Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーの一日の流れ。たまにヒマです。


Webデザイナーは、一日をどんなふうに過ごしているのでしょうか。

あくまでWeb制作会社で働いていた僕のパターンですが紹介します。僕の場合は、新規サイトのデザインとコーディングもやりますが、「運用」といって、既存クライアントのサイトの更新作業もしていました。

ヒマな日や、短納期の案件に対応する忙しい時など、4つくらいパターンがあります。Webデザイナーはいつも忙しい印象がありますが、わりとヒマな時もあります。もちろん会社によって様々なので、こういう会社もあるんだなと参考にしてみてください。

1. ヒマな時間が多い日のパターン

たまにヒマな日があります。 前日にデザインを提出してクライアントのチェック待ちの状態の時などです。

10:15 出社(遅刻して出社。本当は9:30が出社時間)
10:15 – 10:30 定期的な更新作業(クライアントサイトの「新着情報」欄を更新したり)
10:30 – 11:30 ヒマなので猫動画を見たり、ギャラリーサイトを眺める
11:30 – 12:30 課の定例会
12:30 – 14:00 昼ごはん(パスタ)
14:00 – 16:30 昨日提出したデザインの戻しが来たので修正対応
16:30 – 17:00 別案件でコーディングの修正
17:00 – 17:30 ヒマなのでファミマにコーヒーとドーナッツを買いに行く
17:30 – 18:00 同僚からスライダーを設置するためにjQueryの質問をされたので対応
18:00 – 19:15 ヒマだから帰りたいけど、上司と同僚が忙しそうなので仕事しているフリをする
19:15 退社

ヤバイですね。かなりヒマですねこれ。

2. 短納期の案件に対応中のパターン

納期が4~5営業日でコーディングせよ、というパターンです。レスポンシブで7ページほどあり、JavaScriptもけっこう書かないといけない忙しいパターンです。

9:30 出社
9:30 – 12:30 コーディング対応(よーしがっつりやるぞー)
12:30 – 13:30 昼ごはん(昼メシは毎日の楽しみ・近くのラーメン屋)
13:30 – 17:30 コーディング対応(ひゃーJavaScriptがうまく書けない~)
17:30 – 18:30 プロジェクト会議
18:30 – 22:30 コーディング対応(うーん今日はTOPページはほぼ終わらせるぞ~)
22:30 退社

これが4日ほど続きます。コーディングが完了しテストアップし、クライアントに報告した後に戻しがあれば修正対応があります。これがコーディングではなくデザインのパターンもありますが、デザインの場合は遅くに退社するのが続くのは長くても2~3日です。

3. 複数案件に対応するわりとよくあるパターン

いくつか案件が同時に進行していることが一般的なので、このパターンがもっとも多いかもしれません。期ごとの目標設定のシートを書いたり、細かい事務的な作業もたまにあります。

10:00 出社(遅刻して出社。本当は9:30が出社時間)
10:00 – 10:30 定期的な更新作業(クライアントサイトの「新着情報」欄を更新したり)
10:30 – 11:30 昨日から始めた特集ページのコーディングを終わらせる
11:30 – 12:30 バナー制作
12:30 – 13:30 お昼ごはん(ビュッフェ)
13:30 – 13:45 食べすぎて眠いので昼寝
13:45 – 16:00 新規追加1ページのデザイン
16:00 – 17:00 会議
17:00 – 18:00 提案資料作成のためのアクセス解析作業
18:00 – 19:30 午前中に提出したページの戻し対応
19:30 – 20:00 上期目標設定のシート記入
20:00 退社

複数の案件を目まぐるしくやっていると疲れるので、昼にはよく仮眠しています。

4. クライアント訪問など外出があるパターン

Webデザイナーにもよりますが、僕の場合は月1~2回ほどディレクターと一緒にクライアント先を訪問し、特集ページのデザインテイストの確認や作業の進捗報告をしていました。

10:00 出社(遅刻して出社。本当は9:30が出社時間)
10:00 – 12:30 新規1ページPC版のみコーディング
12:30 – 13:30 昼ごはん(海鮮丼)
13:30 – 14:00 社内のポータルサイトに日記を書く
14:00 – 15:00 部の定例会
15:00 – 16:30 午前に提出したコーディングの戻し対応
16:30 – 直帰 クライアント先に訪問しそのまま直帰

だいたいクライアント先に行くのは夕方で、それが終われば会社に戻らずそのまま帰宅という直帰のパターンが多かったです。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ