Webの最新トピックを配信中!

どんなデザインもトンマナを必ずクライアントに確認しよう

サイトやバナーを作成する際には、必ずクライアントにどんなデザインテイストが良いかを確認しましょう。

事前にヒアリングは済ましていることが普通なんですが、1ページ追加など小規模な改修だったりすると、とりあえずデザイン作っちゃえ!ということがあります。できれば、やめたほうがいいです。

少なくとも、「ターゲット層」「雰囲気(華やか?荘厳?など)」「使ってほしい色」「参考にしてほしいサイト」は聞いておきます。これをトンマナ(トーン&マナー)といいます。これを確認せずにデザインを提出すると、「望んでいるトンマナとまったく違うんですけど…」と突き返されてしまうことがあります。

残念ながら、クライアントのWeb担当者によっては、本人自身もどんなトンマナにしていいかわかっていないこともあります…。その場合は、デザイナーからしっかりと制作の意図を口頭やメールで伝えることが重要になります。例えば次のような感じです。

「今回制作するサイトのターゲット層は、商品の特性上、20代前半の大学生と想定されるため、色を豊富に使い、フレッシュさや活発さや表現しています。レイアウトもかっちりさせず、斜線や水玉を用いて、ポップさも出るようにも心がけています。そのため、ボタンやカラムも角丸にし、女性らしい印象に仕上げました。」

どんなにかっこいい・美しいデザインを作っても、クライアントの要望を満たせていなければ、意味がありません。トンマナは必ず確認しておきましょう。通常は、Webディレクターがヒアリングで確認しているはずです。

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ