Webの最新トピックを配信中!

WebデザイナーはHSPに向いているお仕事!

hsp
僕はHSPなのですが、Webデザイナーという仕事によって本当に救われました・・・。

会社の電話は怖くて取れないし、人の目や感情がつねに気になるので、ひとりで黙々と作業がしたいのです。いまは週3日だけWebデザイナーとして会社に常駐して働いています。それ以外は家で作業したり、テニスをしたりして過ごしています。

HSPにとってWebデザイナーは適職だと思います。自分の時間・ひとりの時間を確保できるからです。HSPの方でストレスの少ない仕事を探している方は、ぜひWebデザイナーという職業を選択肢の一つとして検討してみてください。

最初に、僕の失敗ばかりの20代の頃のお話を少しさせてください。大学は哲学科出身なのですが、もうどんどんひとりで思考が内側に向かっていく性格なのでした・・・。

僕のHSPな歴史

新卒ではじめて入った会社では、5月の時点で軽いうつ状態になりました。

会社の電話が取れないです・・・

まず、会社の電話が怖くて取れませんでした。でも上司は「なんで取らないんだ!」と怒ってきます。会社なので当然ですよね・・・。豆腐メンタルなので怒られると打ちのめされて、ますます電話が取れなくなりました。取れない自分に対してさらにループで自己嫌悪を感じました。自分はポンコツダメ人間なんだと思うようになりました。

また、会社という組織のなかだと、なぜかうまく普通に振る舞うことができないのです。たくさんの人が周りにいると勝手にその人たちの感情を深読みしてしまい、自分のことを嫌っていたり噂をしていると思い込んで傷ついてしまいます・・・。
いつも演技をしている感覚でした。しかも大根役者なので笑、空回りばかりです。あまり同期とも馴染めず、気がついたらいつも一人にぼっちになっていました。自分の本来の感情がよくわからなくなり、いつも取り繕ってるので、もう毎日疲労でクタクタです。土曜は起きれずほとんど寝て過ごし、日曜の夕方になると激しい憂鬱感に襲われていました。
心療内科で薬を処方してもらいましたが、結局1年経って限界が来て、会社は辞めました。

他の仕事もダメだった・・・

その後は、どうにか一人で独立できるような仕事を探しました。
「手に職を!」と思い立って、エンジニアになろうとしましたが、レベルが高すぎて挫折してしまいました。
それならWebマーケティングをやってみようと、ある会社にアルバイト入社しましたが、やはり、普通の会社はどうも苦手なようで、、、だんだん病んでいき、つい無断欠勤をしてしまいました。すると、自宅のアパートの窓が強引に突然ひらいて警察がこちらを見て「社会人なんだからしっかりしなさい」と諭してきました。会社が心配して警察に通報したのでした。まさか20代後半にして警察にそんなふうに怒られるとは思ってもみませんでした笑

Webデザイナーにはなれた!

そして、20代後半になって、たまたまハローワークで求職者支援訓練の存在を知りました。もう最後の挑戦だ・・・と決意して「Webクリエイター科」に入りました。PhotoshopやHTML/CSSなどを5ヶ月間の授業で学び、その後は事業会社にWebデザイナーとして入社、1年後にWeb制作会社に移り、現在はフリーランスとして生活しています。
自分はポンコツダメ人間だと思ってたのですが、Webデザイナーにはなれたのです!ようやく、自分らしい生活を手に入れることができました。

現在は、月に30万円ちょっともらいながら週3日だけアパレルの事業会社で働いています。週5日は精神的に無理なのですが、3日ならなんとか働けます。・・・いや正直週3日でさえ、しんどく感じるときもありますが笑、電話も取らなくてよい職場だし、毎日定時で帰れるので働きやすいです。
社会との接点は失いたくないので、この週3日だけ会社に行く生活は僕に向いています。

WebデザイナーがHSPに適職だと思う理由

HSPの性格と「Webデザイナー」という職業の相性が良いと僕は思っています。性格面と働く環境面のメリットをお伝えします。

性格面のメリット

HSPは、Highly Sensitive Personの略字の通り、考えすぎる性格の人です。この性格はデザイン作業に向いています。

Webデザインは大きくデザインとコーディングの2つの分野に分けられます。
そのうちの「デザイン」については、配色やレイアウト、フォント選びなど、常にそれらのチョイスと組み合わせで何が正解なのかを考え続ける思考作業です。そのため、大雑把であっけらかんとした性格の人には向いておらず、ひとりで悶々と考え込むような性格の人にデザイン作業は向いていると思います。
僕なんかまさにそうです。一日中、ひとりでモニターに向かって考えながらデザインをしているのが幸せな人間です。

もちろんHSPの人みんながデザインが好きとは限りません。まずは試しに独学でPhotoshopやIllustratorを触ってみることをオススメします。興味が持てれば、無料の職業訓練や求職者支援訓練、あるいは一般のスクールに通ってWebデザインの基礎スキルを学んでみてください。学校選びや独学の方法は下記の記事を参考にしてみてください。
職業訓練・求職者支援訓練・一般のWebスクール…どれがベスト?
独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド

働く環境面のメリット

独学やスクールの後に、いきなりフリーランスになることはほぼ無理ですが、2年ほどWeb制作会社で働いて実践スキルを身に着けたら、完全フリーランスや僕のように週3日だけ会社で働く生活が可能になります。

  • 在宅で働ける
  • 週3〜4日だけ会社で働く
  • 嫌な仕事をしなくて済む

こんな環境で働けます。
3つめについては、Webデザイナーになれば、デザインとコーディングのみに集中できるので、総合職のように会社から自分が望まない仕事を振られてストレスが溜まることがほぼ無くなります。これは僕にとってすごく大きいです。わがままですが、やはり僕は自分がしたい仕事だけを本気でやりたいのです。

得意なことができると自信が生まれ心を解放して働ける!

最後にお伝えしたいのは、自分らしくあれる仕事をしよう!ということです。

仕事は人生の大半を占めます。仕事が合わないとそれだけで生きづらさが増大してしまいます。僕もかつて普通の会社員の頃はそうでした。「あ〜、僕はポンコツダメ人間なんだな〜」と絶望すら感じていました。

でも、Webデザイナーになって、デザインやコーディングが得意になってくると、自分に自信が持てるようになりました。他の人には難しい仕事が、ちゃんと自分にはこなせるからです。こなせるどころか、みんなからすごく感謝されるのです。自分の居場所が見つけられました。社会のなかで、どうにか自分の価値を見い出だせるようになりました。

自分に自信が持てると、自分の感情を素直に解放できるようになりました。自分を取り繕る必要がなくなり、演技をしなくてもよくなりました。疲れにくくもなりました。

自分らしく働ける仕事、それが見つかると自分らしい生き方が実現できます。本当に幸せで毎日が楽しくなります。HSPの方で仕事を探している方は、「Webデザイナー」という職業を選択肢の一つとして考えてみてください。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社しスキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントしてぜひ登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ