カテゴリ
本サイトはプロモーションを含みます。

「Webデザイナー」 と「Webコーダー」「フロントエンドエンジニア」の違いは何でしょうか?

ご質問

こんにちは。僕は現在職業訓練学校でwebデザイナーを学んでいます^ ^

ひとつお聞きしたいのですが、
・webデザイナー
・webコーダー
・フロントエンドエンジニア

は一体何が違うのでしょうか?
僕の最終目標は、個人でweb制作の案件をとって稼げるようになることです。

・最終目標に向かうためには結局はなんの言語、技術を勉強するのか。
,実務経験を積むために入る会社はどのような会社がいいのか。

これらが分からず迷走してまして。学校やエージェントに聞いてもいまいち納得できる回答が得られず、コメントさせていただきました^ ^

回答

職種の定義については、会社や個人の見解もあり、明確な定義があるわけではありません。ここではその3つの職種を僕なりに簡単に定義してみます。

・Webデザイナー
Webサイトのデザインとコーディングの両方をやる職種

・Webコーダー
主にHTML/CSSと基礎的なJavaScriptかjQueryでコーディングのみを行う職種

・フロントエンドエンジニア
簡単に言えばWebコーダーの進化版です。HTML/CSSに加えて、現在では特にJavaScriptのスキルをしっかり持った人物が担う職種のことを指します。「フロントエンド」とはサーバーなどのバックエンドに対する用語で、ビュー周りのUI(ユーザーが見る画面)を指します。最近のWeb制作では、ここのUIの挙動を自由に操作できるJavaScriptが重宝されているため、フロントエンドエンジニアが注目されています。Webコーダーに比べるとレベルはかなり上がります。難易度は高いです。誰もがなれる職種ではありません。

以上を踏まえて、ご質問に答えていきます。

>最終目標に向かうためには結局はなんの言語、技術を勉強するのか。
「個人でweb制作の案件をとって稼げるようになること」の「Web制作」が何を指すかによります。Web制作と言っても、WebデザイナーもWebコーダーもフロントエンドエンジニアもやっていることは「Web制作」だからです。

なので、ご質問に明確な答えを出すには、「ご自身がどんなWeb制作をやりたいか」によります。デザインもコーディングも両方やりたいのならWebデザイナーだし、バリバリとJavaScriptを書けるようになりたいならフロントエンドエンジニアです。ただ、Webコーダーに関しては、よほどCSS設計(拡張性や保守性に優れたコーディング手法)ができなければ生き残っていけないので要注意です。

まずは、職業訓練の学習の中でご自身が、デザインとコーディングのどちらを面白く感じるかを見極めてください。その上で3つのどの職種を目指すのかを決めるのが良いと思います。稼ぎたいから●●の職種を選ぶ、と考えるのは危険です。自分に合っていなかったりして、かなりの確率で挫折します。そうではなく、デザインが大好きだからWebデザイナーになるとかJavaScriptが好きだからフロントエンドエンジニアになるといったように、自分の嗜好に合わせて職種を検討してみてください。
このサイトでは基本的にはWebデザイナーを推しています。まずはデザインとコーディングの両方を仕事の中でやってみる、そして自分の得意や好きに合わせて、Webデザイナーかフロントエンドエンジニアのどちらかに行くのかを決めることを勧めています。

報酬額の順番としては、下記の順番だと思います。
1.フロントエンドエンジニア
2.Webデザイナー
3.Webコーダー

フロントエンドエンジニアを目指す場合はHTML/CSS、JavaScriptに加えて最近はJavaScriptのフレームワークであるReactやVue.jsのスキルも求められやすいです。現場によってはバックエンド寄りの言語であるPHPやRubyもフロントエンドエンジニアの領域とみなれる場合もあります。このへんはこのサイトの専門外なのでググって調べてみてください。

>実務経験を積むために入る会社はどのような会社がいいのか。
下記の記事を参考にしてください。

★新人Webデザイナーにとってベストな職場
https://webdesigner-go.com/job/best-company/

★未経験の方にとって理想のWeb制作会社とは?
https://webdesigner-go.com/job/ideal-webdesign-company/

このサイトでは、まずはWebの専門集団であるWeb制作会社に入ることを強く勧めています。レベルの高い先輩や上司がいて、スキルがグッと成長しやすいからです。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社か教育体制のしっかりしている事業会社に正社員で入社することを強くオススメしています。

やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強い『ワークポート』です。ワークポートでも、さすがに未経験の方にWeb制作会社を紹介するのは難しいですが、事業会社のWebデザイナー・フロントエンドエンジニアを紹介してもらえる可能性があります。また、Webデザイナーにこだわらなければ、WebディレクターやECサイト担当者などの求人も多数保有しているため選択肢の幅が広がります。一度面談を受けておきましょう。

コラム②:デザインスキルを一気に上げる方法

「デザインスキルを一気に上げる方法は「レビュー」です。つまりデザインに対するダメ出しを何度もしてもらって直すことを繰り返すことで、デザインスキルは急激にレベルアップします!

これを一番実現しやすいのが会社です。会社なら現場で上司や先輩にサイトやバナーのデザインのレビューをしてもらえるからです。じゃあ就職しておらず未経験のうちはどうすればいいかというと、「レビュー付きのデザインスクールの活用」です。普通のスクールはPhotoshopの使い方やコーディングの基礎を学ぶだけで「デザインスキル」についてはほぼ教えてくれません。レビュー付きのデザインスクールは運営側にも高いデザインスキルが求められるため非常に少なく希少性が高く『fullme』が現在は最高峰だと僕は思っています。「けっきょく、よはく」「ほんとに、フォント」など有名デザイン書籍を手がけるingectar-eの運営です。
僕が駆け出しの頃に『fullme』があれば絶対に受講していました...。デザインスキルを高めたい人はぜひ受講しましょう。

コラム③:ポートフォリオのチェックリストをnoteで販売中!

「ポートフォリオを作ってみたけど不安...」「周りにレビューをしてくれる人がいない...」
そんなお悩みを解決するために、ポートフォリオのチェックリストを作りました!27,000文字以上の大ボリュームです笑。noteで販売中です。激安のワンコイン500円です。このチェックリストで改善点を見つけて、少しでもポートフォリオの質を上げて、自分が望む就職に繋げましょう!

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

上への矢印