Webの最新トピックを配信中!

職業訓練・求職者支援訓練・一般のWebスクール…どれがベスト?

学校でWebデザインを学ぼうと思ったら、「職業訓練」「求職者支援訓練」「一般のWebスクール」の3つのパターンがあって、迷うと思います。僕自身は、求職者支援訓練でWebデザイナーになりました。

ここでは、各学校の特長と、どの学校がベストだと思うか個人的な意見を書いています。

職業訓練と求職者支援訓練の違い

「職業訓練」と「求職者支援訓練」は国の制度で、ともに無料で通学ができます。
雇用保険の話は置いておいて、Webデザインを学べる学校として見た時の大きな違いは、通学期間です。職業訓練は3ヶ月、求職者支援訓練は6ヶ月(学校にもよる)となっています。

職業訓練とは?

職業訓練は、主に雇用保険の受給者が対象です。会社で一年間以上働くと通常は雇用保険の対象者となります。

職業訓練には様々な訓練制度があり、Webデザインを学べる学科を含む訓練は、正確には「離職者等再就職者訓練」と呼ばれるものです。開講期間の前になるとハローワークに、『受講生募集のご案内』というパンフレットが置かれます。こちらから平成30年度のPDF版が読めます。


こちらがそのパンフレット(東京版)です。Webデザインを学べる学科は3つありました。

学校の運営は民間に委託されているので、専門学校や企業が運営している学校に通うことになります。Webデザインを学べる学科は約3ヶ月です。

興味がある方は、まずは最寄りのハローワークの担当部署に行ってみましょう。

求職者支援訓練とは?

求職者支援訓練(ハロートレーニング)は、雇用保険を受給できない方が対象で、「本人収入8万円以下」「世帯全体の金融資産が300万円以下」など他にも条件がいくつもありますが、それらを満たすと月額10万円の給付金をもらいながら通学ができます!

開講期間前になると、ハローワークに学科のチラシがいくつも置かれるようになります。こちらのページからも自分の地域の開講情報が検索できます。

Webデザイナーの求職者支援訓練
こちらがWebデザイン関連の学科のチラシです。職業訓練と比べると圧倒的にWebデザインを学べる学科(学校)は多いです!Webデザインを学びつつ、キャラクターデザインの制作方法や、あるいはWebディレクションを学べる学科もあったりと、それぞれの学校が個性を出しています。

職業訓練と同様に、民間の企業や専門学校に運営が委託されているため、そこに通うことになります。Webデザインを学べる学科の期間は、通常約6ヶ月です。

雇用保険が受給されない方も対象なので、大学を卒業したばかりの年齢の人や、今まで就業経験の無い人もいたりと、いろんなバックグラウンドの人と出会えて楽しいのも求職者支援訓練の特長ですね。

興味がある方は、まずは最寄りのハローワークの担当部署に行ってみましょう。

一般のWebスクールとは?

普通のWebスクールには、「デジタルハリウッド」や「インターネット・アカデミー」などの通常のスクールです。

一般のスクールを検討しているなら、「LIG」か「デジタルハリウッド(デジハリ)」の二択で良いと思います。LIGはご存知かもしれませんが、都内の有名Web制作会社です。数年前からスクールも開設しています。現場に近いところでWebデザインが学べるのは貴重な環境です。
あとは硬派なところでデジハリですね。僕の周りにもデジハリ出身のフロントエンドエンジニアやWebデザイナーは多いです。

どこの学校がベスト?

実は、僕は職業訓練、求職者支援訓練、一般のWebスクールの3つとも通ったことがあります(学校行き過ぎ…)。ただ、僕は求職者支援訓練ではWebデザインを学びましたが、職業訓練ではJavaプログラミング、一般のスクールではDTPと、別の知識を学んでいます。学んだことは違いますが、システムや雰囲気は伝えられると思います。

ぜひ、『求職者支援訓練でWebデザインを学ぶ』だけでも読んでいただけると嬉しいです。

求職者支援訓練がベスト

個人的には、この中では、求職者支援訓練を経てWebデザイナーになるのがベストだと思っています。時間があるのなら、ぜひ求職者支援訓練を選択してほしいです。なぜか。

求職者支援訓練がベストな理由は2つです。

  • 無料(テキスト代の約15000円のみ)
  • 約6ヶ月のカリキュラムはWebデザインの基礎スキルを身につけるために十分である

無料なのは職業訓練も同じですね。2つめのカリキュラムについてが重要です。

求職者支援訓練の期間は、約6ヶ月です。『まずはチェック!Webデザイナーに就職・転職する前に最低限持つべきスキル一覧』でも書きましたが、Webデザイナーとして働くために必要なスキルとして、「Photoshop」「Illustrator」「HTML/CSS」「jQuery」「WordPress」の基礎スキルは持っていたいところです。学校にもよりますが、求職者支援訓練の6ヶ月のカリキュラムはこれらを網羅しています。僕の学校もそうでした。つまり、求職者支援訓練のカリキュラムは必要な基礎スキルを十分に習得できるのです。

一方、職業訓練の期間は3ヶ月です。短い期間になるため、上で書いたスキルの中では、「WordPress」が削られる場合がほとんどです。またそれぞれのスキルも相対的に授業時間数が少なくなります。コツをつかめる人はサクッとそれぞれの知識を理解できるかもしれませんが、なかなか3ヶ月でWebのスキルを習得するのは大変です。

一般のスクールの場合、仮に6ヶ月間の受講をするなら、数十万円が軽く吹っ飛びます。本当に素晴らしいWebスクールに出会えたらぜひ通った方がいいとは思いますが、それだけのお金があるなら、求職者支援訓練を受講して、浮いたお金で、Macを買ったり、AdobeCCを個人で契約するなど、お金の別の活用方法もあるわけです。

6ヶ月間じっくりとWebデザインを無料で学べる環境、これが求職者支援訓練の素晴らしさです。人生のある時期の半年間みっちりとWebデザインを学ぶことが後々大きく生きてきます。
Webデザインを学校で勉強したいと思っている方は、ぜひ求職者支援訓練を選択肢の一つとして考えてみてください。

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートWebistです。 ※現在はコロナの影響でこの2つのエージェントですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートとWebistはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ 『Webist』公式サイトへ

“職業訓練・求職者支援訓練・一般のWebスクール…どれがベスト?” への18件のフィードバック

  1. KENTI より:

    6カ月コースの職業訓練校に
    応募しようと思っているのですが、
    あるスクール(A校)を運営しているWebデザイナー(以下Wさん)から
    職業訓練校と大手スクールはお勧めしないと言われ、迷っています。

    Wさんが言っていたことは以下の通りです。
    ・Wさんが通った職業訓練校はAdobeソフトの1週間無料体験版を1週間ごとにダウンロードしていた。設備も古い。
    ・講師が現役デザイナーでなく現場を知らないケースもある。

    一度職業訓練校に見学にも行ったのですが、上記2点について不明なままです。

    A校はすべての授業がマンツーマン形式で、プロのデザイナーから
    指導してもらえるため、職業訓練校に行かない場合はA校に行きたい

    知っている情報がありましたら、教えていただけると幸いです。

    • ねこポン より:

      KENTIさん、はじめまして。

      僕が通った職業訓練校はJavaプログラミング学科でWeb系ではなかったため実体験はありませんが、通常Adobeの無料体験版を使ってるところはほぼ無いと思います。たしかに講師は現役デザイナーではない可能性もあります。
      職業訓練や求職者支援訓練に行きたい場合は、一度その学校に「体験版を使ってないか・講師は現役か」を問い合わせてみるのがいいですね。
      少なくとも僕が通っていた求職者支援訓練については、体験版ではないAdobeがちゃんとインストールされていて、PCはそこそこ新しいDellのWindowsマシンでした。講師も現役のWebデザイナーです。

      もし金銭的に余裕がありA校に行ってみたいのなら、そこがいいかもしれません。プロのデザイナーからマンツーマンできちんと教えてもらえるのなら素晴らしい環境です。

  2. きりん より:

    はじめまして。
    現在派遣社員で事務職をしています。
    webデザインを学びたいのですが、仕事を続けながらとなると、一般のスクールに通うしかないですよね…
    一人暮らしで、貯金もないので訓練校に通うのは厳しいかなあと思っています。

    • ねこポン より:

      きりんさん、はじめまして。

      そうですね、、職業訓練と求職者支援訓練(ハロートレーニング)は、仕事をしながらでは無理だと思います。
      仕事をしながらの場合は、有料ですが完全オンライン型のTechAcademyやCodeCampなどを利用することになります。

      最近は独学も十分に可能です。
      ★独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド
      https://webdesigner-go.com/study/self-taught/

      ドットインストールやUdemyなど動画レッスンも充実していますし、まとまった知識を得るには書籍がオススメです。

      仕事をしながらだとなかなか大変かもしれませんが、ぜひいろんな学習方法を試してみてください^^

  3. ショウ より:

    ねこポンさん
    初めまして、いつもブログを参考にさせていただいています。

    この記事を見て、WEBデザイナーの求職支援訓練に応募したのですが
    面接で落ちてしまいました…。
    もう1度チャレンジしてみようと思っているのですが
    面接で何が悪かったのかが明確にわからずに不安に思っています。
    よろしければ、ねこポンさんは面接でどういうところを
    気をつけたのかを教えてください!

    • ねこポン より:

      ショウさん、はじめまして。
      2通のご質問があったので、こちらでまとめて回答しますね。

      求職者支援訓練に落ちた理由は、さすがに僕も完全にはわかりませんが、訓練は開講タイミングによって倍率もまちまちです。
      たまたま応募が多かったのかもしれないので、おっしゃる通り、可能ならまた同じ学校で挑戦してみるのが良いと思いますよ!

      求職者支援訓練の面接でアピールすべきは、月並みな回答になりますが、いちばん重要なのが「やる気のアピール」です。
      ご存知だと思いますが、訓練校は無料でしかも条件を満たせば、通学しながら月10万円が支給されます。そのため、お金目的で入校する人が絶えません。そんなモチベーションの低い生徒が多いため、訓練校卒業後の就職率が低いという実態があります。そのため訓練校(というか行政)は少しでも就職率を上げるために、面接で「本当に就職する意志のある人」だけを入校させるようにしています。そうしないと訓練校としては成果を残せないからです。
      なので、面接では、しっかりと勉強して就職する意志があることを伝えるのが最優先です。そして「あ、この人なら大丈夫だな」と思われれば、普通に入校できます。訓練校にももちろんよりますが、それほど倍率は高くないはずです。推測で申し訳ないですが、1〜1.5倍ほどかと思います。きちんと学習意欲を示し就職の意志をアピールすれば入れるはずです。

      次回の面接までに、独学で少し勉強しておくのも良いと思います。面接で、独学していることもアピールして学習意欲があることも伝えられると印象はかなり良くなるはずです。

      なんとか入校できるといいですね!また何かあればいつでもご質問をください。

  4. あけちん より:

    はじめまして!
    webデザイナーのお仕事につきたいと思い、
    webデザイナーの職業訓練校に通っています。
    もうすぐでwebデザイナーの職業訓練校がおわり、就職活動を始めようと思っています。私は少し、 コーティング(css)が苦手なのですが、就職しても大丈夫でしょうか?
    それとも、ヒューマンアカデミーとかで
    勉強してから、就職した方がいいでしょうか?

    • ねこポン より:

      あけちんさん、はじめまして!

      職業訓練おつかれさまです〜
      CSSだけが少し苦手な程度なら、書籍などで復習するだけで大丈夫だと思いますよ。
      ドットインストールやUdemyなどの動画教材を使った学習もわかりやすくてオススメです。
      下記の記事を参考にしてみてください。

      ★独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド
      https://webdesigner-go.com/study/self-taught/
      CSSの書籍については、書店で自分が楽しく取り組めそうなものがあればそれで大丈夫だと思います。いずれはこのサイトでもきちんと紹介していきたいところです。

      レスポンシブやflexboxなども含めて、一通りのCSSの基礎スキルがあるといいですね!
      ポートフォリオの制作物をコーディングで作る際に、CSSを勉強する感覚で作っていくと良いと思います。

      Webデザインの勉強、楽しみながらがんばってください^^

  5. ゆき より:

    こんにちは、初めてメールします。Webデザインを考えてますが、仕事に結び付けられる。スクールをさがしています。何から初めて良いのかが分かりません。住んでいるのは、都会ではなく田舎の為、余計に情報がありませんので、よろしくお願いします(_ _)

    • ねこポン より:

      ゆきさん、はじめまして。

      Webデザイナーになる方法は下記の記事を参考にしてください。

      ★業界未経験からWebデザイナーになるためのベストなステップ
      https://webdesigner-go.com/job/best-step-to-becoming-webdesigner/

      地方のスクールならば、その地方の求人を紹介してくれる可能性がありますね。「●●(地域名) Webデザイン スクール」などのキーワードでGoogleで検索してみてください。

      地方でスクールや求職者支援訓練、職業訓練が無い場合は、独学になるので下記の記事を参考にしてください。

      ★独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド
      https://webdesigner-go.com/study/self-taught/

      Webデザインの勉強、楽しくがんばってください^^

  6. のぞみ より:

    はじめまして!
    のぞみと申します。

    フリーランスのwebデザイナーになりたいと思っています。
    現在会社員です。ご相談なのですが、仕事をしながらスクールに行くか、仕事を辞めて職業訓練校行くかすごく迷っています。

    仕事に対してあまり自信がなく、辞めたいと思うことがたまにあります。しかし、毎日ではではないので続けて仕事をしながらスクールに行ったほうが質のいいwebデザイナを学ぶことができるのではないかと思っています。どちらがよろしいでしょうか。

    お忙しいところ大変お手数ではございますが、ご返事いただけると幸いです。

    • ねこポン より:

      のぞみさん、はじめまして!

      仕事を続けながら勉強か、仕事を辞めて職業訓練に通う選択肢のどちらがよいか?という質問はよく頂きますが、なかなか回答は難しいです。下記の2つになります。

      1. 転職市場が回復するまで現職を続けながらスクールで勉強する
      2. 思い切って辞めて超集中してスクール&独学で勉強して質の高いポートフォリオを仕上げてどうにか転職する

      絶対にWebデザイナーになる!という覚悟なら2でよいですが、現状のコロナ禍においては1が無難ではあります。僕の場合は毎日仕事の後だったり休日に勉強をする体力は無かったので、スパッと仕事をやめて求職者支援訓練に通いましたが、のぞみさんの仕事が毎日ではなく学習に時間が取れるのであれば、やはり1が良いかもしれませんね。

  7. ゆゆゆ より:

    求職者支援訓練を調べていて記事に辿りつき読ませていただき参考になりました。一つ質問がありコメントします。

    今まで接客業の仕事中心だったためパソコン操作が不慣れなため、訓練をパソコン基礎(ワードやエクセルなど)を受けてから連続受講でwebデザイン科を受けるか、いきなりwebデザイン科を受けるか迷っています。

    一度webデザイン科は見学に行き自分のスキル不足でついていけるか不安になって申込みしませんでした。30代であることも不安材料の一つです。

    • ねこポン より:

      ゆゆゆさん、はじめまして。

      それはどの程度パソコンに不慣れなのかによると思います。僕が求職者支援訓練に通った時の経験で言うと、全然パソコンが使えないという人はいなかったです。かといって、しっかりスキルがあるわけではなくて、普通にネットサーフィンや通販サイトで購入できたり、Webデザイン科では使いませんがワードやエクセルの超基礎的な操作ができる程度のスキルですね。

      もし「訓練をパソコン基礎(ワードやエクセルなど)を受けてから連続受講でwebデザイン科を受ける」が可能なら、そうした方がいいような気はします。不安なままWebデザイン科の授業に入って、全然Photoshopが扱えないとなったらまずいですもんね。

      もし、できる限り早くWebデザインを学びたい、Webデザイナーになりたい!という意欲があるのなら、訓練校に入る前にPhotoshopやIllustratorをダウンロード(7日間無料期間あり)して、実際に触ってみることをオススメします。Photoshopの書籍を見ながら、実際に学んでみて「あ、自分いけるかも!」となればそのままWebデザイン科に入校しても問題ないはずです。

      ★【初心者向け】Webデザイン勉強のおすすめ本
      https://webdesigner-go.com/study/book/

      ↑オススメの書籍はこちらにまとめています。

      30代が不安という点は、30代前半か後半かによります。30代前半ならポートフォリオサイトの質が高くて就職先が首都圏であればどうにかなります。地方になると難易度は高いです。30代後半になると、かなりポートフォリオサイトの質が高くなければ、就職は難しい状況です。特に現在はコロナ禍なので転職市場は冷え込んでいます。

  8. もずく より:

    ねこポンさん 初めまして。
    会社や仕事のことで苦しくなった時、このねこポンさんのサイトを見て毎回すごく勇気づけられてます…!
    私は新卒未経験でシステムエンジニアとなり、今年で3年目となる女です。
    SESのため、自社の先輩もおらず自分一人で客先常駐することになり、よく分からないままコードを書かされ、日々残業に追われています。。
    このままでは本当に心が死んでしまう…!と思い、システムエンジニア以外の道を考えることにしました。
    仕事していく中でHTMLやCSSなどデザイン方面はやってて楽しかったのと、職業訓練を使って目指す道があることを知ったことで、そうだ、webデザイナーになろう!と決心しました。

    現在コロナ禍であることや、3年は働けとよく聞くけど本当に今やめて大丈夫なのか、生活費はどうするのか、本当にwebデザイナーとしてやっていけるのか、などなどまだまだ色んな不安はありますが、
    ねこポンさんを人生のお手本にさせてもらいながら、なんとか乗り切りたいなと思います。
    まずは職業訓練校に入りデザインやコードの勉強をしていきたいです!

    本当に本当に、このサイトが心の支えになってます!
    無料でこんなにたくさん有益な情報が得られるのが有難くて仕方ないです。
    サイトの更新など大変かと思いますが、応援しております。
    いつもありがとうございます!!!

    • ねこポン より:

      もずくさん、はじめまして!

      嬉しいお言葉をたくさんありがとうございます。
      このサイトを運営してきてよかった〜と思えます^^

      なかなか大変な状況ですね…。
      一人で客先に常駐して頼れる人もいなく、しかも残業ばかりなんてあまりにキツすぎます。。

      そんな心がつらい状況の中で、Webデザイナーという選択肢を見つけて、希望が持てたのなら本当によかったです。
      3年働く必要なんかまったくありません。限界なら辞めましょう。
      生活費の問題はなんとか解決しないとですね。職業訓練ならとりあえずは失業保険が出るので大丈夫でしょうかね。

      こんな情報がほしい!とかこんなコンテンツがほしいなどあれば、ぜひいつでも教えてください。また、今後コーディングやデザインを勉強していく時に、不安や悩みなどあれば、いつでもコメントをください。

      お仕事、大変だと思いますが、未来に希望を持ってどうか明るく生きていきましょう!

  9. 砂川 真里奈 より:

    ねこポンさん初めまして。

    先週職業訓練の説明を聞きにハローワークに行きました。

    私の住む地域では
    ①基礎から学ぶWEBデザイン科(5ヶ月)
    ②WEBクリエイター科(3ヶ月)
    の2種類がありまして、
    ①では主に
    ・Illustrator実習
    ・Photoshop実技実習
    ・グラフィックデザイン
    ・Dreamweaverを使用したWEBデザイン実習
    ・Java Script

    ②では、
    ・HTML/CSS基礎
    ・画像加工/イラスト作成基礎
    ・スクリプト基礎
    ・webサイト作成実習

    ざっくりと訓練科目をあげてみました。(他にもありますが、長くなりすぎるので割愛します)
    この2つが気になっているのですが、どちらを受講したら良いか決めかねています。
    ①の期間の長い方でしっかり学んだ方が良い気がするのですが、訓練の最終的な目標が
    「グラフィックデザインを考案でき、レイアウトや編集を行い印刷や出版の入稿ができる状態までのデータを制作できる」
    となっており、私はデザインを元にひたすらコーディングをする事に興味があります。なので②の3ヶ月のコースのほうが向いているのかと思っているのですが、決めかねています。
    よければねこポンさんのご意見をお聞きしたいです。

    長くなってしまいすいません。
    お返事お待ちしております。

    • ねこポン より:

      砂川さん、はじめまして。

      どちらの職業訓練か良いかは、僕もまったく砂川さんの意見と同じです。②で良いと思います。期間だけで見ると5ヶ月と長い①の方が良いですが、どうやら紙や印刷などグラフィック方面を多く学ぶ感じなんですよね。それなら、この情報のみだけで判断するならば、あくまで無難な選択ですが、②が良いと思います。

      ただ、カリキュラムを見ている限りは、①も②もほぼ同じような内容には見えますね。でも「グラフィックデザインを考案でき、レイアウトや編集を行い印刷や出版の入稿ができる状態までのデータを制作できる」という表現はかなり気になるので、②かなぁと思います。この表現が気になるなら念のため訓練校に「グラフィックというのはどういった内容で、どの程度勉強するのですか?」と聞くといいかもしれません。

      訓練校はなかなか決めるのが難しくて迷いがちですが、最終的にはもうエイヤッっと決めるしかありません。カリキュラムや学校、講師の質は大事ですが、結局は自分でどこまで勉強できるかになります。

      Webデザインの勉強、楽しみながらがんばってください^^

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    Famm
    有料
    (¥162,800)
    オンライン
    (1ヶ月)
    Webデザイン なし(案件獲得サポートあり)
    プロによる総評

    ママさん専用Webデザインスクールです。現在はコロナでライブ配信授業が中心です。なんと授業中は自宅にシッターを手配してくれるのでしっかり集中できます。受講期間は1ヶ月で5日間という超短期間なので、忙しいママさんでも時間を確保しやすいです。生徒はママさんだけなので、ママさん同士の交流も楽しめます。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ