Webの最新トピックを配信中!

WebデザイナーはMacかWindowsのどちらを選ぶべきか?

mac
かつてはMacが理想だと確信していました。

Macはクリエイターにとっては最高の環境です。美しいRetinaディスプレイを搭載し、高品質なフォントが最初からインストールされています。Mac自体のデザインもクールで所有欲を満たしてくれます。

先日、CSSniteというWebデザイン界隈では老舗のイベントに参加してきましたが、参加者のMacbook率がほぼ100%でしたw。Webデザイナーとフロントエンドエンジニアが個人で使用するパソコンでは、もうMacが圧倒的に優勢です。

僕は会社ではMacを、自宅ではWindowsを使っています。

最近はWebデザイナーにとって、Macがベストだとは思いません。
そう思う一番の理由は、ほとんどのユーザーがWindowsを使っているという事実です。

本当の意味でユーザーに寄り添ったデザインをするなら、ユーザーの環境と同じWindowsを使ってデザインをするのが理想なのでは?と今は思っています。

Macはモニターが美しすぎるのです。そのため、Windowsユーザーが使う一般的なモニターと比較して表示がわずかながら異なります
Macでデザインとコーディングをして「よし!綺麗!」と思っても、Windowsではフォントの表示が荒かったりします。
そもそもWindowsにはヒラギノフォントも無く、フォントのインストール状況もMacとWindowsで異なります。
また、MacではIE Edgeでの表示検証もできません(VirtualBoxを使えば可能ですが)。

デザインはユーザーのために行うものです。
だったら、最初からユーザーと同じ環境であるWindowsでデザイン作業をするのが、当然のような気がする
のです。
Macでデザインして綺麗!と思うのは、実は独りよがりな考えなのでは?と、MacとWIndowsを両方使用しながら思うようになってきました。

ここでは、その他、MacとWindowsのWebデザインにおけるメリット・デメリットと現場の現状をお伝えします。

Macは、デザインに最適化されている

メリット

Macは、デザインをする上で必要な要素を最初から備えています。

  • デザイナーがよく使うフォントがインストール済み
  • Retinaディスプレイの高解像度と発色の圧倒的な美しさ
  • 最新コーディング手法の導入がラク

フォントについては、Macの圧勝です。プロが使う高品質フォントが最初からインストールされているのです。Windowsのしょぼさといったら本当に情けないものです。Macの素晴らしいフォントは、日本語なら「ヒラギノ角ゴシック」「ヒラギノ明朝」「クレー」「筑紫A丸ゴシック」あたりで、欧文なら「Helvetica」「Avenir」「Bodoni」「Futura」あたりです。これらのフォントはデザイン作業ではよく使います。

iMacやMacbookを見たことがあるなら、モニターの色表現の美しさに気づいたと思います。デザイン作業をするなら質の高いモニターは必要なので、この点でMacが有利です。さらに、高解像度のため、きめ細かい美しい描写はたまりません。

また、コーディングについて言えるのは、特にフロントエンドエンジニアの人にとって、GulpやSassなどコーディングに便利な機能をインストールしたり操作するのがMacの方がスムーズです。WIndowsだとたまにうまくいかないことがあるのです…。フロントエンドエンジニアとして活躍したい人はMac一択という認識で大丈夫です。

その他のMacの大きなメリットは、Windowsも使えてしまうことですね。Bootcampという機能を使えば、MacなのにWindowsもインストールできて、両方使えてしまいます。
あと、iPhone/iPadアプリの開発がMacならできます。基本的にはWindowsではできません。iPhoneアプリが作りたいならMac一択になります。

デメリット

Macは安価なモデルもありますが、性能が良いMacbookProとなると、いきなり値段が跳ね上がります。例えば僕が今買い換えたいと思っている15インチのMacbookProはメモリを16GBにアップグレードしたり少しカスタマイズをして、なんと30万円の価格になります…。ほぼ同じ性能のWindowsのノートパソコンなら、16万円ほどです。けっこう高価なのです。
ただ、ProではなくMacbookなら15万前後、MacbookProでも一年くらい前の中古で旧モデルを買えば20万でかなりスペックが高いマシンが手に入るので、Macbookか中古も検討すると多少は安上がりになります。

また、操作性については、長年Windowsを使っているユーザーによっては、初めてMacを触ると面食らってその日に返品してしまう人もいますw僕の知り合いですが。コントロールキーの位置も違うし、WindowsにはあるのにMacには無いフリーソフトがあって使い勝手も変わったりと、慣れることができない人にとっては、つらいほどの使いづらさがあります。

Windowsは、とにかく馴染み深い

メリット

昔からずっとWindowsを使っているなら、とにかく使いやすい!の一言でしょう。Photoshopやコーディングなど新たなWebの知識を学ぶのに、馴染みの環境があることは本当に心強いです。だって、Macが合わず購入してすぐ返品しちゃう人もいるぐらいですから。

Web制作の現場では、Windowsユーザーが意外に多いのも、Windowsで慣れておくメリットにもなります。
デザインやコーディングの制作ツールとして素晴らしいMacなら、Web制作会社は全部Macにしちゃえばいいわけですが、そうはなっていません。現場ではWindowsの勢力が強いです。これは、Webディレクターや管理部、人事部など会社にはMacを使わない人も大勢いて、その人たちに合わせる必要があるからだと僕は思っています。
Mac-WIndows間でデータのやり取りをすると、「Macで圧縮したファイルをWindowsで解凍するとたまに文字化けする」「Windowsにとって不要な余分なファイルをMacはファイル内に生成してしまう」など、地味ながら混乱を生み出すのです。そのため、依然としてWindows一択になりがちなのです。

デメリット

これはもうMacのメリットの裏返しですね。最初からインストールされているフォントがしょぼすぎるし、最新のコーディング手法を取り入れる際に、ややつまづく可能性があります。

結局どっちがいいの?

自分の仕事の領域に合わせて、MacかWindowsを選ぶのが良いかと思います。もうMac一辺倒の時代は終わったと思っています。

チラシやサイトのデザインのみをするなら、美しいモニターを持つMacが理想的です。また、コーディングのみ、というかフロントエンドエンジニアになりたい方は、最先端の技術を導入しやすいMac一択で大丈夫です。

コーディングもデザインも両方まんべんなくやりたい方、あるいはWebディレクションもやる方は、ユーザーやクライアントと同じ環境であるWindowsをオススメします。環境までも含めてユーザーに寄り添うことが、Webデザインの役目だと思います。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ