公開されているデザイナーが多い印象を受けます。もしポートフォリオサイトを実名で公開する場合、ブログ(ドメイン、サイト名)も実名の方が良いのでしょうか。

    2)ポートフォリオサイトには架空のものだけでなく、実績を載せたいと考えています。
      実績を作るには何をどうしたら良いでしょうか・・。アバウトで大変申し訳ありません。やはりクラウドソーシング等で受注するしかないのでしょうか。(恥ずかしながら、私には人脈がありません。。それ以外の方法がありましたらご教授いただきたいです。)

    大変お忙しいかと思いますが、アドバイス等いただけますと幸いです。
    どうぞよろしくお願いいたします!

    • ねこポン より:

      himakoさん、はじめまして!
      このサイトに出会って、そんなふうに思っていただいてとても嬉しいです・・・。
      好きな気持ちがあれば楽しく続けられて仕事にできます。頑張りましょう^^

      1) ポートフォリオは実名の方が良いのか?
      僕の意見ですが、実名でなくてもいいし、顔も出さなくていいです。

      「実名顔出し」と「匿名でアイコン」だけを比較するなら、「実名顔出し」の方がインパクトもあるし、お客さんにとっては安心感が得られるます。クライアントにとっては、一瞬で「あ、こんな雰囲気の人に依頼できるんだなぁ」と考えられるからです。ホームページを作ろうと思い立った人たちは起業したばかりだったりして本当に必死なので、どんな顔でどんな名前の人に依頼できるかがわかると、すごく安心します。

      でも、今は名前や顔を出すことが怖い世の中です。すぐに画像は流用されたり、名前はFacebookなどのSNSで調べられたりしちゃいます。そんなリスクを負ってまで、あえて本名を出す必要はないです。

      実名よりもなによりも信頼感や安心感を与えるのは、「作品のクオリティ」です。作品の質さえ良ければ、ハンドルネームであってもそんなの関係なく依頼したくなります。

      なので、ポートフォリオもブログもドメインも実名でなくても大丈夫です!ひたすら作品のレベルアップをしましょう。もちろん、実名出してもOK!ということなら、実名でいくのがいいと思います。

      2) ポートフォリオに実績を載せる方法
      クライアントのサイトを作る方法だと、クラウドソーシング以外なら、友達や知り合いづてにWebサイトを作ってほしい人を見つけたり、行きつけの美容院やレストランでオーナーに「サイトを作らしてくれ」と依頼してみるとかしか思いつかないですね・・・。

      あとは、あまり一般的な方法ではないのと時間が多少掛かりますが、アフィリエイトサイトを作って収益が上げられれば、サイト制作スキルとWebマーケティング(主にSEO)スキルがアピールできます。ASPから案件を選んで、商品を紹介するサイトやLPが作れます。そうすればクライアント探しには困りません。でもアフィリエイトは副業扱いになるので、副業可な企業に対してしか、この実績は使えないですね笑。himakoさんもブログはやろうとしていますが、自分のブログでAdsenseやアフィリエイトをやって多少成果を上げれていると、Webマーケに力を入れている企業にとっては「ほぉ!」となるかもしれません。アフィリエイターになることが趣旨ではないので、これは頭の片隅にも入れておいてください。

      アフィリエイトサイトに関連して、自分で作る系のサイトだと、他には趣味のサイト作りとかですよね。銀座のランチ情報をまとめたサイトとか、猫動画を集めたサイト、文字カウントができるサイト、自分のアイデアで何か便利だったり面白いサイトを作ってみる、というのも素敵です。

      ★恋人探し.com
      http://findlove.chu.jp/
      他の方へのコメントでも紹介しましたが、これは僕が訓練校に通っていた頃に作った僕専用の出会い系サイトです笑。ジョークサイトですね。「検索」を押すと僕だけが出てきます。月曜から夜ふかしにもちょっと出ました。当時これをポートフォリオに載せてました。これだけが理由で採用されたわけじゃありませんが、面接官の人が面白がってくれて、結果その制作会社に入れました。

      2番めの質問はあまり回答できずすみません。。ただ「実績」と言っても、いろんなサイト作りがあるということを、なんとなく伝えたかったです笑

      実際のクライアントの制作実績があれば、それに越したことはないです。
      でも、架空のサイト作りにもいろんなエッセンスが詰まっています。自分自身でサイト名とロゴ、サイト構成からテキストまでを考えるのはなかなか大変な作業で、Webデザイナーとしての思考力が磨かれます。しかも実際の制作実績よりも自由度が高い分、高いクオリティの制作物が作りやすいです。現実の案件では汚いロゴとか荒い画像とかを使いたくなくても使わないとダメだったりしますからね笑。その点で、架空サイト作りも思いっきり楽しんでほしいです。

      また何かご質問があればいつでもお願いします。
      DTPとWebデザインの勉強、楽しみながら頑張ってください〜^^

      • himako より:

        ねこポンさん、たくさんのコメントとアドバイスいただきありがとうございます。
        ポートフォリオサイトやブログは、アドバイスいただいた通り匿名で作成しようと思います。背中を押していただきありがとうございます、頑張ります!
        ポートフォリオに載せる作品も、私には今のところそういったツテがありませんので、自分の好きなものやサービスを参考に、架空の物を作って楽しみたいと思います(笑)

        またポートフォリオ等が作れましたら、ぜひねこポンさんに見ていただきたいです。
        どうぞ、よろしくお願いいたします!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ