Webの最新トピックを配信中!

Photoshopの「画像アセット」で画像パーツを書き出す

PhotoshopはバージョンがCCになってから、『画像アセット』という便利な機能が追加されました。現場ではもうこれが無い時代には戻れない!というほど毎日のように使う機能です。

Photoshop上のパーツを切り出して画像ファイル化するツールです。ぜひ使いましょう。

画像アセットの使い方


使い方は簡単です。上のように、ロゴを構成するレイヤーをグループ化してPNGやJPGの拡張子を付けて画像名を記述するだけです。ここでは、PNGで書き出したいので、logo.pngとしました。

書き出したい画像パーツはレイヤー上ですべてこのようにグループ化して画像名を付けておきます。

そして、書き出す際はメニューの「ファイル」→「生成」→「画像アセット」をクリックしましょう。そうすると、このPSDファイルが存在するフォルダの中に「-assets」付きのフォルダが生成されているはずです。そのフォルダに画像が書き出されています。
デスクトップ上にPSDファイルが有る場合は、デスクトップに「-assets」付きのファイルが生成されます。

この画像アセットの機能には、いくつか書き出しオプションがあります。もし2倍の大きさで書き出したければ、「200% logo.png」とします。他にも画質や書き出しサイズを設定するオプションもありますが、よく使うのはパーセント指定での拡大や縮小なので、これだけは覚えておいてください。

画像アセットにまつわる暗黙のルール

便利さがわかってもらえたと思いますが、この機能のせいで、コーダーが「ちゃんとグループ化してください!」とデザイナーに対して急にブツクサと言い始めたのです。グループ化してあれば、コーダーはファイル名を付けるだけで画像を書き出せるからです。

かつて、画像の書き出しは「スライス」といって、書き出す画像を手作業で囲って設定するという面倒くさい作業でした。もちろん今もグループ化できないような画像パーツはスライスを用いるのですが、画像アセットの登場で「コーダーの画像書き出し作業」が超ラクになったのです。

そして、さらにラクをしたいコーダーはデザイナーに対してグループ化を強要してくることがあるわけです。このへんは地味に険悪な関係になりかねないので気をつけてくださいw。どちらがグループ化をするのかは現場のルールもありますが、最近はデザインを担当した人間が行うのが暗黙の了解になってしまったように思います。だから、できれば、そのまま.jpgや.pngなどの拡張子を付ければ書き出せるグループ名(logoやbutton、icon_arrow_downなどの英語名)にしておくと親切ですね。

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ