Webの最新トピックを配信中!

短期間&完全無料のプログラミングスクールを選ぶ理由

渋谷
残念なお知らせですが、ほとんどの人はエンジニアにはなれません・・・。
それでもエンジニアに挑戦する方のために、プログラミングスクールの選び方と唯一オススメできる2つのスクールを紹介します。

プログラミングスクールは、【短期間】で【完全無料】か【就職できなければ全額キャッシュバック】の基準で選ばないと、時間とお金をドブに捨てることになります。その理由を説明します。

エンジニアになれるのは10人いたら1〜2人

「これからプログラミングを頑張って勉強して、エンジニアになって年収600万とか1000万円もらっちゃうぞー!!」とワクワクしているかもしれませんが、おそらくあなたはエンジニアにはなれません。

簡単な文法なら誰でもすぐに習得できます。ifやforや配列なんて誰でもわかります。
でも、実務ではアルゴリズムを考えるかなり知的なセンスが要求されます。このセンスは簡単に後天的に習得できる類のものではなく、一種の才能です。できるエンジニアが語る「努力次第でエンジニアになれる」という根性論は鵜呑みにしてはいけませんよ。このお話は、こちらの記事で詳しく書いています。
なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

実際、僕も20代の頃はエンジニアになりたくて長いことプログラミングを勉強していました。すごいですよ〜、Javaの職業訓練に3ヶ月通って、PHPの学校に4ヶ月、さらにiPhoneアプリ講座にも1年通ってました笑。どんだけ学校通ってんだよという感じですが。。

Javaの職業訓練なんて、20人の生徒のうち、エンジニアになれたのは2〜3人でした。

僕もいろんなiOSアプリやWebアプリを作りました!卓球のスコアボードとか、頭にお花が咲いた猫ちゃんが空飛んでいくゲームとか、Cocos2Dで猫のフンで敵を倒すフン幕シューティングゲームとか・・・。よく頑張ったほうだと思います。でもそれって全部趣味レベルなんですよね・・・。
その後、ソーシャルゲームの会社にアルバイト入社しましたが、まったくついていけませんでした。ついていけないというレベルじゃなくて頭真っ白で意味不明なんですよね。「ガチャの仕組みでこの確率でコレが出るような仕組みを考えて」とか言われたとき、もう思考が停止していましたよね、ははは。

失敗しないスクール選び方3つ

もう僕のような失敗をしてほしくないので、エンジニアになりたいのなら、スクールを選ぶ基準は、

  • 短期間
  • 完全無料 or 就職できなければ全額キャッシュバック
  • 通学式

この3つです。

【短期間】でエンジニアとしての適性を見極めよう

とにかく【短期間】で自分にエンジニアとしての才能があるかを確かめる。
これが超重要です。これもう10回くらい言いたいです。

だらだらと半年や一年かけてプログラミングを勉強して、さぁ就職して、はーい!自分に適性ありませんでした〜!パッパラパ〜!(涙)って、うぉーい!それじゃ時間の無駄過ぎです!だからこそ、短期間でプログラミングに対する適性を見極める必要があります。

勉強と現場のレベルの差は桁違いです。わープログラミング楽しい〜って勉強してる間は思いますが、それは勉強だからです。現場はそんなお遊びレベルではありません。
だからこそ、早く現場に出る必要があるのです。実際に企業の中でエンジニアとして働いてみて初めて、自分がエンジニアとしての適性があるかがわかるのです。

プログラミングの基礎を短期間で集中的に身に着けて、すぐに現場に出て、自分の適性をチェックしましょう。

【完全無料】or【就職できなければ全額キャッシュバック】でお金を無駄にしない

そもそもエンジニアになれるかもわからないのに、50万近くもスクールにお金を掛けるのはもったいないです。
そのため、無料か就職できなければ全額返金してくれるプログラミングスクールを利用します。

『ProEnginner』『TECH::EXPERT』の2つのスクールを紹介します。
この2つのスクールは、スクールを受けた経験のある僕が唯一良いと思いました。

1つめスクール『ProEnginner』は、20代限定の無料プログラミングスクールです。

プロエンジニア
1〜3ヶ月の短期カリキュラムで、HTMLからApache、Java、MySQLまでエンジニアとしての定番スキルを一通りがっつり無料で学べます。無料なのは企業からの協賛金で成り立っているからです。
3500件近くの求人案件も保有していて、転職サポートも手厚いです。六本木ヒルズにオフィスを構える「Crooz」など超優良企業などで有給インターンシップも可能です。そこでエンジニアに向いてるか自分の適性がチェックできます。
無料なので20代の人はぜひこのチャンスを逃さないでください。

2つめのスクールは『TECH::EXPERT』です。ProEnginnerが20代のみ対象なので、30歳以上の方は『TECH::EXPERT』に行きましょう。


オンラインも可能ですが通学式です!あとで説明しますが、これすごく大事。
期間は、短期集中の10週間コースと平日夜と土日に通う6ヶ月コースの2つがありますが、10週間コースを選びましょう。6ヶ月は長すぎます!この10週間はホントに短くて大量のインプット・アウトプットが必要になるので多少覚悟が必要です。
授業料は598,000円掛かります・・・高いですね。でも、転職できなければ全額返金してくれます。自分への投資として考えた方がよいです。実際にエンジニアになれればそのくらいの分はすぐに元が取れます。
教室は、渋谷に2校、大阪はなんばと心斎橋、名古屋は栄、福岡は天神にあります。

本サイトでも激推ししている職業訓練と求職者支援訓練もプログラミングの講座が開設されているので、最寄りのハローワークのサイトでぜひチェックしてみてください!でも、なぜか職業訓練などは『Androidアプリ開発科』などが多く、言語がJavaのみだったりします・・・。『ProEnginner』のようは需要の高いPHPが、『TECH::EXPERT』はRubyやGitHubがカリキュラムに含まれているので、最先端のプログラミングスキルを身につけられる点では、一般のスクールに軍配が上がります。

【通学式】で不明点はその場で質問してすぐ解決!

プログラミングでどうしても解決できない箇所というのは、HTMLとかPhotoshopレベルの不明点をはるかに超えて、まったくの意味不明なんですよね・・・。
もう一人じゃどうしようもなくて、ホント発狂しそうになります。僕なんかよく畳に頭を打ちつけていましたね。。でも先生がそばにいて聞いてみると一瞬で解決しちゃうんですよね。

なので、断然【通学式】のスクールが良いです。教室があって、そこですぐに講師やメンターの方に質問できて解決できる環境じゃないと挫折しやすいです。
いまは完全オンライン型のプログラミングスクールも多いですが、ビデオ通話やチャットではうまく意図が伝わらなかったり、書いて説明するだけで時間が掛かりすぎたりします。しかも講師がすぐにつかまらず待たされるケースもあります。

手を上げたらサッと先生が教えてくれるスクールに行きましょう。
『ProEnginner』『TECH::EXPERT』ではともに、通学式のスクールです。わからない箇所は先生に質問できてその場で解決できるので、ストレスなく早く成長できます。

もうひとつの通学式のメリットは、周りの人と切磋琢磨できる点です。家でひとりでオンラインだと僕なんかぜったいすぐにソファに寝転がってスマホいじりだします・・・。周りで一緒に勉強する仲間が学習へのモチベーションを支えてくれます。

まとめ:短期間・無料・返金保証でスクールは選ぼう

プログラミングが流行しています。いまやスクールの数はかなり多く、多種多様というより魑魅魍魎な世界です・・・。
テックなんとか、なんとかキャンプなど、名前も似通っていて、違いがよくわからず、選択するのがすごく難しいです。

たくさんのプログラミングスクールを見ましたが、期間が長すぎる・オンラインのみ・返金保証がない・30歳以上はダメなど、デメリットや制限が目立ちます。
『ProEnginner』『TECH::EXPERT』が唯一それらをクリアしています。
【短期間】で【完全無料】か【返金保証】のあるスクールで自分のプログラミング適性を見極めましょう!

どうしても地方にいて、教室に通えないなら完全オンライン型スクールもアリです。でも、東京・神奈川・埼玉・千葉などにいてせっかく教室に通えるなら、この機会を利用した方がいいと思います。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ