Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーに英語は必要?


会社にいた頃、同僚たちは誰一人として英語ができませんでした。会話もリーディングもほとんどできず、それでも全く業務に差し支えはありませんでした。

そもそもコミュニケーションとして英語を使う業務は、Web制作会社ではほぼありません。なので、Webデザイナーとして働くには、英語力は必要ないです。

案件によっては、多言語サイトの制作があり、英語のサイトを作ることもありますが、翻訳会社を使うので、英語力は必要ありません。

でも、英語が少しわかるだけで、Webの世界ではいろんなメリットがあります。僕はTOEICを900点以上持っていて、リーディングは多少できるため、いくつかのメリットを享受していると思っています。それらを紹介します。

バグやトラブルを解決しやすくなる

これはコーディングで多いのですが、海外製の何かライブラリ(jQueryのプラグインとか)やフレームワークなどを使って、もしバグに出くわした時に、たまに日本のサイトだけでは解決策が見つけられないことがあります。普通は日本人の誰かがブログに解決策を載せてくれてるものですが、最新のものか珍しいバグだと、たまに全く見つからないことがあるんです。

その際にググると出てくるのが、stackoverflowのスレッドだったり、海外のエンジニアのブログです。そのへんを読むと、解決策が見つかることがあります。英語がしっかり読めなくても大丈夫ですよ。コードで解決策を示してくれていることが多いので、だいたいそれを見れば直し方がわかります。

海外の最新の情報(トレンド・ドキュメント)が手に入る

Webデザインの最新のトレンドは海外からやってきます。今でこそ日本では普通になっているデザイン手法やフロントエンド周りの技術は、ほぼすべて海の向こうで生み出され日本にやってきました。日本だとコリスPHOTOSHOPVIPあたりのサイトがキャッチアップして紹介してくれています。

その点で、やはり英語がほんの少しできると強いです。特にフロントエンド周りでは、最新だったり少しマニアックな情報になると、すべてドキュメントは英語です。

HTMLのclassの命名に悩みづらくなる

これは地味ながらも意外に役立つメリットです。HTMLのclass名を決めるのに迷って時間を使ったりしませんか?

例えば、お問合わせフォームを囲むdivなら「contact」というclass名を付与すると思いますが、仮にすでに別の箇所で「contact」が使用済みだとします。その場合に「inquiry」がすぐに出てくると悩まなくて済むという感じです。
金額が明記されたボックスを囲むdivには、moneyと付けるのはちょっと違和感があります。英単語を知っていればcost、plan、fee、tuition(授業料の場合)が調べずにすぐに出てきます。

また、新人の頃は、thumbって何だろう…?wrapper?container?など、一般的によく使われるclass名の意味がわからなかったりしますが、少しでも英語がわかれば、あ、サムネイルのことかとわかります。まぁラッパーとかコンテナは日本語っぽいのですぐに理解できそうですが。

海外の案件が受注できちゃう

これは楽しいメリットですね。もし、海外でWebデザイナーとして活躍したい人は、やっぱり英語力はある程度は欲しいですよね。

僕が海外のWebサイトを作ったとか、そういう話ではなくて申し訳ないのですが、縁があって、アメリカの空手道場のロゴ(筆文字で題字を制作)を制作しました。やり取りはすべてFacebookのメッセージです。英語でコミュニケーションがなんとか取れるからやり通せました。完成品を見てすごく喜んでくれたので僕も本当に嬉しかったです。普通なら接点のない海外の人と通じ合えるとなんとも言えない幸せがあるんですw

Webデザインのスキルは世界共通のものなので、せっかくだったら英語を少し勉強して、外国人とコミュニケーションが取れるようになれると、フリーランスとしては仕事の幅が広がるかもしれません。でも、競合もビビるくらい多いのでなかなかシビアな世界ですが…。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ