Webの最新トピックを配信中!

Mac(Catalina)にWindows10を入れてみた。Bootcampに翻弄されて5時間近く掛かりました…


5時間も掛かったぞ!!

IEとEdgeの検証のためにWindows10マシンが欲しくなったので、Bootcampを使ってMacにWindows10を入れました
MacのOSは最新のCatalinaで、機種はMacBook Pro(15インチ/2017年モデル)です。

他の方の体験記事では
「1時間でサクッと終わりました!超簡単〜♪」
って書いてるので、優雅にコーヒーでも飲みながらやろうと思ってたのに、実際は焦って脇汗だくだくになりながら5時間くらい掛かりました…!!

3つの罠にかかりました。自分だけかな、引っかかるの…。

僕のように困る人が出ないように、作業の流れを詳しく記しておきます。

用意するもの

  • Windows10のISOファイル
  • Windows10のライセンスキー
    (インストール後に購入でもOK)

この2つだけです。
Catalinaなど最新のMacOSでは、USBメモリは使わないので不要です。

Windows10のISOファイルというのは、Windows10そのもののデータです。これはMicrosoftのサイトから無料でダウンロードできます。そしてWindows10をインストール後に、Amazonで購入したWindows10のライセンスキーで認証をする、という流れです。

ちなみにライセンスキーの認証をしなくても30日間はWindows10使えちゃいます!
なので、ちゃんとWindows10のインストールが終わった後にライセンスキーを買う方が精神衛生上よいです。何かのエラーでインストールが失敗したりしたら無駄金になっちゃいますからね。

Windows10のISOファイルの入手

Microsoftの公式サイトから、Windows10のISOファイルをダウンロードします。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード
URL: https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10ISO

エディションの選択は、「WIndows10」を選択し、言語は「日本語」を選択。


64bit版をダウンロードします。
ここが第1の罠ですね。5GBほどのデータですが、夜でネットが遅かったせいかダウンロードするのに2時間近く掛かりました。てっきり10分程度で終わると思っていたのに。


ダウンロードしたISOファイルはデスクトップに置いておきます(実際はどこでもいいです)。

Windows10のライセンスキー

次にライセンスキーの購入方法です。

windows10

Microsoft Windows 10 Home April 2018 Update適用 32bit/64bit 日本語版【最新】|オンラインコード版

Amazonでこちらのオンラインコード版を購入しました。
17926円って…高い…。Winマシンを別途で買うよりはマシだと自分を説得しました。

オンラインコード版なので、購入するとすぐにAmazon内のページでライセンスキーが発行されます。


「アカウントサービス」→「ゲーム&PCソフトダウンロードライブラリ」ページに行くと、


ライセンスキーが確認できます。あとでWindows上で入力するので、写メを撮っておくと良いです。

どうでもいいんですが、なぜか購入回数の表示が2回になっていてビビりました。
「え?購入するボタンをダブルクリックしちゃったのかな!?」
と平成のインターネット的な発想になりましたが、そういえば10年くらい前に懐かしの白いMacBookにWindows7を入れたことを思い出しました。その時の購入回数が反映されているようです(たぶん)。バージョンが違いますが、同一商品という認識なんですかね。

MacにWindows10用のパーティションを作る

まずはBootcampを使ってMacにWindows10のパーティション(領域)を作ります。


Bootcampは「アプリケーション」→「ユーティリティ」内にいます。


こちらをクリック。


Bootcampアシスタントが起動します。
「続ける」をクリック。


よくわかりませんがiCloudのキャッシュを消してくれます。これは10秒くらいで終わります。


パーティション作成画面です。初期値は48GBです。どれくらいが適切なのかよくわかりませんが、そのままにしておきました。
ISOファイルの場所はMac側で勝手に見つけてくれて選択状態になっています。

そして「インストール」をクリックすると、第2の罠が待ち構えていました。


これが今回の最大のトラップでした。
「Windowsサポートソフトウェアをダウンロード中…」とありますが、この進捗状況から一向に進みません…。
15分経ってもプログレスバーが進まずにこの状態なので、せっかちな僕は中止ボタンをクリックしてしまいました。
実際はここで中止をしてはダメで辛抱強く待てば進むことがわかりました。


中止をして、先ほど作成したパーティションを消します。

そして、もう一度パーティションを設定し、再び第2の罠へ。


今回は辛抱強く待ってみました。なんと40分くらい経ってからようやく進みました。こんなに掛かるのかい?!


その後は順調です。


サクサクと必要なファイルがインストールされていきます。


いい感じです。


パーティション作成が終わり、必要なファイルがインストールされると、パスワードを求められます。
指紋認証で続けます。

Windows10のインストール

再起動し、Windows10のセットアップ画面に入ります。


やったー!!Windowsっぽい感じだ!
…….と喜ぶのはまだ甘かったです。

ここで第3の罠にハマります。


でた!ブルースクリーン的なエラー。こわっ!!

Your PC ran into a problem and needs to restart. We’ll restart for you(問題あるから再起動するぞ)
ということで再起動しますが、また同じエラー画面が登場!

エラーコードは、WHEA_UNCORRECTABLE_ERRORです。
ググるとこのコードの場合、ごくまれにCPUに問題がある事例とか出てきてゾッとします。
ここでライセンスキーを買ったことを後悔し始めます。もうダメかもしれない…一生MacにWindowsをインストールできない人生なのかもしれないと絶望的な気持ちになりました。

仕方なく最初からやり直すことに。


はい、再びパーティションを削除します。


そういえばHDMIで外部ディスプレイをつけっぱなしにしてたので、試しに外してみます。
これで直れ〜〜!

パーティションを再び作成し、再起動になると、


うわっ!いけた!!
外部ディスプレイ関係あったのかな… よくわかりません笑


ライセンス認証はインストールが終わってからやりたいので、
「プロダクトキーがありません」をクリック。


WIndows10のインストールが始まりました。


わぁ!Windowsきたー!!


その後はおなじみの設定画面です。
Wifiの設定を求められましたが、なぜかこの時点では設定できないので無視して進めます。
あと、USキーボードのせいか日本語入力ができません。セキュリティの質問にローマ字で答えます…。


おぉ〜、無事にWindows10入りました〜!
自動でBootCampインストーラーが立ち上がるので、そのままインストールしておきました。

MacOSかWindowsOSのどちらを利用するかは、PC起動時にoptionキーを押したままにするとOS選択画面が出てきます。

はぁ…長かった。
Windowsとの対面は約3年ぶりです。マウスカーソルの動きがめっちゃ早くてゾワゾワします。
あとやっぱり文字の表示が汚い。メイリオの表示が荒くてつらいものがありますね。。Macがいいなぁ。

ライセンス認証

これで安心して、ライセンス認証に進みます。


左下のWindowsボタンを押して、「設定」をクリック。


「更新とセキュリティ」をクリック。


「ライセンス認証」をクリックします。


最初に写メっといたライセンスキーを入力します。


認証完了です!

USキーボードの設定

残りはキーボードの設定です。

その前になぜだかMagic Keyboardがつながりません。


Bluetoothの設定画面を見るとちゃんとつながっていますが、タイプしても反応せず。
ググるとなんだか面倒そうな方法ばかりだったので、仕方なくUSBケーブルでつなげることにしました。

あとはUSキーボードを使っているので、日本語変換の設定が必要です。
こちら方の記事がとても参考になりました。
USキーボードのMacでBootcamp コマンドキーでかな/英数変換とショートカットの両立【Karabiner代用】
AutoHotKeyの設定ファイルも用意してくれているので、それをまるっと使わせていただきました。本当に助かりました!これでMacとほぼ同じ速度で作業ができます。
日本語キーボードの方もCommandキーをWindowsのCtrlに割り当てた方がいいと思います。下記の記事が参考になります。
MacbookProのBootcampで、CommandボタンをCtrlキーにする方法

はぁ疲れた…。これにて完了です。
今までVirtualBoxを使ってIEとEdgeの検証をしていましたが、これで完全な検証環境が整いました!

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ