Webの最新トピックを配信中!

デスクトップかノートパソコンか?メリットとデメリット


Webデザインを始めようと思ったら、デスクトップパソコンかノートパソコンのどちらがいいのでしょうか。

会社では、通常はデスクトップパソコンを使うことが多く、フリーランスだとノートパソコンのみか両方持っている人がいます。

デスクトップパソコン

メリット

単純に、安価なわりに性能が良いのがデスクトップパソコンです。また、拡張性が高いので、ハードディスクやグラフィックカード、メモリを追加してさらに性能アップも簡単です。

とにかく安く高性能のパソコンを用意したかったら、デスクトップパソコンを選択しましょう。

デメリット

当たり前ですが、持ち運びができないことですよね。

ノートパソコン

メリット

持ち運びができることですね。これはかなり重要です。フリーランスならクライアント先にPCを持っていくことは頻繁にあるし、カフェやコワーキングスペースで作業することもあります。また、勉強会やセミナーに参加する場合は、ノートPCはもはや必須の時代です。ハンズオンセミナーと呼ばれる講習では、直接その場でPCを触りながらコーディングやプログラミングのコードを書いたりすることがあるからです。

デメリット

デスクトップに比べると、性能が低いわりに高価になりがちです。ただ、最近では安価なわりにWebデザインには十分な性能を持つノートPCも出てきているため、ノートPCでも十分に作業はできます。僕はThinkPad E430という5年前の古いノートPCをデザイン制作用に使っていますが、いまだにちゃんと使えています。

ノートPCは、画面が小さくて、やや作業がしづらいです。大きめのモニターのものでも15インチが一般的です。デザインを制作する場合は、20インチは欲しいところです。そのため、家ではノートPCの画面を大きめのモニターに出力して使用することが一般的です。

結局どっちを選ぶ??

Webデザイナーとして、勉強会や今後フリーランスとして活動することも考えるのなら、ノートPCは持っていたいところです。

Webデザイナーのよくあるパソコン所有パターンは、この2つでしょうか。

  • 家にデスクトップ + 外用にノートパソコン(2台所有)
  • 家も外もノートパソコンのみ(1台のみ所有)

僕は下のノートパソコンのみのパターンですね。性能の良いノートPCを1台持っていれば、家でも使えるし、外にも持ち運べて便利です。2台あるとPC間でのデータの移動が面倒なんですよね。

あなたの働き方やライフスタイルに合わせて、選択することをおすすめします。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ