Webの最新トピックを配信中!

韓国のデザインの色使いが異常に研ぎ澄まれている理由


韓国のクリエイティブに、数年前からハマっています。

日本では、女子高生を中心に、韓国のメイクやファッション、音楽、化粧品、雑貨や韓国国内のカフェに至るまで、かなりの人気で注目されています。ガールズグループのTWICEは、SoftbankのCMにも出演しました。

僕は新大久保(東京のコリアンタウン)の近くに住んでいますが、土日の混雑ぶりは異様です。馴染みの店も女性客がいっぱいで、並ばないとサムギョプサルが食べづらくなってしまいました……w

世界共通の言語「色」の活用

なぜ、これほど韓国のクリエイティブが注目されているか、様々な理由はありますが、一つの大きな理由として、韓国のデザインの巧みな「色」使いによるものだと考えています。

僕がハマってしまったきっかけは、4年ほど前に、f(x)というガールズグループの曲「ピノキオ」のミュージックビデオに出会ったときです。

みんなかわいい!!………それは置いておいて、配色がとにかく美しくて一瞬で心を鷲掴みにされました。世界観を表現するのに、色をかなり効果的に使っています。

韓国のデザインの色使いがうまいのは、特に韓国の音楽業界は国内だけではなく世界を市場として捉えているためだと思っています。K-POPのリズムについても、よく言われていますが、キャッチーなリズムを繰り返し多用し、頭に、記憶に残るテクニックを意識的に利用しています。
韓国は人口が少なく、音楽産業では外貨を稼ぐ必要があるため、曲のリズム以外にも、「色」という世界共通の媒介手段を使って、世界中にファンを増やすことを狙っているように思います。

「色」は世界共通の言語ということです。喜怒哀楽の感情を醸成するには、効果的な手法です。色の効果的な利用は、人の心を掴むには最適なテクニックです。
そのため、韓国では、色使いが巧みなクリエイティブがどんどん研ぎ澄まされている印象です。

EXIDの「DDD」での色使いは圧巻です。Webデザインの世界でもデュオトーンという2色のみのトーンが流行中ですが、こちらもデザインのトレンドをがっつり掴んで制作されています。そのため、常に最先端で新鮮な印象を与えることに成功しています。

ガールズグループばかり紹介していると、「ただかわいいから好きなだけだろ」と誤解されそうなので……、男性グループも紹介すると、日本の女性ファンもかなり多いBTS(防弾少年団)のMV「DNA」も本当に素晴らしいです。

さわやかなパステルトーンでソフトな印象を与え、同時にビビットなトーンも用いて、ダイナミックな躍動感も演出し、鮮烈な印象を残します。ひとりひとりのファッションにも大注目です。

韓国の色使いに興味があるなら、他にも、配色が美しいMVは無数にありますが、IUの「Twenty-three」や、RedVelvetの「Russian Roulette」も必見です。

韓国のWebデザインの例 -Kakao Pay-

韓国のWebデザインについては、最近、惚れ惚れとしたのが「Kakao pay」のサイトです。

Kakao Talkは日本のLINEと同じチャットアプリですが、韓国の95%のスマホにインストールされていると言われています。Kakao payは、そのKakao社の、モバイルペイメントサービスです。店頭で支払いができたり、送金機能があったりと、LINEpayみたいなもんですね。

まず惹かれたのは、シンプルな美しさです。韓国のWebデザインは日本と比べると圧倒的にスッキリとしてシンプルです。それでいて美しい。まぁ、日本のWebデザインが説明要素が多すぎてゴチャゴチャした印象があって特殊なのですが。

上で紹介した多色使いのMVと打って変わって、黄メインのシンプルで効果的な配色で、強い印象を残しています。やっぱり、色の使い方が巧みだなぁと感動してしまいます。

僕はハングルは読めるけど単語の意味まではわからないというレベルなので、詳しく解説はできませんが、このサイトでは、上から、Kakao payを使うタイミングを時系列でセクションごとに表現しているんですよね(韓国語わかる方教えてください……)。使用シーンをイメージできて本当に素敵です。Kakao payを使うスマートさやクールさを追体験できる構成とデザインです。

ちなみに、10:38amの背景画像は、どこかで見た記憶があったのですが、Unsplashのフリー素材です。フリー素材なのにうまく活用して、これほどまでに美しく洗練された印象を出しているのが凄いです。

これが、LINE payだとこうなります。

まぁ、どちらが成果を出すのか、どちらが良いデザインなのかは置いておいて、Kakao payのサイトは見ていて惚れ惚れするような楽しさがあります。

日本のサイトとのこんな違いが、韓国のWebデザインを探し学ぶ楽しみがあって、ハマっているわけです。今後も、韓国の素敵なデザインのサイトが見つけて、どんどん紹介していきます!

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ