Webの最新トピックを配信中!

Googleアナリティクスとは?基本の使い方を覚えよう

Googleアナリティクスは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールです。サイトのアクセス数やユーザーの平均滞在時間などをチェックできます。企業のサイトなら入れていないところはほぼ無いくらいの定番ツールです。
Googleアナリティクスは現場では略して「GA」とか「アナリティクス」と呼ばれています。
Googleアナリティクス公式サイト

導入方法はこちらの記事を参考にしてください。とてもわかりやすいです!
Googleアナリティクス登録・設定手順【これさえ読めばOK!】

事業会社(自社サービスを持つ会社)で働くWebデザイナーなら、自社サイトやバナーの改善のために、日々Googleアナリティクスを見る必要があるかもしれません。

Googleアナリティクスは機能がかなり豊富ですが、ここでは、最低限押さえておきたい定番機能に絞って解説します。

Googleアナリティクスの画面を解説


こちらが、Googleアナリティクスの画面です。僕のサイト『オモシロ英会話』の解析データ(過去30日分)です。

日毎のセッション数(訪問者数)がグラフで表示されています。グラフの下には、ユニークユーザー数やPV、直帰率などがまとめられています。各用語は後ほど説明します。この画面は、左のメニューの「ユーザー」→「概要」からチェックできます。よく見る画面の一つです。


Googleアナリティクスでよく見るのは、この赤枠で囲った部分です。「ユーザー」「集客」「行動」「コンバージョン」の4つの項目です。簡単に各項目を説明します。これらの項目を知っておくだけで基本は押さえたようなものです。

「ユーザー」項目

この項目では、ユーザーの市町村や見ているブラウザ、デバイス(PCかスマホか等)などのユーザー情報が見られます。設定によっては、もちろん推定ですがユーザーの年齢層と性別までわかります。

「集客」項目

ユーザーがどこから来たのかをチェックできます。検索なのか、どこか別のサイトのリンクなのか、それとも直接来たのかなど、あるいは、どんなキーワードで来たのかなど、ユーザーが来た経路を調べられます。

「行動」項目

ユーザーがサイトのどこを見たのかがわかります。ユーザーが見たページ一覧や、そのページのアクセス数などが見られます。「イベントクリック」という機能をテキストリンクや画像リンクに設定した場合、この項目の中の「イベント」で、クリック数が見られます。

「コンバージョン」項目

コンバージョンとは、成果のことです。この項目は、あらかじめコンバージョンを設定しないと機能しません。
例えば、サンキューページ(商品の購入完了ページ)のアクセスをコンバージョンとして設定することで、商品が売れたことを示すコンバージョン数や、ユーザーがサイト内のどのページを経由してコンバージョンに至ったかのフローを見ることができます。

各用語の解説

最初の頃は、僕はセッション数とページビュー、ユニークユーザーの違いがよくわかりませんでした。Googleアナリティクスで使う、わかりづらいWebマーケティング用語を解説します。

気になるのは適正値ですよね。ページビュー数はどれくらいあればいいのかや、直帰率は何パーセントなら低いといのか。このへんは合わせて紹介します。

セッション数

セッション数は、訪問者数や訪問回数であるとよく説明されます。一人のユーザーが何回訪問したかを表します。Googleアナリティクスの場合は、30分間隔で回数をカウントします。つまり、一人のユーザーが一度訪問し、再度30分後以降に訪問すると、2セッションになります。しかし、30分以内に再度訪問したとしても1セッションのままです。

ユーザー(ユニークユーザー)

これはわかりやすいですね。重複しないユーザーの数です。純粋なユーザー数ですね。

ページビュー

PVとよく呼ばれますが、ページが見られた数ですね。PVはサイトの価値を示す指標としてよく使われます。

10万PVを超えるブログやサイトはかなり優秀と言えます。上に載せた僕の英会話サイトは約15000PVですね。個人が運営するサイトとしては決して低くはない数値ですが、有名ブロガーになると、10万~100万PVになってきます。100万PVというのは一つの到達点ですね。ここまで行くとサイトに広告を貼るだけで生活ができるレベルです。
一般的な企業のサイトは2千~5万PVほどかと思います。あくまで僕の経験と感覚ですが。

ページ/セッション

1セッションが見た平均のページ数です。一人のユーザーが平均で何ページ見たかですね。
この数値が低いと「サイトの回遊性が悪い」とよく言われます。記事ページの場合なら、関連記事を表示したり、記事内リンクを設置するなど、回遊性を高める改善策が必要とされます。

この数値が「1ページ」だと少ないですね…。3ページ以上あると優秀だと思います。

平均セッション時間

1セッションが平均どれくらいの時間サイトに滞在したかを示します。

上で見せた画面の平均セッション時間は1分11秒ですね。3分以上あれば優秀だと思います。

直帰率

ユーザーがそのサイトかページだけを見て離脱した率ですね。つまり80%なら、10人中8人はそこを見た後に、別のサイトに行ったか、ブラウザを閉じたということになります。

60%以下ならかなり優秀なんじゃないでしょうか。僕の英語サイトは82%ですね…。

逆引きにも使えるGoogleアナリティクスの入門本

Googleアナリティクスにだんだん慣れてくると「あれ、こんな数値は調べられるのかな?」「このページを見ている人の地域を知りたい」など、さらに深掘りしたくなってきます。

そんな疑問を逆引きで調べられる本が『できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240』です。入門用にも最適なので、ぜひ読んでみてください。なんとKindleUnlimited(月額980円)なら無料でこの本読めちゃいます。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ