Webの最新トピックを配信中!

ジンギャザ2017でオシャレ過ぎるZINEをゲットしてきた

ZINEのイベント『TOKYO ZINESTER GATHERING2017』に行ってきました。通称ジンギャザ。

ZINE(ジン)は個人が制作する本とか雑誌のようなものです。ジンギャザでは、制作者が直接自分たちのZINEを販売していました。

めっちゃオシャレなZINEに出会えてヤバかったんだけど、まず会場の入口がヤバイ。

怖い。会場の寄り駅が「桜台」っていう時点でどこ…?と動揺した(西武新宿線でした)んですが、入り口が極めて普通のアパートでさらに動揺しました。しかも階段を登るかと思いきや、会場は地下でした。

なんかもう下手したら監禁されそうな世界観の階段を下ると、

レジスタンスのアジトみたいな空間が広がっていました。この時点でかなりワクワク興奮していました。

本会場からそれて、中2階みたいな所に行くと、ZINEの見本誌に群がっている人たちがいました。みんなお目当てのZINEを探したり、一心不乱に読みふけったりしてるみたいです。

こちらが本会場。みんな床に座って販売してます。なんだか荒廃した近未来のアジト感がハンパないです。アメリカ人っぽい人や中国人のお客さんもいて微妙に国際的です。携帯の電波も入らない密室空間。

ZINEって最近でこそオシャレオーラを醸し出すようになったけど、こういう闇市のような所がすごく似合うと個人的には思います。世の中の検閲をかいくぐるような怪しさが好きです。


会場には10団体くらいブースがありましたが、個人的にもう圧倒的にデザイン性が高いと思ったのが、ANOUTAさんの『작은大理石』。CD入りのZINEです。

このシルバーと黒が生み出す、なんというか密やかで都会的なスタイリッシュさと、無機質な匿名性の世界観が素敵で美しい。どこかレコードのジャケットを思わせるような縦横比も斬新で飾っておきたくなるし、紙の質感とインクの手触りの良さも最高です。モノとしてずっと手元に置いておきたくなる作品。完成度の高さとこだわりが冴える素晴らしいZINEでした。もうズキュン….ズキュンズキュン!と心を撃たれました。

『작은大理石』についてはANOUTAさんのTumblrで詳しく紹介されています。ぜひ見てほしいです。

もうひとつ見入ってしまったのがPerzine BluesさんのZINE。無料なので全種類もらっちゃうほど素敵なデザインでした。スタッフの人に聞くとプロのデザイナーさんとのことで納得だった。CDも買ったんですが、曲のセレクトがもう自分にドンピシャ。こういう出会いは本当に嬉しいです。

 

僕にとってZINEの面白さは、「自分に合う世界観や主張のZINEに出会う」という行為な気がします。出会えた時はかなり嬉しいです。それは、自分と同じ感性がこの世に別の場所に存在した!と思えるからです。まるでソウルメイトに出会えたような感覚。それぞれのZINEに良さはあると思いますが、やっぱりまったく興味が持てないZINEもあるし、どっぷりハマるZINEもあって、で、それでいいんだと思っています。

今回、ジンギャザに来て、ZINEを見てると、自分たちの生み出したい世界観や主張を伝えるために、デザインが重要な役割を担っているなぁと感じました。ZINEは中の文章よりもZINE自体の形にメッセージ性が強く出ると思います。だから、微妙なニュアンスを自分たちの内部から汲み上げ、精確にZINEという形に仕上げるには、ある程度のデザイン力が必要なのだと感じました。

かなり刺激を受けるので、また機会があればZINEのイベントを見つけて行ってきます!

TOKYO ZINESTER GATHERING2017公式サイト

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ