Webの最新トピックを配信中!

海外でWebデザインを勉強する方法


海外でWebデザインを勉強する方法もあります。日本のWebデザイン界隈でよく知られている国は、カナダとフィリピンです。
欧米であればどこかにWebデザインの学校はあるわけですが、カナダとフィリピンの場合は、日本のエージェントとサービスがあるため、人気の渡航先になっています。

カナダの場合は「Frog」というWebデザイナーに特化した日本の留学エージェントがあり、フィリピンの場合は、英語&プログラミングを勉強できる「ネクシード」「AHGS(アーグス)」などの学校です。

カナダに留学 – Frog –

海外のWebデザイナー事情をググると、よく見かけるのが、セナさんの「バンクーバーのうぇぶ屋」とマナさんの「Webクリエイターボックス」です。この二人が携わっているのが、カナダの留学エージェントのFrogです。

Frogは、Webデザイナー・エンジニア・Webマーケッターに特化した留学エージェントで、バンクーバーにFrog Houseというクリエイター専用のシェアハウスも持っています。積極的に勉強会やミートアップを行っており、クリエイター同士の交流が盛んなようです。

東京で個別相談会があった時に、僕も参加させていただきました。結局カナダに行ってないわけですが…。こちらの希望や予算を親身に聞いてくださり、候補の学校を8つほど紹介してもらいました。

特に魅力的だと思った学校は、VanArts(バンアーツ)です。

VanArtsは、とにかく最先端の知識を教えてくれる印象です。講師も現場の第一線で活躍されている方のようなので、現場に即したWebデザインの知識やテクニックが習得できるように感じました。

カナダへの留学をお考えの方は、まずはFrogに相談することをおすすめします。

フィリピンに留学 – ネクシード –

ネクシードで勉強できるのは、Webデザインというよりは、フロントエンドの領域でしょうか。あとはiPhoneアプリ開発ですね。「Webサービス開発コース」と「iPhoneアプリ開発コース」があります。フィリピンのセブの学校で、一日の半分を英語学習、半分をプログラミング学習に費やします。

僕はプログラミング留学はしていませんが、フィリピンのバギオに4ヶ月間の英語留学をしています。フィリピン人は温かい人が多いし、特にセブはバカンスには最高の場所です。会社を退職してちょっと一息つきたい方には最適だと思います。

ただ、僕の女性の友達はネクシードに留学していますが、英語とプログラミングを同時に勉強するのが、けっこう過酷そうでした…。空き時間があったとしても、その日の英語とプログラミングの授業の復習に追われていたようです。あと、フィリピン人の男と付き合っちゃって、恋愛にうつつを抜かしていました。まぁ、そういうのも留学の面白さなのかもしれませんが。僕もフィリピンで韓国人に告白して振られてますし。。。

この手の「英語✕エンジニア留学」系の学校の話では、卒業してそのまま起業する方もいるそうです。うまくハマると、英語力とITスキルを活かし、会社や場所にとらわれず、インターナショナルな生き方ができる可能性があるのも、大きな魅力の一つです。

海外を一つの選択肢に

海外留学は、ついでに英語も勉強できて一石二鳥に思えますが、プログラミングに加えて英語にも慣れる必要があるし、お金もけっこうかかるわで、多少の覚悟が必要です。

カナダの場合は、Webという未知の知識を英語で勉強するため、その人の英語力によっては、日本語で授業を受けるより、知識の習得に時間が掛かってしまうかもしれません。一方、フィリピンの場合は、プログラミングの授業は日本語なので、その心配はありません。

でも、Webデザインを学ぶ場にも、Webデザインをスキルとして活かす場にも、海外を選択肢の一つとして追加すると、生き方の幅がグッと広がると思います。Webデザインとプログラミングは世界共通の言語だからです。さらにちょっとでも英語ができれば、海外で働くことは意外と簡単かもしれません。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“海外でWebデザインを勉強する方法” への5件のフィードバック

  1. ゆうか より:

    こちらの記事を読ませていただき、海外でデザインなどの留学を視野に入れていたので非常に助かりました。
    英語を学ぶために社会人になってワーキングホリデーとして海外に留学される方は多くいるのですが、デザインなどのスキルを学ぶために留学されている社会人の情報をあまり見つけられず、どのように得ようかと思っていたところです。
    このような、海外留学のサービスを受けるにあたって、基本的に英会話はある程度日本で身につけてからの方がいいですよね?
    また、現役Webデザイナーの方で、海外に学びに行ってそのまま海外就職されている方、もしくは海外に流れている人は結構多くなってきているのでしょうか?
    よろしくお願いします。

    • ねこポン より:

      ゆうかさん、コメントをありがとうございます。
      記事を参考にしていただいたようで嬉しいです。

      僕自身が海外でWebデザインを勉強したわけではないので、
      初めにどの程度の英語力が必要なのかはよくわかりませんが、
      日常会話くらいはできていたほうがいいような気はします。

      よほどタフであれば、英語力ゼロでもサバイヴできそうですが、
      初めから自分の意思が伝えられなくて、授業も全くついていけなかったら、
      豆腐メンタルの僕であれば、すぐに半泣きで帰国してしまいます笑
      しかも英語のみならずデザインやコーディングも習得していくわけですから大変そうです。

      Webデザイナーで、海外情報を積極的に発信しているのはFrogのマナさんやセナさんですが、
      その他の人の話はあまり聞かない印象です。
      そのへんはFrogが面談等をたまにやっているので、直接聞いてみるといいですね。

      英語の習得は僕の場合はオンライン英会話とフィリピン留学でした。
      フィリピン留学には多くの韓国人がいますが、彼らは一度フィリピンで基礎の英会話を習得してから、欧米に行くパターンが多いです。
      僕は結局日本に帰国後なんとなく留まり、いつのまにか4年くらい経ってしまいましたが。。

      ぜひ、勉強がんばってください^^

  2. カモミール より:

    ねこポン様のポートフォリオのテンプレートを使わせていただいています。どのようにアバウト部分の写真を丸ではなく四角にしたら良いのか分かりません。よろしくお願いします。

    • ねこポン より:

      カモミールさん、こんにちは。
      ベーシックテンプレート方であれば、imgタグに指定されているCSSのスタイルのborder-radius: 50%;の記述を削除すれば元々の四角の形に戻ります。この記述はstyle.cssの288行目に記述してあります。

      ガーリーテンプレート方では、画像自体が円です。四角い画像が良い場合はお好みの画像で上書いてください。

  3. カモミール より:

    ありがとうございます

カモミール にコメントする コメントをキャンセル

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ