Webの最新トピックを配信中!

サジェストキーワードからサイトのコンテンツを考える方法

サイトのコンテンツを考える際に、サジェストキーワードを活用する方法をまとめておきます。

実際にユーザーが検索しているキーワードからコンテンツを導くため、精度が高く、ユーザーのアクセスが見込めます。企業のオウンドメディアや個人のアフィリエイトサイトのコンテンツ洗い出しや、ブログのネタ探しには必須の方法です。

サジェストキーワードとは?

サジェストキーワードとは、Googleで検索をする際に、一緒に合わせて検索されるキーワードです。「猫」という検索キーワードの場合、「猫 写真」「猫 種類」「猫 病気」などのキーワードと一緒に検索されています。つまり、ユーザーは猫に関して、猫の写真が見たかったり、種類が知りたかったり、猫の病気について興味があることがわかります。

サジェストキーワードを割り出し、各キーワードの検索回数を出し、さらにグルーピングすることで、ユーザーのニーズが把握でき、サイトに必要なコンテンツが見えてきます。

ステップ1.サジェストキーワードを調べる

試しに、本サイトのコンテンツを考えてみましょう。

未経験の方でもWebデザイナーになれることをオススメするサイトなので、『Webデザイナー』をメインキーワードとして設定しました。『Webデザイナー 未経験』だと、サジェストキーワードの数が少し少ないので、広く『Webデザイナー』としました。ちょっと広すぎかもしれませんが…、「Webデザイナー」を入れて検索する方は、Webデザイナーになりたいまだ未経験の方が多いのでは?という推測に基づいています。

サジェストキーワードはこのサイトから調べます。
関連キーワード取得ツール

左上の入力欄に「Webデザイナー」と入力し「取得開始」をクリックすると、サジェストキーワードの一覧が表示されます。Yahoo!知恵袋と教えてGoo!の検索結果も表示されるので、こちらもコンテンツを考える上でヒントになります。


ここでは、「全キーワードリスト(重複除去)」の一覧を全選択しコピーしておきます。

2.AdWordsの「キーワードプランナー」で検索ボリュームを調べる

次に、AdWordsのキーワードプランナーを用いて、月間の検索回数を調べます。

キーワードプランナーは、AdWordsで広告出稿(リスティング)をしないと、アバウトな検索回数(「月間10万~100万」とか)を表示して使いものになりません。実際、どれくらい出稿をしないとダメなのかテストをした結果、月にたった約100円分以上は出稿するだけで問題ないことがわかりました。なので、キーワードプランナーを使うためには、月100円分出稿する必要があります。

先ほどコピーした「Webデザイナー」のサジェストキーワードすべてを「オプション1:キーワードを入力」のフォームに貼り付け、一番下の「検索ボリュームを取得」をクリックします。

各キーワードとその検索回数の結果が出るので、「ダウンロード」をクリックし、一覧のCSVをダウンロードします。


ダウンロードしたCSVはこのような表になっています。D列の「Avg.Monthly Search」が平均月間検索回数です。「Webデザイナー」は12100回検索されているということですね。

これらのキーワードを目視で、マインドマップツールを使い、グルーピングしていきます。似たようなキーワードを分類し一つにまとめていきます。ツールは、XMindが無料でオススメです。すべてのキーワードを分類するとキリがないので、ある程度検索ボリュームが多いものを対象とします。

3.マインドマップツールで類似キーワードをグルーピングする

こんな感じです。かなりザックリしてますが。自分の場合は、検索回数が多いキーワードは黄色く網掛けして、さらにキーワードの横に括弧で検索回数も併記しておきます。クリックすると拡大します。

グルーピングをし終えると、「Webデザイナー」のサジェストキーワードたちはそれぞれ、「未経験」「学校」「求人」「資格」「需要・将来性」「仕事内容」などに分けることができました。つまり、これらの内容がユーザーが求めているコンテンツであると想定されます。

必要なコンテンツがわかり、さらにどのようなキーワードがどれだけ検索されているかが一目瞭然のため、ただ検索回数一覧のCSVを眺めるよりも、見やすくていいかと思います。

実はこのマインドマップを自動で生成してくれる「OMUSUBI」という神ツールがあります。
→OMUSUBI

調べたいキーワードを入力するだけで、サジェストキーワードのマインドマップを自動で生成してくれます。すごいですよね…。まぁでも、手作業でマインドマップを作れば検索回数もわかるので、本格的に調査するなら地道にマインドマップを作ることをオススメします。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ