カテゴリ
本サイトはプロモーションを含みます。

WordPress – サイトを簡単に更新可能にするシステム

WordPress(ワードプレス)は、HTML/CSSとPhotoshopに比べれば、習得の重要度は下がりますが、現場では非常によく使うCMS(コンテンツ・マネージメント・システム)の一種です。CMSとは、サイトやブログを構築するためのシステムです。

WordPressを扱えればWebデザイナーとして価値がグッと上がるので、複雑なカスタマイズ方法は覚えなくてもいいですが、オリジナルテーマの作成方法は習得しておきたいところです。

WordPressとは

WordPressは無料のCMSです。世界のサイトの4分の1はWordPressで作られているという調査もあります。さらに、WordPressは、世界中の開発者が作っている「プラグイン」が豊富で、無料で様々な機能を追加できるのが大きなメリットです。

WordPressをサイトに実装すると、更新がWordPressの管理画面から行えるようになり、かなりラクになります。そのため、クライアントがサイトを更新しやすくするために、実装することがよくあるのです。

WordPressを独学で勉強する方法は下記にまとめました。
独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド

就職・転職前にWordPressをどれくらい習得しておくべきか

WordPressはPHPというプログラミング言語で構成されているため、深堀りしてしまうと、エンジニアの高尚な世界に入り込んでしまいます。オリジナルのテーマが作れるレベル(自分でコーディングしたサイトにWordPressを実装できるレベル)にまでは最低限なっておきましょう。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社することを強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強い『ワークポート』『Webist』の2つです。
※コロナもほぼ収まりつつありますが、まだワークポートもWebistですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために、ポートフォリオを制作後に登録しておきましょう。

コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、50〜60万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』のようなスクールに行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。

他にも、PHPに特化した無料の『無料PHPスクール』もあります。PHPはがっつりプログラミングの言語である一方で、ECサイト構築やWordPressにも使われるWeb系と親和性が高い言語なので、Web系に進みたい人には無料PHPスクールはオススメです。23日間通学でけっこうハードなカリキュラムです。

この2つの学校のどれかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

コラム③:ポートフォリオのチェックリストをnoteで販売中!

「ポートフォリオを作ってみたけど不安...」「周りにレビューをしてくれる人がいない...」
そんなお悩みを解決するために、ポートフォリオのチェックリストを作りました!27,000文字以上の大ボリュームです笑。noteで販売中です。激安のワンコイン500円です。このチェックリストで改善点を見つけて、少しでもポートフォリオの質を上げて、自分が望む就職に繋げましょう!

“WordPress – サイトを簡単に更新可能にするシステム” への2件のフィードバック

  1. まさと より:

    ねこポンさんこんにちは質問があります。
    今 wordpressのオリジナルテーマ制作に挑戦しようと思っているのですが調べたところwordpressは主流がブロックテーマになっているようで
    ブロックテーマを学ぶのかそれとも従来のPHPで組んでいくクラシックテーマを学ぼうか迷っています。
    今現在クライアントワークだとクラシックテーマがまだ主流なのでしょか?
    はじめて学ぶのですがどちらが良いでしょうか?
    今後は新規案件だとブロックテーマで作り、
    既存のテーマ改修案件などではクラシックテーマになるのでしょうか?
    そうすると両方とも学ぶ必要がでてきますがどちらが良いのでしょうか?

    • ねこポン より:

      まさとさん、はじめまして。

      僕の感覚としては従来のテーマの作り方がまだまだ主流なので「WordPressでオリジナルのテーマを作る」と言えば、まだしばらくは従来のクラシックテーマの作り方を指すことになると思います。ただSTUDIOなどのノーコードツールもかなり普及しているので、今後はブロックテーマでの開発の需要も高まってくるかもしれません。

      なので、僕に関して言えばお客さんから特に要望がなければ今後も新規の案件はクラシックテーマで作ります。既存の案件に関しても引き続きクラシックテーマです。

      これからまさとさんがWordPressでテーマ制作を学ぶとしたら、まずはクラシックテーマでの作り方を学ぶことをオススメします。その上で、お客さんや会社でブロックテーマで作ってほしいという要望があれば、その際にブロックテーマの勉強をすれば良いと思います。

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

上への矢印