Webの最新トピックを配信中!

コーディングに必須!Google Chromeの開発者ツールの使い方

Google Chromeの開発者ツールはコーディング作業には必須のツールです。

開発者ツールの使い方は、おそらく学校によっては授業では扱わないし、書籍にも詳しく書かれていないので独学でも触れていない人が多いかと思います。でも、Web制作の現場では必ず使うツールなので、ぜひ基本機能は習得しておきましょう。


こちらが開発者ツールを開いた状態です。開き方は、サイトを表示している状態でファンクションキーのF12を押します。Ctrl+Shiftを押した状態でCを押すと、マウスカーソルがある場所のパーツを選択した状態で開発者ツールが開きます。通常はF12で大丈夫ですよ。

あ、ちなみに背景が黒になってますが、テーマのせいです。黒い方がエンジニアっぽくってカッコイイかと思い…。テーマの設定方法は、下の動きのとおりです。Setting→Preference→AppearanceのThemeの箇所をLightかDarkに設定してください。もちろんお好きな方でOKです。

WebデザイナーのほとんどはGoogle Chrome(グーグル クローム)をメインのブラウザとして使っています。IE(インターネットエクスプローラー)やFireFoxにも開発者ツールはありますが、Chromeの開発者ツールは動きが軽快かつ多機能で非常に使いやすいからです。

開発者ツールではかなり多くのことができますが、今回はWebデザイナーなら知っておくべき基本的な次の機能に絞って解説します。

  • スマホ/タブレット表示の確認(iPhone/Android他)
  • HTML/CSSのチェックとブラウザ上での編集
  • エラーのチェック(画像のリンク忘れなど)

スマホ/タブレット表示の確認

Chromeの開発者ツールにはスマホとタブレットの表示ができるエミュレータの機能があります。スマホ対応が必要な場合は、このエミュレータをチェックしながらコーディングをします。

エミュレータの使い方は上の動きのとおりです。スマホとタブレットのアイコンをクリックすると、画面がエミュレータモードになります。一旦ここでブラウザをリロードしてください。そして、iPhone5やiPadなど表示を確認したい機種を選択すると、そのデバイスの画面に変わります。
ちなみにOnlineという単語の横のアイコンを押すと、ランドスケープモード(画面を横向きにした状態)になります。

HTML/CSSのチェックとブラウザ上での編集

開発者ツール上で、HTMLとCSSをいじることができます。もちろんこれはブラウザ上のみでの編集なので安心してください。作業ファイルやサーバー上のファイルには何の変化もありません。

こちらも動きを見てもらった方が早いと思うので、次の動画をご覧ください。

矢印のアイコンをクリックして、調べたいパーツにカーソルを当てると、その部分のCSSが表示されます。ここで色やmarginなどCSSの値を自由に変えられます。

この機能のおかげで、レイアウトが崩れている時にどこのCSSの書き方が問題なのかを調べられたり、フォントサイズや色などを変えるとどう見えるかをチェックしたりができるのです。わざわざサーバーにCSSをアップロードせずに、ブラウザ上で見え方の調整やチェックができます。ここで調整したCSSをコピーして、実際のCSSファイルにペーストする、ということもよくやります。

実は、左のサイト表示と右のCSSの間に挟まれてHTMLが隠れてしまっていますが、HTMLも編集できます。divタグを丸ごと削除したり文字の編集も可能です。

エラーのチェック

最後に紹介するのは、エラーをチェックしてくれる機能です。

「Console」というタブをクリックすると、サイトのエラー内容が表示されます。この場合は、logo_pc.pngが無いよ!というエラーです。404は「ファイルが存在しない」という意味です。

コーディング作業の際には、このConsoleをチェックし、欠けている画像が無いかやJavaScriptのエラーが出ていないかをチェックします。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ