Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーのリアルな年収は?


Webデザイナーの年収を紹介しますが、あくまで僕の経験と感覚によるものなので信じすぎないでくださいね。この業界は比較的まだ新しいので、会社の規模や裁量によっても大きく給料が変動してきます。

また、Webデザイナーから転向の可能性があるWebディレクターやフロントエンドエンジニア、フリーランスの給料についてもまとめています。

会社で働く場合の給料

会社で働くWebデザイナーの年収はだいたい一般的には平均250~500万円くらいでしょうか。ちなみに、僕の会社員時代は年収約400万円でした。

小さなWeb制作会社なんてひどくて、月給20万円で手取り16万円くらいというところもあります。もちろん、そういう会社に就職する場合は、修行の時期として一時的な踏み台として利用してください。これすごく大事です。

最初の2年間は給料にはあまり期待せず、勉強期間だと思った方がよいです。お金をもらいながら勉強させてもらっていると考えましょう。給料はひどくても、がっつりと実務経験が積める現場を選ぶと、スキルがしっかり身に着き、その後がだいぶ楽になります。もちろん給料が良くて勉強できる会社が見つかれば絶対そっちの方がいいですよ!

えー、2年もやらなきゃだめなの…と嘆かないでくださいw 給料が低くても、先輩が優しかったり、案件が充実してると、けっこう楽しくて2年なんてあっという間です。逆に言えば、2年も続かないなら、Webデザイナーとしてやっていくのは少し厳しいかもしれません。その場合は、じゃあ辞める!と諦めるのではなく、WebディレクターやWebマーケッターになる方向性も考えてみましょう。

Webデザイナーとして働き続ける

Webデザイナーとして働き続けるなら、給料が低いけど、がっつり修行ができる会社でスキルをしっかり身につけた後は、やや大きめのWeb制作会社に転職することをおススメします。デザインとコーディングの両方のスキルか、デザイン力が優れていれば、年収400万~500万くらいなら全然狙えます。ただ、コーディングしかできないHTMLコーダーの場合は、年収は低いままなので、JavaScriptをさらに極めていくつもりで、フロントエンドエンジニアを目指すようにしましょう。

事業会社のインハウスWebデザイナーになる

これもよくある転職パターンです。Web制作会社から、自社サービスや商品を手がける事業会社のWebデザイナーへ。この場合は、もちろんその会社の給料に準じるので、大企業であれば、Web制作会社時代よりも、ぐっと年収が上がります。例えば試しに「楽天 Webデザイナー」で検索すると、【年収例:500万円~1100万円(入社初年度)】の求人が出てきたりします。いいですねー。

Webディレクターになる

Webデザイナーになろう!とさんざん言ってますが、実際のところ、いま需要があるのは、Webディレクターの方です。年収は、300万円~700万程度でしょうか。

え!じゃあ最初からそっちを勧めろよっ!と思わないでほしいのは、Webデザイナーを経験してから、Webディレクターになる方がはるかに効率的に仕事を進められるからです。デザイナーが提出してきたデザインを見て、修正点を的確に指示できたり、クライアントの要望をコーディングで実現できるかの判断は、WebデザイナーあがりのWebディレクターのもっとも強みとするところです。

僕はWebディレクターなんか性格的にぜったいできませんが…。Webディレクターはある程度、精神的にタフじゃないと務まりません。

UI/UXデザイナー・フロントエンドエンジニアになる

これが現在の「Webデザイナーの正統な進化」かもしれません。UI/UXデザイナーかフロントエンドエンジニアになること。

正直、UI/UXデザイナーの給料事情は詳しくないし、企業によって仕事内容も変わってきます。UXを深く考慮するにはクライアントとのコミュニケーションが増えることもあり、Webディレクターの領域に近いと言えるかもしれません。

フロントエンドエンジニアは今はもうトレンドですね。「JavaScriptちょっとわかるよ、Gitなんとかわかるよレベル」に留まるなら年収400万円止まりですが、JavaScriptをバリバリ書けて、PHPでWordPressのプラグインを作れたり、サーバーなどバックエンドの領域にも踏み込めて、黒い画面(ターミナル)でバリバリ操作できるレベルまで行けば、500万~800万円まで跳ね上がります。この領域はエンジニアの職種とシンクロする部分があり、そういう意味では青天井なところがあるため、スキルによっては年収1000万近くも可能になってきます。
でも、この領域は確実にプログラミングセンスが問われる世界で、すべての人がなれる職種でもないので、ここに変に夢を持ち過ぎない方がいいです。

エンジニアを勧められない理由は下記の記事にまとめました。残念ながら基本的にほとんどの人はエンジニアになれません。
なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

フリーランスで働く場合の収入

自分のスキルに自信を持ち始めたら、フリーランスとして活動するのも、すごくおススメです。

フリーランスの収入は本当にピンキリです。

友達や知り合い経由で仕事をもらっている場合は、「じゃあ込みこみで40万でお願い~」というケースが多いです。そういう案件を2~3案件平行してコツコツとやってると、月収は20万~60万くらいでしょうか。かわいい女の子から「ホームページ欲しいの~♥」と依頼されると、「…じゃあお寿司おごりで(3000円程度)」と理不尽過ぎても引き受けてしまうような世界でもあります。それは僕の問題か…。

業務委託の場合、レバテッククリエイターや3スタといったエージェントを利用し、業界経験年数が3年以上あれば、週3日会社常駐で月収は25~35万円、週5日で40万以上はもらえます。

【レバテッククリエイターの面談に行ってきた】週5常駐業務委託のWebデザイナー案件ならナンバーワン。美女に気をつけて!
【3スタの面談に行ってきた】週3日Webデザイナー案件を多く紹介!超頼もしいエージェント

やはりフリーランスの面白味は、会社だと一般的には認められない副業ができることですよね。フリーランスの場合は副業というかそれが本業なのですが。僕は業務委託で週3日くらい働いて、残りの時間は自由にテニスしたりアフィリエイトサイトを作ったりする生活です。

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いWebistです。 ※現在はコロナの影響でWebistですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。

『Webist』公式サイトへ
コラム③:WordPressでポートフォリオサイトを作ろう!
ポートフォリオ用WordPressテーマ PORTFOLIOベーシック
テーマ制作者の顔

ねこポン
(テーマ制作者)

「手軽に自分らしいポートフォリオサイトが作れたらなぁ」という想いでこのWordPressのテーマを作りました。格安の1980円で提供しています!

ぜひ、このテーマをテンプレートとして自分らしいポートフォリオを作ってみてください♪WordPressの学習にも最適です。

“Webデザイナーのリアルな年収は?” への6件のフィードバック

  1. りり より:

    はじめまして!
    先日の月曜日から夜更かしを拝見し、ねこポンさんのことが気になっていました。28歳のりりと申します。
    30人の佐藤さんがいるサイトを見てみましたが、肝心の連絡先がない!そしてTwitterもDM開放されていらっしゃらなかったのでご連絡したくてもできずにいましたが、ねこポンさんのお名前で検索してこのサイトに辿り着きましたのでコメントでご連絡させていただきました。
    突然の連絡で驚かれるかもしれませんが、まだ婚活をしていらっしゃったら良ければ一度ご飯やZOOM通話などしていただけませんか?必要でしたら事前に写真や名前、プロフィールもお送りいたします。(ここでは公開される可能性があるとのことで控えさせていただきました!)
    そして偶然ですが、これからwebデザインの職業訓練に通うので、ご縁がなかったとしてもこのブログを参考にさせていただきます!
    もし少しでも気になりましたらメールにご連絡いただけると嬉しいです。何卒よろしくお願いいたします。

    • ねこポン より:

      りりさん、はじめまして!

      なんと月曜から夜ふかしを見て応募してくださったんですね!すごい!よくこのサイトにたどり着きましたね。。
      TwitterのDMを開放しましたので、そちらから連絡をしていただけると、とても助かります。
      https://twitter.com/webdesigner_go

      あ、でもあのマッチングサイトはかなり前に作ったので、サイト上では27歳のままの表記になっていますが、現在36歳なんですけど大丈夫なんでしょうか??笑

      あと、Webデザインをこれから勉強するなんて、すごい偶然ですね!ぜひこのブログが少しでもりりさんの学習の手助けになれたら嬉しいです^^

  2. りんくん より:

    ねこぽんさん
    こんにちは、こちらのブログをみて、職業訓練にいき、都内の小規模ウェブ制作会社に就職して一年になるものです。
    ありがとうございます。ねこぽんさんのブログのお陰でここまで来ることが出来ました。本当に体には気をつけて、これからも更新頑張って下さい。応援しています。

    今日はこちらの記事にもなってる仕事を続けることについて、相談したく書き込みをします。

    いま一年目になり、ようやく大体の更新案件などはほぼ3年目くらいの先輩と変わらないスピード、デザインもクオリティが出せるようになりました。
    デザイナーですが、コーディングもJavaScriptなどが入ってこないものなど簡単なページはやります。
    ただここ一年で人は減ったのに、案件は増えて、残業は21時22時まで休憩はほぼない日が大半になってきています。
    仕事が出来る様になるにつれて、手取りが18万円で残業代はなしなので、都内に一人暮らしなので、こんなに心身を削っているのに、カツカツで苦しく、ディレクターにもキツく言われてしまう、ミスがないようにしなくては、、、と思うと
    ここ最近は朝起きて心臓がドキドキいうようになってしまいました。

    私より上のベテランの先輩もこの一年は本当に忙しいと言っており、私も去年の秋に仕事量が多い、フロントを雇って欲しいと社長に直談判しましたが、いまようやく足りないフロント雇いそうというレベルで、辞める人も来月います。
    まだあと一年は頑張らないとなのでしょうか、、、。

    • ねこポン より:

      りんくんさん、はじめまして!
      このブログをきっかけに職業訓練、そして制作会社に就職までされたんですね…。本当に嬉しいです^^

      毎日お仕事おつかれさまです。しっかり着実に成長されているんですね。

      しかし、うーん、成長はしてる一方でなかなかキツイ職場ですね。
      残業22時までで手取り18万円ですか。。。それはなかなかのブラックです。
      しかも動悸ですか、、かなりメンタルにきてますよね。キツく言う人ってホント嫌ですよね。。
      本当にこの一年間よく頑張ってきました。すごいです。

      もし僕のブログで「2年は頑張ろう」的な記事を読んでそれが呪いのようになっていたら本当にすいません。。
      トータルでしっかり2〜3年働けば一人前になれるという意味なので、そんな手取り18万円の会社でずっと働かなくていいと思います。
      心と体を壊してしまったら、というか心が壊れてからは遅いので、無責任な発言にはなりますが、辞めたいと思ったら辞めればいいと思います。
      もちろんりんくんさんも会社に対して、育ててもらった恩義を感じているだろうし、それが自然だとは思いますが、何度もいいますが、18万円はひどいです。はっきり言って最低です。残業代が無いのは制作会社あるあるなので仕方ないですが、深夜まで働かせて18万円なんて許せません。

      辞めるとなると、もちろんまた転職先を探さなければなりませんが、りんくんさんはこの1年しっかり頑張ってきたので、きっと素敵な現場に巡り会えると思います。
      自分を大切にしてくれる会社や人と一緒に働きましょう。
      「自分がいなくなったら会社が困る」とかは考えなくていいですよ。会社がりんくんさんを大切にしなかったせいなのですから。

      とりあえず1年働けば失業保険が出るはずです。2ヶ月後には受給されます。

      動悸には漢方の「救心」がオススメですよ。僕はたまに将来への漠然とした不安を感じて動悸が早くなって眠れなくなると飲んでいますが、飲んだら割とすぐに落ち着いてきます。

      またつらかったらいつでもコメントを下さい。結局僕の立場では無責任に言いたいことしか言えませんが、少しでも心が軽くなったらいいなと思います。自分を大切にしてください^^

      • りんくん より:

        ご返事ありがとうございます。
        とても励まされました。
        この間やっと大きな案件が終わって、
        今の自分の限界点が見えました。。、
        とても辛かったですが、あれを乗り越えたから。と少し自信もついたように感じます。ただ本当に体が反応してしまうのは辛いですが。。

        たしかに日々自分のスキルが上がっているのは感じているので、
        今は出来るだけ続けたいなと思っています。2年、行きたいです。

        ただ続ける為にも、給料の交渉はしたいな、、と思っています。恐らく1万円ほどずつ毎年上がるようなのですが、自分の最近のこなしている仕事量を考慮しても、最低でも2万は上げて頂きたいと思っています。

        こうしたお金の事を交渉するのはとても気が引けるのですが、仕事には心身捧げているので、純粋に対価を頂きたいとも思ってしまいます。。

        ただ、やはりここは勉強料と思って向こうの提示額を飲むべきなのでしょうか?
        またねこぽんさんは交渉された事などありますか?

        • ねこポン より:

          こんにちは!

          大きな案件が終わってホッとしましたね!よかったです^^自信がついたのは素晴らしいですね。2年、いいですね!無理しすぎず行けるところまで頑張ってみてください。

          給料の交渉はしたことはないですね…。僕の場合は、制作会社時代は期ごとに査定があって、評価次第で給与が上がったり下がったりするのをただただ受け入れていました笑。2万円も下がった時があってその時は「辞めてやる!」と思いましたよね笑。でも、もともと34万円(年収400万円)で、入社時は自分はまだ未経験に近い状態だったので、この年収と自分のスキルで昇給を求めるのはやや無理があるとも思っていました。

          でも、りんくんさんの場合は給与がけっこう低いですし、しかも相当頑張っているでしょうから2万円アップは全然妥当です。もともと給与が低いのもあるので正直あまり昇給を期待できる会社ではないかもしれませんが、実際上がるかどうかは置いておいても、正義心とか倫理的な面で要求するのは正しいと思います。

          一方で思うのは、たしかに正しいことではありますが、あと1年だけ働くって考えると波風を立てずに、勉強料と思って提示額を受け入れてやり過ごすのも手かもしれませんよね。昇給を要求して殺伐とした雰囲気になると面倒ですし。そのへんは上司や上層部の温度感を見て判断するのが良さそうですね。

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • 無料コーディング練習所 デザインカンプ・コーディングデータ付いてます。
    ポートフォリオ用WordPressテーマ作りました!PORTFOLIOベーシック
    スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    デイトラ
    有料
    (¥89,800〜)
    オンライン
    (90日間/質問期間は1年)
    Webデザイン なし
    プロによる総評

    『デイトラ』はかなりコスパの高いオンライン完結型のWeb制作スクールです。格安ながらもデザインとコーディングのレビュー(添削)が受けられます。人気急上昇中でTwitterで受講生のツイートを見ない日はありません。「課題 + 課題のレビューあり + 質問し放題」というサービスを提供しています。

    デザイン力とコーディングスキルはレビューをしてもらってこそ急速に成長するため、かなりオススメのスクールです。というか今のところ低価格で他にデイトラのようなスクールが存在しないんですよね...。通学式のスクールに40、50万円も払う余裕はないけど、デザインやコーディングのレビューはしてほしい!という方はデイトラを受講しましょう。

    Twitter内にはデイトラの受講生がかなり多くいるので、一緒に学習を頑張る仲間も見つけられます。

    デザインを重点的に学びたい方は「Webデザインコース」、コーディングスキルを高めたい方は「Web制作コース」を受講しましょう。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    Famm
    有料
    (¥162,800)
    オンライン
    (1ヶ月)
    Webデザイン なし(案件獲得サポートあり)
    プロによる総評

    ママさん専用Webデザインスクールです。現在はコロナでライブ配信授業が中心です。なんと授業中は自宅にシッターを手配してくれるのでしっかり集中できます。受講期間は1ヶ月で5日間という超短期間なので、忙しいママさんでも時間を確保しやすいです。生徒はママさんだけなので、ママさん同士の交流も楽しめます。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ