カテゴリ
本サイトはプロモーションを含みます。

自分の顔のLoRAを作成しAI画像を生成したら笑えた

「好きなキャラのLoRAを作ってみたい!」
と思い立ち、
「…いやでもアニメやゲームのキャラは著作権とか厳しそうだし、じゃあ自分の顔で作るか!」
ということで、自分の顔のLoRAを作ってみました。上の画像が「自分の顔LoRA」で生成したAI画像です。

僕がLoRAを作った方法が、こちらのYouTube動画で紹介されている「Kohya LoRA Dreambooth」という方法です。この動画の流れの通りに簡単にLoRAを作ることができました。有料プランのGoogleColab上で作成できました。

現在はこの動画で紹介されている「Kohya’s GUI」で、より簡単に作れるようです。僕は試してませんが、Kohya’s GUIは画面上で設定をしていくだけで簡単に作れそうですね。

やはり面倒だったのが学習画像の用意です。自撮りで自分の顔を撮影してPhotoshopで背景を抜いて768x768pxの正方形画像を作りました。100枚作りました…疲れました。本当は首から下は不要で顔だけがベストだとは思うのですが、あまりに面倒なのでテキトーに上半身裸の状態だったりワイシャツを着ています。
アニメやゲームのキャラの場合は、コスチュームも重要なので、背景だけを切り抜くだけでいけそうですね。

以下が、自分の顔のLoRAで生成したAI画像です。

ちゃんと僕の顔がそれなりに反映されていますねw
ベースのモデルは、イラスト風ならDreamShaper、実写風ならChilled_remixかBRAを使用しています。この2枚の画像はDreamShaperを使用しています。

こんな架空のバナーを作って遊べますね。背景の足りない部分はPhotoshopのAI機能の「生成塗りつぶし」で拡張できるので、ここでもまたAIが役立ちます。

プロンプトに「1girl」や「long hair」を入れれば髪を長くして女性っぽくなります。自分が女性だったらどんな顔だろう?を確かめられますねw

スーツを着させたら証明写真にも使えるかなと思ったのですが、やはり顔が似て非なるものなんですよね…。100枚程度の学習画像では足りないようですね。趣味でやるなら荒唐無稽な世界観の画像を生成するのが良さそうです。AIコスプレイヤーという言葉が流行りましたが、まさにAIコスプレですね。

ベースモデルとなるDreamShaperは万能で優秀なので、ホラー風やファンタジー風などいろいろなAI画像が生成できて面白いです。「実写風のAI画像は実在する誰かに似てしまったらまずい問題」があるので、自分の顔のLoRAならそれはあまり問題になりづらいかもしれませんね。

趣味を超えて、ゲームのキャラとして使用したり、動画にして喋らせるなど、いろんな活用方法がありそうですね!ぜひオリジナルのLoRAを作ってみてはいかがでしょうか。

SeaArtというオンライン上のAI画像生成サービスでもLoRAが作れるそうです。LoRA作成はどんどん簡単になっていきそうです。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社することを強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強い『ワークポート』『Webist』の2つです。
※コロナもほぼ収まりつつありますが、まだワークポートもWebistですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために、ポートフォリオを制作後に登録しておきましょう。

コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、50〜60万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』のようなスクールに行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。

他にも、PHPに特化した無料の『無料PHPスクール』もあります。PHPはがっつりプログラミングの言語である一方で、ECサイト構築やWordPressにも使われるWeb系と親和性が高い言語なので、Web系に進みたい人には無料PHPスクールはオススメです。23日間通学でけっこうハードなカリキュラムです。

この2つの学校のどれかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

コラム③:ポートフォリオのチェックリストをnoteで販売中!

「ポートフォリオを作ってみたけど不安...」「周りにレビューをしてくれる人がいない...」
そんなお悩みを解決するために、ポートフォリオのチェックリストを作りました!27,000文字以上の大ボリュームです笑。noteで販売中です。激安のワンコイン500円です。このチェックリストで改善点を見つけて、少しでもポートフォリオの質を上げて、自分が望む就職に繋げましょう!

コメントは受け付けていません。

上への矢印