カテゴリ
本サイトはプロモーションを含みます。

面接のコツを教えて下さい

ご質問

Webデザイナーの面接のコツを教えていただけますか?

回答

もう読んでいただいたかもしれませんが、面接での具体的な質問内容についてはこの記事を読んでみてください。
★【面接対策】Webデザイナーの面接で聞かれるリアルな質問20個とその回答例
https://webdesigner-go.com/job/typical-questions-answer/

ここでは、面接のコツ、具体的には面接における姿勢についてお伝えします。

いわゆる普通の会社員の総合職の面接に比べると、
僕にとっては、はるかにWebデザイナーなどのクリエイター職の面接のほうがラクです。
なぜかと言えば、問われることが「スキル」と「人柄」だけだからです。

普通の会社員であれば、持っているスキルはコミュニケーション能力など抽象的なものです。
それを面接で語り、転職先にこの人を雇おうと思ってもらわないといけないわけです。かなりプレゼン力が問われます。しんどいです笑

一方で、Webデザイナーであれば、面接でジャッジされるのは、スキルつまりポートフォリオの質がほぼ8割、残りの2割は人柄です。
ポートフォリオは面接前に用意するので面接時にはどうにもなりません。ただわかりやすく解説するだけです。

問題はこの2割の「人柄」です。
人柄とは、
1. まともな人間であること
2. ちゃんと考えている
3. 一緒に仕事をしたいと思える
この3つです。

この中でいちばん大事なのが1の「まともな人間であること」です。びっくりするくらい普通な人が世の中には少ないので、普通でまともであるだけで、すごく重宝されてしまいます。
キレない、ありがとうとすみませんが言える、誤字脱字が無い、約束を守る、言ったことはやる、礼儀正しい、普通のヘアスタイル、面接で帽子とかかぶらない、ちゃんと挨拶する、普通に自己紹介できる、普通にちゃんとポートフォリオを解説できる、普通にメールを返せるなどなど、それだけで雇ってもらえる確率が大幅に上がるので、「普通」でいることを重視してください。

2は、特にポートフォリオについてですが、自分で作ったモノについては、明確なデザインの意図を持つようにしてください。Webデザイナーの仕事は、ただ具体的に指示されて何かをやるのではなく、自分で配色やレイアウトを考えていくという思考力が問われる職です。「あ、この人、クライアントのゴールやデザインの意図について、すごくちゃんと考えているな」そう思われること、そういう本質的な思考ができることが重要です。

3は1や2の結果で思ってもらえるかどうが決まります。
3だけの要素で言うと、具体的には「明るい」か「楽しい」か「深い」か「面白いか」の4つに分類されます。
「明るい」人は職場の雰囲気がパッと明るくなるので一緒に働きたいです。
「楽しい」人はポジティブな人です。その人がいると仕事が楽しくなるし新しいアイデアが生まれます。
「深い」人は作業やプロジェクトの課題を見抜き解決してくれて質を上げてくれます。
「面白い」人は、今の職場に何か新しい風を吹き込んでくれます。
僕の場合は明るくも楽しくもないので笑、「面白い」で勝負していました。
3はあまり深く考えなくていいです。とにかく「明るい」だけはフリでもいいから頑張ってみましょう。暗い人とはあまり一緒に仕事したくないです。自分のことを棚に上げて語ってますが笑

まとめると、普通でいてください。ちゃんと考えてポートフォリオの作品を一つ一つ大事に作ってください。そして明るく振る舞いましょう。これだけです。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社か教育体制のしっかりしている事業会社に正社員で入社することを強くオススメしています。

やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強い『ワークポート』です。ワークポートでも、さすがに未経験の方にWeb制作会社を紹介するのは難しいですが、事業会社のWebデザイナー・フロントエンドエンジニアを紹介してもらえる可能性があります。また、Webデザイナーにこだわらなければ、WebディレクターやECサイト担当者などの求人も多数保有しているため選択肢の幅が広がります。一度面談を受けておきましょう。

コラム②:デザインスキルを一気に上げる方法

「デザインスキルを一気に上げる方法は「レビュー」です。つまりデザインに対するダメ出しを何度もしてもらって直すことを繰り返すことで、デザインスキルは急激にレベルアップします!

これを一番実現しやすいのが会社です。会社なら現場で上司や先輩にサイトやバナーのデザインのレビューをしてもらえるからです。じゃあ就職しておらず未経験のうちはどうすればいいかというと、「レビュー付きのデザインスクールの活用」です。普通のスクールはPhotoshopの使い方やコーディングの基礎を学ぶだけで「デザインスキル」についてはほぼ教えてくれません。レビュー付きのデザインスクールは運営側にも高いデザインスキルが求められるため非常に少なく希少性が高く『fullme』が現在は最高峰だと僕は思っています。「けっきょく、よはく」「ほんとに、フォント」など有名デザイン書籍を手がけるingectar-eの運営です。
僕が駆け出しの頃に『fullme』があれば絶対に受講していました...。デザインスキルを高めたい人はぜひ受講しましょう。

コラム③:ポートフォリオのチェックリストをnoteで販売中!

「ポートフォリオを作ってみたけど不安...」「周りにレビューをしてくれる人がいない...」
そんなお悩みを解決するために、ポートフォリオのチェックリストを作りました!27,000文字以上の大ボリュームです笑。noteで販売中です。激安のワンコイン500円です。このチェックリストで改善点を見つけて、少しでもポートフォリオの質を上げて、自分が望む就職に繋げましょう!

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

上への矢印