Webの最新トピックを配信中!

フォントのお得な入手方法


デザイン作業には高品質なフォントが不可欠ですが、普通にフォントを契約したり購入するとかなり高額になってしまいます。安く手に入れる方法を紹介します。

Macには最初から定番欧文フォントがインストールされてるのでそれほど困りませんが、Windowsユーザーは非常に惨めなフォント不足状況なので、なんとか数種類は手に入れておきたいところです。

かつて存在した伝説のフォント本

伝説はちょっと大げさだし、すでに入手は困難ですが…、かつて『TrueTypeフォントパーフェクトコレクション』という高品質フォントを大量にCDに収録した書籍が存在しました。

有名フォントの数々が収録されていました。例えば、Futura、Bodoni、Copperplate Gothic、Swiss 721(Helveticaの別名)、Humanist 777(Frutigerの別名)、Humanist 521(Gill Sansの別名か類似フォント)、Zurich(Universの別名)です。

なぜ「別名」を使っているのかという権利関係とこの書籍が激安で売られていた理由は、こちらで詳しく書かれています。

僕が求職者支援訓練に通っていた頃は、普通に書店で2980円で売られていました。すぐにアマゾンで買って片っ端から使えそうなフォントをパソコンにインストールした覚えがあります。周りのWebデザイナーの友人や先輩も当然のようにこれを買っていました。残念ながら、今は絶版になり、プレミアが付いてしまい17000円というトンデモ価格になってしまいました。

この本は入手困難なので、Design CutsのセールとAdobe Fonts、Googleフォントの活用を紹介します。

Design Cutsのセールをチェックしよう

『Design Cuts』という海外のサイトで、不定期でフォントパックのセールをやっています。「総額50万円を超えるフォントパックが3000円!」という怪しいセールストークですが、有名なFuturaやDINが入ったセットの時があるので買って損はないです。収録されている他のフォントもトレンドを反映したオシャレなものが多く、僕も実際に現場で使用しています。

Design Cutsのフォントセールは、毎回『PHOTOSHOP VIP』でお知らせされるので、PHOTOSHOP VIPのFacebookページTwitterをフォローしておくと、セールを見逃さずにすみます。

AdobeCCを契約しているならAdobe Fontsが使える!

AdobeのCC(Creative Cloud)のいづれかのプランを契約すれば、『Adobe Fonts』が使えます!有名欧文フォントも多く使えるし、最近は日本語フォントの数も大幅に増えました。Photoshop・Lightroomの月額980円プランでさえ、この恩恵が受けられるので必ず使うようにしましょう。

AdobeFontsが使える範囲は、PhotoshopなどのAdobeのソフトウェア上と、Webフォントとして利用の2つになります。

Futura、Bodoni、Copperplate Gothic、DINなどの欧文有名フォントから、ヒラギノ角ゴ/明朝が無いのが痛いですがモリサワの日本語フォントの一部が使えます。使えるフォントは『Adobe Fonts』のサイトから確認できます。

Googleフォントで代用フォントを探そう

『Googleフォント』は、Googleが無料で提供しているフォントです。Webフォントとしての利用だけではなく、フォント自体をダウンロードして使えます。

ダウンロード方法はこちらの記事で紹介しています。簡単です。
Google Fontsのダウンロード方法

Googleフォント内にあるフォント自体は有名ではないのですが、代替フォントとして利用できます。例えば、『Prata』というGoogleフォントは、Bodoniにソックリなのです。こういう代わりのフォントがGoogleフォントにはかなり多く存在しているため、似たフォントを手に入れることができます。

代わりのフォントを探す時は、例えばGoogleで「Helvetica 代替 Googleフォント」と検索すれば出てきます。英語で海外の記事を検索したい場合は「Helvetica alternatives google fonts」で調べられます。

とはいえ、非常に多くのくのサイトでGoogleフォントは利用されています。下記のフォントは定番のGoogleフォントで現場でよく使うためダウンロードしておくことをオススメします。

Googleフォントはいろんなフォントがあって見ているだけで楽しいです。全部無料なので自分好みのフォントをいくつかダウンロードしてみましょう。
ただ、フォントはインストールしすぎるとPhotoshopなどのソフトが重くなるので、入れ過ぎには気をつけてください。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社しスキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントしてぜひ登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ