Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーは絵が下手でも大丈夫?

この絵を見てください。


これが僕の絵のスキルの限界です。人間を立体的に描くことすらできません。これでもWeb制作会社で年収400万円をもらい、普通に仕事していました。つまり、Webデザイナーは絵が下手でもまったく問題ありません。10人のWebデザイナーがいれば、絵がうまいのは2人くらいです。

たしかに絵がうまいと有利なことはあります。イラストもアイコン素材もさらにテクスチャまでも自由に自分で作れます。会社としてもイラストが描けるWebデザイナーが社内に入れば、イラストを外注する必要がないので、欲しい人材ではあります。
ただ、ありがたいことに世の中にはフリー素材が大量にあります。絵が下手でも、誰かの作ってくれた無料の素材がネットにあるので、それらを活用して仕事ができるので特に問題はありません。

また、「絵がうまい」とは具体的にどういうことかというと、描写力以外の能力でいえば、光の入り方や陰の付け方、立体物の描き方を理解しているということです。Webサイトのデザインにおいても、光や陰、立体的な装飾をデザインとしてほどこすことがありますが、そういう装飾的なデザインを手がける場合、絵がうまい人はだいぶ有利です。

ただ、今はフラットデザインとマテリアルデザインの時代です。装飾を省くシンプルなデザインと、ユーザーが使いやすいUI(ユーザーインターフェース)が好まれています。個人的に思うのは、この流れは、絵が下手な人には追い風だということです。ラッキーです。「装飾」よりも「UI」が重要視されます。ユーザーが使いやすいデザインが重要視されます。
マテリアルデザインでは、パーツの重なりや色、意味のあるアニメーションが大事とされているので、絵が下手だとしても、少なくとも陰の付け方や配色については、最低限押さえておいた方がいいと思っています。

だから、絵が下手でもまったく心配しないでください。

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ