Webの最新トピックを配信中!

50代ですが、副業でWebデザインをやって稼げますか?

ご質問

当方、50歳台の会社員です。Web/ITと無関係の仕事をしているのですが、副業としてこれからWebデザインのスキルを身に付けて稼ぐことは可能だと思いますか。可能性があるなら興味があるのでやってみようと思っています。アドバイスいただけると幸いです。

ご回答

「50代からWebデザインのスキルを身に着けられるか?」の点については僕が経験が無いのと、そのような知り合いがいないので、残念ながらわかりません。ただ、本当に好きなことなら、何を始めるにしても遅いということは無いはずです。なぜなら、それをやっていて楽しいと思えるなら、楽しく頑張れて、少しずつでもスキルが向上していくはずだからです。

「副業が可能かどうか?」の点については、どのような副業をするかによります。前提として、Webデザイナーやエンジニアは、「スキルが9割」です。残りの1割はコミュニケーション能力や年齢による制限だったりします。ただ、スキルがあれば、年齢に関わらず、なんとか仕事をもらえて本業やあるいは副業は成立すると思っています。クライアントにとっては、良い制作物ができればそれでいいのです。だから年齢はそこまでネックにはなりません。

ここでは、「未経験の方がどのようなWebデザインの副業をできるか」を考えることが重要になります。

Web制作会社などに勤務し、実務経験が2年以上ある方がフリーランスとして活動する場合は、自分自身で集客用のWebサイトを作りクライアントを見つけたり、エージェント経由で仕事をもらうこともありますが、未経験からいきなりWebデザインを仕事にする場合、それが本業であれ副業であれ仕事を請け負うには、下記の方法が一般的かと思います。

1. 友人や知り合いツテでサイト制作の仕事をもらう
これが一番やりやすい案件です。
例えば、小規模なWordPress案件(デザインとコーディング含む)であれば、30〜40万円ほど、WordPress化だけであれば10〜20万円ほどの報酬が相場です。コーディング1Pだけだと1万円以下で安いです。
問題はそのような友人や知り合いがいるかどうかによりますが・・・。いなければ自分で探すしかありませんが、僕はそういう営業が苦手なので自分で探すは面倒なのでやっていません。なので以前は友人から仕事をもらっていました。

2. ランサーズなどのクラウドソーシングサイトから仕事を受注
これも一般的な方法です。しかし現在は競合も多く、その影響で報酬単価も低いため受注しづらいです。安い単価を求めるクライアントは地雷も多く、僕自身は絶対にやりません。

3. アフィリエイトサイトやブログを運営
Webデザインの副業、とはもはや言えないかもしれませんが、サイト制作のスキルがあれば、自由自在にブログやアフィリエイトサイトが作れます。Webデザインのスキルがない人は、WordPressの既存テーマを使わざるを得えませんが、Webデザイナーにとっては、オリジナルテーマの制作は簡単で、自由なレイアウトやデザインでサイトを作れます。
もちろんアフィリエイトはSEOなどの知識が必要になるため、Webデザイナーになればアフィリエイターとして稼げる、というわけではまったくありませんが、サイトやデザインを簡単に作れる点では、かなり有利だと僕は思っています。
プログラミングにも興味があり、もしその適性があるのなら、iPhoneアプリを作って販売してみるなども良いと思います。
つまり個人プロジェクトですね。

「Webデザイン」のスキルは多岐にわたります。習得するには、学校であれば半年、独学で土日のみ勉強なら1年は掛かるはずです。通常はその後、Webデザイナーとして企業に勤めて1〜2年ほど現場を経験することで、フリーランスとして活動できるレベルになります。
なので、未経験からいきなり副業を始めるのは、現実問題として、なかなか難しいです。でも、1の友人から案件をもらったり、3で頭を振り絞ってブログやアフィリエイトサイトをやってみるなど、考え方次第でいろいろなWebデザインスキル活用方法があると思っています。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“50代ですが、副業でWebデザインをやって稼げますか?” への4件のフィードバック

  1. 田表美音子 より:

    初めまして。
    私は49歳の女性です。
    私は趣味でClipStudioを使ってイラストを描いています。
    一度はwordpressを使って自分のHPを作りました。
    それはただ更新するだけでしたので、初めの手続きはすべて友人にしてもらったので名前だけは知っている程度です。
    今は病院で看護助手をしています。
    ハローワークでキャリアコンサルティングを受け、求職者支援のスクールを応募しましたが、落ちました。たまたまアジャストアカデミーを知り、すぐに見学をしました。
    ねこポンさんの回答を読んでいくうちに、やはり、スクール側も年齢で落とすのだとわかりました。
    かなりショックでしたが、現実です。
    求人も大概20代です。
    スキルが問題だとおっしゃっていたのが、頼みの綱です。
    一応、スクールに応募するつもりですが、
    今回、落とされるなら、お金おかけて民間のほうに通ったほうがいいでしょうか?

    説明を受けに行ったとき、前回はコロナの影響でかなりの応募者だったらしいです。
    だから、年齢だけで落とされたとは言えないのですが、、、
    私よりも少し上の方が正社員として就職されたというコメントがありました。
    私にも可能性があると信じたいです。
    すみません、話がしたくてコメントさせて頂きました。
    私のモットーは今現在の考えはこうだけど、柔軟に変えていこう、です。
    頑張ります。

    • ねこポン より:

      田表美音子さん、はじめまして。

      たしかに今はコロナによって、会社に左右されないように手に職を持ちたいという方が増えて、それによって求職者支援訓練の応募も増えていると聞いています。年齢がネックなのは確かですが、おっしゃる通り、今回は応募者が多く、倍率が高かったのかもしれませんね。。。

      その可能性が拭いきれないのであれば、ぜひもう一回は求職者支援訓練に応募するのがいいかもですね!それでダメなら求職者支援訓練については諦めもつくし、民間の有料スクールに行くのが良いと思います。

      ★30代未経験でもWebデザイナーになれる?年齢別アドバイス
      https://webdesigner-go.com/job/age/

      ↑の記事の「40歳~のWeb未経験は?」にも書いていますが、転職活動をしてみてやはり年齢的に難しい場合は、Webの基礎スキル+前職で培ったスキルなどを組み合わせて、自分の強みとするのもおすすめです。看護助手の経験は詳しくはわかりませんが、例えば「看護師のアフィリエイトサイト運営」している会社にとっては貴重なスキルとなり得るかもしれません。もちろん「Webデザイナー」を目指すことは前提ですが、プラスアルファのスキルで、Webデザインに強いWebサイト運営者やWebマーケッターなど様々な道があるので、柔軟に方向性を考えてみるのをおすすめします。ClipStudioでイラストを描いている経験が生きる可能性も大いにあります!

      どこかで読んでいただいたようですが、「スキルが大事」です。まずは訓練やスクールでWebデザインの基礎スキルをしっかり身につけましょう!
      年齢はネックですが「可能性があると信じる」ことは素晴らしいです。そして信じるだけではなく「可能性を自分で切り開く!」という意志を持ってぜひ挑戦してみるのが良いと思います。

      そして「楽しみながら」というのが重要です。楽しくないと、この職は長くは続きません。まずは楽しみながら勉強していきましょう!

      • 田表美音子 より:

        お話聞かせていただありがとうございます。
        前回申し込んだのは受かりませんでしたが、6ヶ月で、ねこぽんさんが勧めているスクールを見学し、申し込みしました。
        受かって欲しい。
        面接で必要なのは意欲だとおっしゃってましたが、初心者でもやる気を見せる為にはどうアピールしたらよいでしょうか。
        面接は10分ほどで、あとは説明とアンケートだと言われました。1時間ほどだそうです。

        • ねこポン より:

          求職者支援訓練の面接で意欲を見せるには、特に小手先のテクニックは無く、「やる気」と「就職する意志」を効果的に伝えるだけだと思っています。その2つをどうしたら伝えられるかを考えましょう。例えば下記のような感じです。

          ・すでに独学をしていることを伝え、かなりのやる気をアピールする
          ・就職する意思が強く、そのために訓練校でしっかり勉強する意志があることをアピールする
          ・通学期間はバイトなどぜずに、可能な限り訓練校への通学と予習復習に当てることを伝える

          他にもどうしたら想いが伝わるかをご自身で考えてみてください。次は受かるといいですね!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ