Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーの仕事内容「デザイン」「コーディング」

Webデザイナーの仕事は大きく2つ「デザイン」と「コーディング」があります。それぞれを解説していきます。

デザイン

Webデザイナーが主にデザインするのは、Webサイトとバナーです。

Webサイトのデザイン

主に「Photoshop(フォトショップ)」というAdobeのソフトウェアを使い、Webサイトをデザインします。Photoshopは略してフォトショと呼ばれています。

WebディレクターがクライアントにWebサイトが実現したい目的などをヒアリングをした上で、ワイヤーフレームというサイトの設計図を作ります。そのワイヤーフレームを元に、Webデザイナーはサイトをデザインします。使うべき色やデザインテイストをトーン&マナー(略してトンマナ)と言いますが、トンマナをしっかり押さえた上で、デザインをします。

Webサイト内で使用するアイコンや画像も基本的にはWebデザイナーが制作します。アイコンのようなイラスト的なデータは、Illustrator(イラストレーター略してイラレ)というAdobeのソフトウェアだと作りやすいので、現場ではイラレも使用します。
もし、本格的なイラストが必要になり、Webデザイナーの自分が制作できない場合は、外注のイラストレーターにお願いすることになります。

写真の撮影の必要があれば、カメラマンの撮影にWebディレクターと同行することも、制作するサイトによってはありえます。

サイトのデザインが完成したら、Webディレクターを通して、クライアントにデザイン(「デザインカンプ」とも言う)提出します。修正の必要があれば、クライアントから戻し(フィードバック)があるので、デザインを修正します。

小さなWeb制作会社だと、スタッフが少ないせいで、WebデザイナーがWebディレクターの役割も担うことがあります。その場合、見積もりの仕方やスケジュールの進行などの知識と経験は積めますが、かなり多忙になる場合が多いので要注意です。鬱になる可能性もあるのでデザイン&コーディングとディレクションの兼務には気をつけましょう。

バナーの制作

バナーとは、サイトに掲載する画像の広告です。

最初に「広告」と言いましたが、サイト内で遷移する際にも使われる事が多いので、画像リンクとも言えます。

たいていはクライアントかWebディレクターが、バナー上に掲載する原稿を用意してくれるので、Webデザイナーはその原稿を元に、PhotoshopかIllustratorでバナーを制作していきます。バナーはCTR(クリック率)やコンバージョン(売上などの成果が出たかどうか)を取れるので、その結果を元に、テキストやボタンの色などを変えて、よりバナーの効果が出るよう改善していくことがあります。

コーディング

コーディングとは、HTML/CSSやjQuery(ジェイクエリー)を用いて、デザインを元にWebサイトを構築していく作業です。

エディタには、Adobeの「Dreamweaver(ドリームウィーバー)」や他には「SublimeText(サブライムテキスト)」「Atom(アトム)」「WebStorm(ウェブストーム)」など、無数に存在します。企業ではDreamweaverを用意しているところがほとんどですが、みんな自分が使いやすい好きなエディタを使うことが多いです。有料と無料のものがあります。

コーディングで、何かしらアニメーションやアクションが必要な場合は、jQueryというプログラミング言語を使って実装していきます。

コーディングだけをする人を、「コーダー」とか「HTMLコーダー」と言いますが、現在はコーディングしかできないコーダーは生き残りづらくなっています。コーディングを極めて、さらにjQueryやその元の形のJavaScriptもバリバリ書けるフロントエンドエンジニアであれば、現場ではかなり重宝されます。年収もかなり期待できます。

サイトを管理画面から更新可能にするには、WordPress(ワードプレス)を実装します。WordPressは、無料のサイト&ブログ構築システムです。PHPというプログラミング言語で構築されていますが、サイトに実装するにはそれほど難しくないため、Webデザイナーに必要なスキルの一つになっています。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ