Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーの働き方(企業とフリーランス)


Webデザイナーの働き方として、企業で働くパターンと、フリーランスとして個人で活動するパターンの2つがあります。さらに、企業は大きく「Web制作会社」と「事業会社」の2つに分かれます。

それぞれ全く異なる特色があるので、就職・転職の際には、それぞれの良さと自分に合うかどうかをしっかり見極める必要があります。本サイトでは、未経験からWebデザイナーとして活躍していくために、まず最初に「Web制作会社」に入ることをおすすめしています。

企業で働くパターン

Web制作会社

Web制作会社は、Web制作を専門にしている会社です。制作スタッフは、主に、Webディレクター・Webデザイナー・エンジニアで構成されています。Webデザイナーは、Webディレクターと連携しながら、Webサイトのデザインとコーディングを行います。

Web制作会社はWebのプロ集団です。ここで働くメリットはたくさんあります。

  • デザインにこだわりがあるため、デザイン力向上が期待できる
  • 最新の技術を取り入れていることも多く、コーディングスキルを高められる
  • 様々なクライアントのデザインに関われるので、デザインの幅が広がる

Web制作会社で働くとデザイン力とコーディングをグッと成長させられます。そのため、業界未経験の方は、最初に入る会社としてはWeb制作会社を強くおすすめします。

クライアントの納期に合わせて動くことが普通なので、急な案件や緊急対応によっては、残業がかなり多い時期もあります。終電帰りも会社によってはありえます。最近の働き方改革によって、一部の会社ではありますが、定時帰りを推奨しているところもあります。

事業会社

事業会社は、自社で商品やサービスを持つ一般的な会社のことです。ここで働くWebデザイナーは、自社サイトのデザインやバナーの制作を担当します。会社の内製部隊ですね。

Web制作会社ほど、デザインやコーディングスキルを高められる環境ではありません。制作するデザインのテイストはバリエーションが少なく、コーディングのスキルもそれほど求められることが無いからです。

一方で、商品やサービスを売ることがミッションなので、成果を出すUI設計やバナー制作を求められます。この点で、マーケティングに強いWebデザイナーとして鍛えられていくことになります。今は、アクセス解析の数値を見て、サイト改善ができる「成果を追求するWebデザイナー」が非常に求められている時代なので、事業会社で働く経験も、Webデザイナーにとっては貴重といえます。

よくあるパターンが、Web制作会社で働いてスキルを身に着けて、でも疲弊して、事業会社に転職するというパターンです。スキルをしっかり身につけた後に、成果を出す仕組みづくりが学べる現場に行くのは、順当な流れだと思います。おすすめのキャリアプランです。

フリーランス

まれに独学でWebデザインを勉強し、そのままフリーランスになるという人もいますが、大抵の場合は、Web制作会社でスキルをしっかり磨いた後に、フリーランスとして独立したりします。

仕事を得る方法は、主に以下の4つが多いです。

  • 友人・知り合いのツテ
  • レバテックなどの業務委託紹介サービスを利用(週3~5日企業で常駐で働く)
  • クラウドソーシング(ランサーズやクラウドワークスの利用)
  • 元々所属していたWeb制作会社からの案件紹介

フリーランスになると、基本的には、ディレクション・デザイン・コーディングをすべて一人でやる必要があります。一応、フリーランスのWebディレクターという方がこの世界にはいるので、案件によってはその方と連携して、デザインとコーディングのみを担当することもあります。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ