Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーのリアルな年収は?


Webデザイナーの年収を紹介しますが、あくまで僕の経験と感覚によるものなので信じすぎないでくださいね。この業界は比較的まだ新しいので、会社の規模や裁量によっても大きく給料が変動してきます。

また、Webデザイナーから転向の可能性があるWebディレクターやフロントエンドエンジニア、フリーランスの給料についてもまとめています。

会社で働く場合の給料

会社で働くWebデザイナーの年収はだいたい一般的には平均250~500万円くらいでしょうか。ちなみに、僕の会社員時代は年収約400万円でした。

零細Web制作会社なんてひどくて、月給20万円で手取り16万円くらいというところもあります。もちろん、そういう会社に就職する場合は、修行の時期として一時的な踏み台として利用してください。これすごく大事です。

最初の2年間は給料にはあまり期待せず、勉強期間だと思った方がよいです。お金をもらいながら勉強させてもらっていると考えましょう。給料はひどくても、がっつりと実務経験が積める現場を選ぶと、スキルがしっかり身に着き、その後がだいぶ楽になります。もちろん給料が良くて勉強できる会社が見つかれば絶対そっちの方がいいですよ!

えー、2年もやらなきゃだめなの…と嘆かないでくださいw 給料が低くても、先輩が優しかったり、案件が充実してると、けっこう楽しくて2年なんてあっという間です。逆に言えば、2年も続かないなら、Webデザイナーとしてやっていくのは少し厳しいかもしれません。その場合は、じゃあ辞める!と諦めるのではなく、WebディレクターやWebマーケッターになる方向性も考えてみましょう。

Webデザイナーとして働き続ける

Webデザイナーとして働き続けるなら、給料が低いけど、がっつり修行ができる会社を踏み台にした後、やや大きめのWeb制作会社に転職することをおススメします。デザインとコーディングの両方のスキルか、デザイン力が優れていれば、年収400万~500万くらいなら全然狙えます。ただ、コーディングしかできないHTMLコーダーの場合は、年収は低いままなので、JavaScriptをさらに極めていくつもりで、フロントエンドエンジニアを目指すしかありません。

事業会社のインハウスWebデザイナーになる

これもよくある転職パターンです。Web制作会社から自社サービスや商品を手がける事業会社のWebデザイナーへ。この場合は、もちろんその会社の給料に準じるので、大企業であれば、Web制作会社時代よりも、ぐっと年収が上がります。例えば試しに「楽天 Webデザイナー」で検索すると、【年収例:500万円~1100万円(入社初年度)】の求人が出てきたりします。いいですねー。

Webディレクターになる

Webデザイナーになろう!とさんざん言ってますが、実際のところ、いま需要があるのは、Webディレクターの方です。年収は、300万円~700万程度でしょうか。

え!じゃあ最初からそっちを勧めろよっ!と思わないでほしいのは、何度も言ってますが、Webデザイナーを経験してから、Webディレクターになる方がはるかに効率的に仕事を進められるからです。デザイナーが提出してきたデザインを見て、修正点を的確に指示できたり、クライアントの要望をコーディングで実現できるかの判断は、WebデザイナーあがりのWebディレクターのもっとも強みとするところです。

僕はWebディレクターなんか性格的にぜったいできませんが…。Webディレクターはある程度、精神的にタフじゃないと務まりません。

UI/UXデザイナー・フロントエンドエンジニアになる

これが現在の「Webデザイナーの正統な進化」かもしれません。UI/UXデザイナーかフロントエンドエンジニアになること。

正直、UI/UXデザイナーの給料事情は詳しくないし、企業によって仕事内容も変わってきます。UXを深く考慮するにはクライアントとのコミュニケーションが増えることもあり、Webディレクターの領域に近いと言えるかもしれません。

フロントエンドエンジニアは今はもうトレンドですね。「JavaScriptちょっとわかるよ、Gitなんとかわかるよレベル」に留まるなら年収400万円止まりですが、JavaScriptをバリバリ書けて、PHPでWordPressのプラグインを作れたり、サーバーなどバックエンドの領域にも踏み込めて、黒い画面でバリバリ操作できるレベルまで行けば、500万~800万円まで跳ね上がります。この領域はエンジニアの職種とシンクロする部分があり、そういう意味では青天井なところがあるため、スキルによっては年収1000万近くも可能になってきます。
でも、この領域は確実にプログラミングセンスが問われる世界で、すべての人がなれる職種でもないので、ここに変に夢を持ち過ぎない方がいいです。

エンジニアをすすめられない理由は下記の記事にまとめました。残念ながら基本的にほとんどの人はエンジニアになれません。
なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

フリーランスで働く場合の収入

自分のスキルに自信を持ち始めたら、フリーランスとして活動するのも、すごくおススメです。

フリーランスの収入は本当にピンキリです。

友達や知り合い経由で仕事をもらっている場合は、「じゃあ込みこみで40万でお願い~」というケースが多いです。そういう案件を2~3案件平行してコツコツとやってると、月収は20万~60万くらいでしょうか。かわいい女の子から「ホームページ欲しいの~♥」と依頼されると、「…じゃあお寿司おごりで(3000円程度)」と理不尽過ぎても引き受けてしまうような世界でもあります。それは僕の問題か…。

業務委託の場合、レバテッククリエイターや3スタといったエージェントを利用し、業界経験年数が3年以上あれば、週3日会社常駐で月収は25~30万円、週5日で40万以上はもらえます。

【レバテッククリエイターの面談に行ってきた】週5常駐業務委託のWebデザイナー案件ならナンバーワン。美女に気をつけて!
【3スタの面談に行ってきた】週3日Webデザイナー案件を多く紹介!超頼もしいエージェント

やはりフリーランスの面白味は、会社だと一般的には認められない副業ができることですよね。フリーランスの場合は副業というかそれが本業なのですが。僕は業務委託で週3日くらい働いて、残りの時間は自由にアフィリエイトサイトを作ったりする生活です。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ