Webの最新トピックを配信中!

内定が出ない人は、需要のある「コーディング」に比重を置いて就職活動をしよう


「なかなかWebデザイナーとして内定がでません…」、そんな方は“デザイン”に比重を置きすぎていませんか?

まずは現場に入ることが重要です。基礎的なコーディング力を認めてもらい現場に入って、少しずつデザイン案件をやらせてもらうという流れが採用されやすいです。
そのため、最初は“デザイン”よりも“コーディング”の領域に比重を置いて転職活動をしましょう。

内定が出ない場合はこの2点をチェック!

Webデザイナーとして内定が出ない人は、自分が次の2つの状態に陥っていないかをチェックしてみてください。

  • 「デザインをやりたい!」とアピールし過ぎている
  • 基礎的なコーディングスキルがまだ無い

この2つを解説していきます。

「デザインをやりたい!」とアピールし過ぎている

デザインのスキルは、現場で先輩や上司から何度もデザインのフィードバックを受けて、腕を磨き続けて、ようやく基礎レベルに到達します。最低でも1年は掛かります。

そのため、未経験の状態のデザインスキルでは、正直、現場では通用しません。なので面接で「デザインを中心にやりたい!」とアピールしても、なかなか採用されないのです・・・。

習得に時間が掛かるスキルなので、“デザインができる”という理由で未経験の方が採用されるケースは少ないです。もともとイラストを描いていてデザインの素地があるか、ポートフォリオのレベルがかなり高くポテンシャルが期待できると判断された場合のみ、例外でデザイナー枠として採用されます。

基礎的なコーディングスキルがまだ無い

一方で、コーディングなら基礎レベルでもなんとか戦力になるので、コーディングが少しでもできるならグッと採用されやすくなります。

コーディングは、本来はかなり奥深い世界で、拡張性が高い構造のHTMLとCSSを書くのは実は難易度が高いです。でも、ペライチのページのコーディングや、ページの一部のテキストやリンクを修正するだけの運用案件であれば、コーディングが基礎レベルでも十分に対応が可能です。
またタイミングにもよりますが、社内ではデザイン案件よりもコーディング案件の方が多いことが一般的です。需要があります。

コーディングが多少でもできれば「採用してみようか」という話になります。

Webデザインを学習する上で、
デザイン力向上に時間を掛けすぎていないか・・・
ポートフォリオでコーディングスキルをきちんとアピールできているか・・・
そもそも基礎的なコーディングスキルは持っているか・・・

これらを確認してみましょう。

コーディング力で入社し、デザインも少しずつやらせてもらう

僕がWeb制作会社に入った時も、

「最初はコーディングからやろうか、慣れてきたらデザインの方も少しずつやっていこう」

面接時に、社長にそう言われました。
コーディングのスキルがあったからこそ雇ってもらえたのです。最初こそ、テキスト修正などの単純なコーディング業務でしたが、やがて、多くのサイトのデザインをやらせてもらえるようになりました。

Webデザイナーを目指しているのなら、コーディングは必須スキルです。どのみち基礎レベルは必ず習得する必要があります。未経験のうちに、しっかりコーディングの基礎を押さえておきましょう!採用もされやすくなるし、今後Webデザイナーとしてまっとうに成長していけます。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“内定が出ない人は、需要のある「コーディング」に比重を置いて就職活動をしよう” への3件のフィードバック

  1. mutuki より:

    はじめまして、30代後半男、mutukiと申します。
    元接客業と在宅でライターをしていましたが、いまは無職です。独学で未経験でウェブデザイナーの勉強しています。(求職支援も受けようと思ったのですが、すぐには受けられるわけじゃないんですね・・。諦めて自分で勉強する事にしました。)

    こちらのサイトを参考にさせていただき、ポートフォリオを作成し求人に応募したのですが、5社ほど応募しても結局反応がなく、書類選考で落とされるばかりで落ち込む日々です。今後もこれを続けてもいい結果が出る気がせず悩んでいます。

    そこでアドバイスをいただきたくねこぽんさんに質問してみようと思い立ちました。

    ①論理的なデザインや説得力のある言葉を学ぶにはどうすればいいですか?
    自分のデザインやポートフォリオには何が足りないのかはなんとなくわかっていて、落とされた理由もたぶん自分のデザインは上っ面だけで論理性や説得力が足りない事、そのデザインについて表現したり説明する言葉が足りない事だと思っています。そうした部分での勉強法などがあれば教えていただきたいです。

    ②ウェブサイトを運営している方が有利になりますか?
    今までwebサイト運営自体をしたことがないのですが、webサイト運営をしている人としてない人では、書類選考通過率や面接官の反応などは変わる物でしょうか。その辺についてもお教えいただけると嬉しいです。

    ③ギャラリーサイトの見方のコツを知りたいです
    ギャラリーサイトをいくつも見ているのですが、どのサイトもパララックスなどを使った派手なサイトばかりが多くて、どうしても良いデザインがなんなのかわからなくなるのです。シンプルなサイトもあるとは思うのですが、そうした派手なサイトばかりが目に付いてしまって、ギャラリーサイトを見るのがおっくうになってしまい敬遠してしまいます。

    その結果自分の考える見やすいサイトや読みやすいと思われる単調なサイトばかりができてしまいます。デザインの幅が全く広がらずに悩んでいます。どのように改善すると良いでしょうか。ギャラリーサイトの見方のコツなども教えていただけると嬉しいです。

    この3つの質問についてお忙しいかと思いますが、どうかよろしくお願いいたします。

    • ねこポン より:

      mutukiさん、はじめまして。
      転職活動、なかなか大変なようですね。。ご質問に回答していきます。

      ①論理的なデザインや説得力のある言葉を学ぶにはどうすればいいですか?
      水野学さんの本に『センスは知識からはじまる』という本がありますが、デザインの論理性や説得力は、まずは「知識」から始まります。

      書籍『センスは知識からはじまる』
      https://amzn.to/2Otqquy

      知識はクライアントについての知識です。例えばクライアントがパン屋さんでホームページを作ろうとしているなら、そのパン屋さんの理念やサイトが目指すゴール、雰囲気や使うべき色などの要素です。そこをきちんと把握していれば、的確なサイトデザインが作れるし、デザインの意図をクライアントに高い精度で説明できます。なので、架空サイトなりサイトデザインを作る際は、まずはそのクライアントのコンセプトを明確化することです。

      一方で、デザイン自体の知識も必要です。ポップな雰囲気を表現したいのに、鈍い色のダルトーンを使っていたら、それは間違ったデザインです。適切なフォント選びも重要です。つまり、配色理論やフォントの知識、デザインの原則などデザインのルールを勉強する必要があります。下記の2つの本がデザインのルールを学べる定番の本です。

      書籍『ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]』
      https://amzn.to/2R3joOK

      書籍『なるほどデザイン〈目で見て楽しむ新しいデザインの本。〉』
      https://amzn.to/2XX6eEt

      デザイン力を上げる方法は下記の記事でも詳しく解説しています。
      ★デザイン力を最短最速で向上させる方法
      https://webdesigner-go.com/study/how-to-improve-design-skill/

      ②ウェブサイトを運営している方が有利になりますか?
      「ウェブサイトを運営」の定義によります。

      もしそのサイトが、デザイン的に、UI/UX的に、あるいはコーディング的にかなり優れたサイトであれば当然、採用側の企業も興味しんしんにはなります。「そんなサイトを作れるならぜひうちに来てほしい!」となります。

      でも、ただのブログレベルだとそれほど関心は持たれません。むしろブログでWebデザインの情報など配信していたら、堅い企業だと「あ、この人、ブログでうちの技術情報を外に流しかねないな・・・」と心配します。というか、そんな頭の固い企業は入らないほうがいいですね笑

      別のパターンだとアフィリエイトサイトです。Webマーケティング事業を中心とした会社であれば、ライティングやSEOの知識があってコンバージョンまで持ち込める実績を持っているなら欲しい人材です。ただ、そうなるとWebデザイナーというかオウンドメディアディレクター的なポジションが多くはなってきますが。この場合はアフィリエイトが副業にあたるので、その企業が副業OKじゃないといけないです。

      【求人】目指すは、”全社員アフィリエイター”。 今伸び盛りの代理店が「アフィ経験者」を採用する理由
      https://ferret-plus.com/work-style/12267
      これは広告運用の求人案件ですが。

      ゼロマーケティング
      https://zelo.jp/recruit/
      Webマーケの会社なら、SEO知識(というか興味)があってコーディングもできる人はすごく合っています。余談ですが、個人的に僕自身はこっちに行こうと考えています。

      なので、一言で回答するなら、ウェブサイトを運営する必要はないです。それよりもポートフォリオ内の作品の質を上げることに注力した方がいいです。

      ③ギャラリーサイトの見方のコツを知りたいです
      ギャラリーサイトは、現時点でもっともオシャレだったりカッコいいサイトをただ掲載しているだけです。なので、そこに対して何の脈絡もない僕やmutukiさんというこちら側の人間がそれを見ても、「わー綺麗」でだいたい終わります。

      誰かの優れたデザインを見るには、ある程度の解説や分類が無いと、学びが得づらいです。

      書籍『Webデザイン良質見本帳 目的別に探せて、すぐに使えるアイデア集』
      https://amzn.to/2DvJmCo

      この書籍では、「ホワイトスペースを活かしたデザイン」「手書き文字を使った独自性のある表現」など項目が詳細に分けられていて、さらにそのデザインを実現するための手法が詳しく語られています。
      たくさんのサイトデザインを見ながら、そのデザインをどう実現すればいいのかがわかるため、この本をがっつり読み込むと多様なデザインを作る上ですごく勉強になります。引き出しが増えます。さらにいつもそばに置いておいて、デザインに困ったときには、いつでも参照できるようにしておくことをオススメします。

      >その結果自分の考える見やすいサイトや読みやすいと思われる単調なサイトばかりができてしまいます。
      これで全然かまいません。上でも書きましたが、「ギャラリーサイトは、現時点でもっともオシャレだったりカッコいいサイトをただ掲載しているだけです」。世の中のサイトはもっともっと単調です。グリグリにアニメーションするサイトが本当に売上を上げているかなんてわかりません。むしろ重くて直帰率が高くて迷惑なだけの場合もあります。ベテランWebデザイナーの転職活動ではないので、きちんとデザインの意図を表現したシンプルなサイトで問題ありません。ただシンプルにこだわりすぎて色や要素が少なすぎるだけのデザインだけではダメで、多色を用いたサイトデザインもポートフォリオでは用意して、さまざまなバリエーションのデザインに対応できる(対応しようとしている)ことはアピールした方がいいです。

      まとめると、
      1. 対象(クライアント)の知識を深める
      2. 配色理論やデザインのルールを覚える
      3. ギャラリー本を読んで多様なデザインに親しみデザインの引き出しを増やす
      デザインに関してはこの3つが重要です。この記事自体にコメントをいただいているので読んでいただいたと思いますが、コーディングにも力を入れてみてください。

      安心してください!5社だとまだまだ少ないです!10〜20社は応募していきましょう。
      またご質問があれば、いつでもお願いします^^

      • mutuki より:

        ねこぽんさんおはようございます!
        お忙しいのにお返事下さりありがとうございます!
        人から何かを教えてもらうのが苦手で、勇気を出して聞いてよかったです。ためになる情報をありがとうございます!書籍買って読んでみようと思います!

        あれから自分のポートフォリオを見直して客観的に見ていて思ったのがやっぱり基礎的な部分や
        デザインに関する引き出しの足りなさなど、細かい部分が全くできていない事に気づきました。
        早く転職活動しなくてはと焦っていたことが原因だと思います。

        焦っていた事やもともとインプットやアウトプットが下手なので、色々な情報を読んでなんとなくわかったつもりで次に進む、という事を繰り返していた事で、結局は何一つ自分のデザインに活かしきれていないなと感じています。

        あと未経験だし、ダメな部分はあっても少しくらいは大丈夫だろうと、わけのわからない自信をもって挑んでいたのもダメだと思いました。焦らずもう一度基礎から勉強し直してそこから再出発をしようと思います。

        もう一度ねこぽんさんの記事もしっかり読み直して教わったことを自分の物にできるようにがんばってみます!ありがとうございました!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ