Webの最新トピックを配信中!

HTML/CSS – コーディングに必要なスキル

HTMLとCSSは、Webデザイナーにとって最も基本的で重要なスキルです。この2つを用いて、サイトを作り上げていきます。ここではHTMLとCSSの超基本を解説します。

HTMLとは

HTMLはサイトを構成するタグのことです。こちらがサンプルです。

 

headタグ、bodyタグ、divタグ、pタグなどが見られると思いますが、これらのタグでサイトを構築していきます。この作業をマークアップと呼びます。<body>~</body>で囲まれた部分が実際に表示される部分です。なので、この場合はシンプルに白い背景に「こんにちは!にゃご~」と表示されるだけです。

CSSとは

CSSは、マークアップしたHTMLに対して、文字の色や大きさなどの装飾を施していくスタイルのことです。こちらがサンプルです。

HTMLのサンプルをもう一度見てください。「こんにちは!にゃご~」を囲んでいるpタグにclass=”text”と書いてありますね。これによって、CSSで上記のように書くとスタイルがあたることになります。つまり、「こんにちは!にゃご~」は「赤色・文字サイズ18px・文字太め」で表示されるのです。赤色は「#ff0000」ですが、これは覚えなくても大丈夫です。Dreamweaverでコーディングをしていると自動でカラーチャートを出してくれるので希望の色をクリックするだけでOKです。

HTMLとCSSを書くためのエディタ

HTMLとCSSを書くためにはエディタが必要です。Windowsに付属しているメモ帳でも書けますが、プロは使いません。

現在一般的に使用されるエディタはAdobeのDreamweaver(ドリームウィーバー)か、フロントエンジニアに人気があるのはSublime text(サブライムテキスト)Atom(アトム)WebStorm(ウェブストーム)辺りです。Adobe製のBrakets(ブラケッツ)も、PSDをエディタ内で開いてマージンなどが取得できる機能が徐々に人気になり、強く支持しているWebデザイナーもいます。

Dreamweaverは少し重いですが機能が豊富なので企業内ではよく使われているため、基本的な使い方は覚えておきましょう。一方、SublimeやAtomは機能が絞られている分、動きが軽快で、しかも無料(Sublimeは有料だが無料のまま使えてしまう)なので、個人用にぜひ使ってみてください。

僕は、会社時代はDreamweaverを、自宅ではAtomを使っています。最近、SublimeからAtomに乗り換えました。Atomはプラグインという追加機能をインストールするのがラクなのと、なんとなくですが、Dreamweaverに操作感が近い気がします。僕はずっとDreamweaver派だったので…。

ちなみにどうでもいいかもしれませんが、Dreamweaverの略し方については人それぞれなのが面白いです。人によっては、「ウィーバー」や「ドリ」と呼んでいます。一度、「ドリーム」と呼んでいる人がいて、なんてロマンチックなんだと感動した記憶があります。ちなみに僕は「ドリちゃん」と呼んでいます。

初心者の方は、可能であればドリちゃん(Dreamweaver)か、Atomを使うことをオススメします。

就職・転職前にHTML/CSSをどれくらい習得しておくべきか

HTMLやCSSの一般的に使用するタグたちは覚えましょう。レベルとしては、floatを用いて画像を横並びにしたり、問い合わせフォームの設置、positionを使った絶対配置などを使ったシンプルな数ページのサイトが作れるようになっていれば問題ないです。
また、before/after疑似要素やz-indexも使うシーンがあるので、こちらも知識としては押さえておいてください。

現在、HTMLはHTML5となり、CSS3も登場しています。CSS3ではborder-radiusなど角丸やグラデーションの作り方は最低限実装できるようにしておきましょう。FlexboxやGridなどの新機能が追加されているため、これらについては実装まではしなくても、知識としては知っておいてください。

HTML/CSSを独学で勉強する方法は下記にまとめました。
HTML/CSS/独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ