Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーは絵が下手でも大丈夫?

この絵を見てください。


これが僕の絵のスキルの限界です。人間を立体的に描くことすらできません。これでもWeb制作会社で年収400万円をもらい、普通に仕事していました。つまり、Webデザイナーは絵が下手でもまったく問題ありません。10人のWebデザイナーがいれば、絵がうまいのは2人くらいです。

たしかに絵がうまいと有利なことはあります。イラストもアイコン素材もさらにテクスチャまでも自由に自分で作れます。会社としてもイラストが描けるWebデザイナーが社内に入れば、イラストを外注する必要がないので、欲しい人材ではあります。
ただ、ありがたいことに世の中にはフリー素材が大量にあります。絵が下手でも、誰かの作ってくれた無料の素材がネットにあるので、それらを活用して仕事ができるので特に問題はありません。

また、「絵がうまい」とは具体的にどういうことかというと、描写力以外の能力でいえば、光の入り方や陰の付け方、立体物の描き方を理解しているということです。Webサイトのデザインにおいても、光や陰、立体的な装飾をデザインとしてほどこすことがありますが、そういう装飾的なデザインを手がける場合、絵がうまい人はだいぶ有利です。

ただ、今はフラットデザインとマテリアルデザインの時代です。装飾を省くシンプルなデザインと、ユーザーが使いやすいUI(ユーザーインターフェース)が好まれています。個人的に思うのは、この流れは、絵が下手な人には追い風だということです。ラッキーです。「装飾」よりも「UI」が重要視されます。ユーザーが使いやすいデザインが重要視されます。
マテリアルデザインでは、パーツの重なりや色、意味のあるアニメーションが大事とされているので、絵が下手だとしても、少なくとも陰の付け方や配色については、最低限押さえておいた方がいいと思っています。

だから、絵が下手でもまったく心配しないでください。

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートWebistです。 ※現在はコロナの影響でこの2つのエージェントですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートとWebistはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ 『Webist』公式サイトへ
コラム③:WordPressでポートフォリオサイトを作ろう!
ポートフォリオ用WordPressテーマ PORTFOLIOベーシック
テーマ制作者の顔

ねこポン
(テーマ制作者)

「手軽に自分らしいポートフォリオサイトが作れたらなぁ」という想いでこのWordPressのテーマを作りました。今だけモニター価格で980円!で提供しています。

ぜひ、このテーマをテンプレートとして自分らしいポートフォリオを作ってみてください♪WordPressの学習にも最適です。

“Webデザイナーは絵が下手でも大丈夫?” への3件のフィードバック

  1. dobby より:

    初めまして!記事を初めて読ませていただきました。
    僕は、2020卒見込の大学生でSierに就職が決まっています。ですが、学生の残された時間でweb系のプログラムの知識をつけれればと思いこの記事にたどり着きました。パソコンのスペックだったり、必要なスキルだったりいろいろ知ることができました。ありがとうございます。今すでにドットインストールで勉強を始めていて、Lancersなどのサイトで12月の月にコーディングだけで5万円くらい稼ぐことを目標にしているのですが、それは現実的な目標になっています?また、今後の勉強や社会人生活でのアドバイスがあればお願いしたいなと思っています。
    失礼しました。

    • ねこポン より:

      dobbyさん、はじめまして!
      記事を読んでいただき、ありがとうございます。

      Lancersはサイトデザインのコンペ案件しかやったことがないので、コーディング案件については詳しくありません。
      いま、案件の一覧を見てみると、1プロジェクト20,000〜50,000円が相場のようです。応募しているライバルのランサーは経験もそこそこあるようなので、実務未経験の方が受注するのはなかなか厳しそうです。。。そのため、かなり安価で、例えば10,000円とかなら受注も可能かもしれませんが、それでは大量に案件をこなす必要があり、さすがに一月で10万円は難しいです。
      もちろんやってみないとわからないので、ぜひトライしてみて感覚を掴んでみるのがベストだとは思います!意外に良いクライアントが見つければ、10万くらいは軽くいくかもしれません。

      12月まではまだ時間があるので、HTML/CSS/JavaScriptに加えて、WordPressを習得すると良いです。LancersにもWordPress案件は多く、単価も100,000円〜と一気に跳ね上がります。プログラミング系をやりたいのなら、PHPに触れる良い機会になります。もちろんWordPressができる人も少なくはないので、Lancersでも受注できるかはわかりませんが・・・。
      僕が知り合いからコーディング込みのWordPress案件を受ける場合は、安くて10〜20万、一般的には30〜40万円もらいます。工数は短くて一週間ほどです。わりがいいですよね。なので、知り合いづてにサイトを作りたい人を紹介してもらえるといいですね!それが一番稼ぎやすいです。

      僕がアドバイスできることとしたら、最近よく言われることですが、
      「スキルを積み重ねて、会社でもフリーランスでもどんな形でも生計を建てられるようにする」
      ことです。特に会社のような組織に向いていない僕の場合はこれが超重要です。

      トヨタの終身雇用終わった発言、カネカの件、年金2000万円問題など、令和に入って、いよいよ「どこでも生き抜く稼げる人間」になる必要が出てきました。会社自体を否定するつもりは一切ないですが、会社に頼るという発想はオワコンです。自分のスキルをしっかり蓄積して、会社でも一人になっても稼いでいけるようにならないと、本当にしんどい時代に入りました。
      「積み重ねられて他の人と差別化できるスキル」、そんなスキルを身につけることが重要です。プログラミングやデザイン、英語などはその点でオススメです。30歳になって、「はて?自分には何のスキルがあるのかな?…無い!」は恐ろしくないですか。

      残りの学生生活、ご自身の将来のため、楽しく勉強してみてください^^

      • dobby より:

        ねこポンさん
        こんにちは!丁寧なご返信本当にありがとうございます。wordpressは聞いたことがあったのですが、自分では勉強してみようと思ってなかったので参考になりました。今回のねこポンさんとの出会いを無駄にしないように残りの学生生活を有意義に過ごしたいと思います。よければ、今後も相談やアドバイスをいただければ幸いです。今回は本当にありがとうございました。ではまた、よろしくお願いします。

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • ポートフォリオ用WordPressテーマ作りました!PORTFOLIOベーシック
    スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    デイトラ
    有料
    (¥89,800〜)
    オンライン
    (90日間/質問期間は1年)
    Webデザイン なし
    プロによる総評

    『デイトラ』はかなりコスパの高いオンライン完結型のWeb制作スクールです。格安ながらもデザインとコーディングのレビュー(添削)が受けられます。人気急上昇中でTwitterで受講生のツイートを見ない日はありません。「課題 + 課題のレビューあり + 質問し放題」というサービスを提供しています。

    デザイン力とコーディングスキルはレビューをしてもらってこそ急速に成長するため、かなりオススメのスクールです。というか今のところ低価格で他にデイトラのようなスクールが存在しないんですよね...。通学式のスクールに40、50万円も払う余裕はないけど、デザインやコーディングのレビューはしてほしい!という方はデイトラを受講しましょう。

    Twitter内にはデイトラの受講生がかなり多くいるので、一緒に学習を頑張る仲間も見つけられます。

    デザインを重点的に学びたい方は「Webデザインコース」、コーディングスキルを高めたい方は「Web制作コース」を受講しましょう。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    Famm
    有料
    (¥162,800)
    オンライン
    (1ヶ月)
    Webデザイン なし(案件獲得サポートあり)
    プロによる総評

    ママさん専用Webデザインスクールです。現在はコロナでライブ配信授業が中心です。なんと授業中は自宅にシッターを手配してくれるのでしっかり集中できます。受講期間は1ヶ月で5日間という超短期間なので、忙しいママさんでも時間を確保しやすいです。生徒はママさんだけなので、ママさん同士の交流も楽しめます。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ