Webの最新トピックを配信中!

Webデザインの現場で使う定番フォント

Web制作の現場では、よく使う定番フォントがあります。ここでは、膨大なフォントの中から、デザインとコーディング(CSSでの設定)で使う定番中の定番フォントを厳選して紹介していきます。

普段見かけないフォントや有名では無いフリーフォントを使うと、素人感が出るためフォント選びは気をつけましょう。

企業の場合は、年間契約のフォントパック『モリサワパスポート(年間49800円)』を契約していることが多いです。モリサワにはヒラギノやリュウミンなどの定番フォントが含まれています。また、Adobeをフル契約すると『TypeKit』といういくつか有名フォントが使えるサービスを利用できるようになります。TypeKitは日本語フォントも続々と登場しているため、要チェックです。

最近は日本語・欧文ともに無料フォントもよく使われるため、便利なフォントはダウンロードしておきたいところです。

よく使う日本語フォント

ゴシック体

下記の中では「ヒラギノ角ゴ」「游ゴシック」「新ゴ」がずば抜けて使用頻度が高いです。

「ヒラギノ角ゴ」は、デザイン、コーディングともに頻繁に使うフォントです。ゴシック体で迷ったらまずはヒラギノ角ゴです。

「游ゴシック」も安定感のあるゴシックです。ややスタイリッシュでスマートな印象があり、CSSでは、ヒラギノ角ゴに次いで人気のゴシック体です。Photoshopなどでデザインをする際には、それほど使わていないというのが僕個人の実感です。

「新ゴ」はインパクトが強く可読性も高いため、デザインでは頻繁に使用されます。

最近の「コーポレート・ロゴ」の使われっぷりと言ったら半端ではありません。フリーのフォントにも関わらず、Webサイトからテレビ番組のテロップにまで至るところで見かける大人気フォントです。どこかエンタメ感を醸し出してくれます。僕の場合2日に一回は必ずどこかで見かけています。無料なのでぜひダウンロードしておきたいフォントです。

ちなみにWindows標準フォントの「メイリオ」はCSSでは設定しますが、デザインではほぼ使用しません。

明朝体

下記の中では「ヒラギノ明朝」「游明朝」「リュウミン」がずば抜けて使用頻度が高いです。

フリーフォントでは、「うつくし明朝体」が人気です。韓国ドラマ「キルミーヒールミー」のタイトルやローソンの菓子パンのフォントとしても使われています。無料なのでぜひダウンロードしておきたいフォントです。

よく使う欧文フォント

  • Arial
  • Avenir
  • BankGothic
  • Bebas Neue
  • Bodoni
  • CopperplateGothic
  • DIN
  • Futura
  • Franklin Gothic
  • Frutiger
  • Garamond
  • Georgia
  • Gill Sans
  • Gotham
  • Helvetica
  • Lucida
  • Myriad
  • Trajan
  • Verdana
  • Univers

このあたりが欧文フォントでは有名でよく使われます。Macには、すべて最初からインストール済みかと思います。Windowsの場合は購入するかTypeKitに含まれている場合があります。Bebas NeueTrajanはフリーフォントですね。それぞれのどのようなフォントかを知っておいて、デザインテイストに合わせて、とっさに使用できるようになるといいですね。

「Bodoni」と言えば、ハーパーズバザーのフォントですね。非常に上品で洗練された印象を持つセリフ体です。

「CopperplateGothic」は上品なお菓子屋や新しめだけど高級感のあるレストランの看板のフォントとして頻繁に見かけます。日本人はこれもうホント大好きなフォントですね。

「Futura」も相当な人気があります。使用例はこちらを参考にしてください。

「Trajan」は古代ローマの文字を彷彿とさせる格式のあるフォントです。

Googleフォント

『Googleフォント』はGoogleが無料で提供しているWebフォントです。ダウンロードして自分のPhotoshopで使うことも可能です。下記のフォントがよくWebフォントとしてCSSで設定されることが多いです。

個人的にはOswaldが都会的で洗練された印象があって、お気に入りです。Lobsterはオシャレなカフェやレストランで活躍しそうですね。
欧文でWebフォントを使おうと思ったら、まずはこの定番Googleフォントたちをチェックしてみてください。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ