Webの最新トピックを配信中!

オンラインスクールでWebデザインを学ぶ


通学式のスクールに行ければそれがベストですが、地方に住んでいる方や、会社で働きながらWebデザインを勉強したいという方は、オンラインスクールを選びましょう。

今では無数にオンラインスクールがありますが、スクールによって、受講形式と対象者がまったく異なります。要注意です。自分の性格や生活スタイルに合わせて選択しましょう。

Webデザインやプログラミングの勉強のきつい点は、不明点や疑問点が噴出しまくり、すぐにつまづいてしまうことです。だからこそ、スクール選びでいちばん重要なのは「わからない箇所をすぐに質問できる」という点です。
この観点で選んだ2校を紹介します。両校とも「Webデザイン」系のコースがあります。

他のスクールでは、デジハリONLINEもありますが、こちらはほぼ録画された動画を観で学ぶスタイルです。個人的には、不明点をすぐに講師に質問できるタイプのスクールがベストだと思うので、今回は紹介しません。

完全マンツーマンのCodeCamp

CodeCamp
『CodeCamp』は、週2〜3回の完全マンツーマン指導のオンラインスクールです。
家庭教師とかオンライン英会話のイメージですね。

  • マンツーマン指導
  • ビデオ通話での授業&その場で質問が可能
  • Webデザインコースのカリキュラムが充実

ビデオ通話でマンツーマン指導のスクールはCodeCampだけだと思います。

「テキストチャットで質問は無制限にOK!」というオンラインスクールは多いのですが、質問の文章を書き上げるだけで無駄に時間が掛かってしまいませんか・・・

『CodeCamp』は、わからない箇所は、その場でモニターで相手の顔を見ながら質問ができます。苦手な箇所は重点的に勉強できるし、得意な分野はさらに掘り下げれたりと、自分のペースで学習できます。これはすごいです。まさにオンライン家庭教師です。

CodeCamp
Webデザインコースのカリキュラムは必要十分な内容です。HTML/CSS、JavaScript、jQuery、Photoshop、Illustrator、さらに実際の現場によってはよく使うBootstrapも含んでいます。

費用は4ヶ月プランの場合、24,8000円です。週2〜3回の受講で、学習時間は週10〜15時間です。入学金は10,000円です。1レッスンあたり約5,000円〜7,400円です。マンツーマンでこの金額はかなり安いほうです。無料体験でどんな雰囲気か体験してみましょう。

『CodeCamp』は、「プロから直接じっくりと教えてほしい!」という方が対象です。自習スタイルではなく、最短で効率の良い学習方法をプロが提示してくれるのを求めているなら『CodeCamp』を選択しましょう。

自習&メンター付きのTechAcademy

CodeCampとは異なり、自習スタイルに重きを置いて、わからない箇所は随時メンターに質問するタイプのスクールが『TechAcademy』です。
自分ひとりでサクサク勉強したい人はこちらのスクールがオススメです。あと学生さんなら10万円近く安くなるので、25歳以下で大学生ならTechAcademyはかなりお得です。

TechAcademy
授業の内容は申し分ないです。
デザイン分野はIllustratorこそ無いものの、デザインの原則やワイヤーフレームなどデザイン自体が学るのは貴重です。これは珍しく通学式のスクールでもめったにありません。
GitやSassなどコーディング分野で最先端の内容も学べます。オススメのカリキュラムです。

わからない箇所は毎日15時〜23時の間でテキストチャットで質問ができます。テキストのチャットはちょっと面倒ですね・・・。でも、週2回はビデオチャットでメンターと直接話せます。ここで疑問点はしっかり解決したいところですね。

『TechAcademy』は個人的には短期間の受講をオススメします。
16週間の長い期間で受講すると289,000円(学生は199,000円)と高額です。そのわりにテキストチャットと週2回だけしかビデオ通話で質問できないのはちょっと悲しいです。
それならもういっそのこと短期間の4週間プランで受講料を139,000円とリーズナブルに抑えて、集中的に1ヶ月でカリキュラムを終えてしまう方が良さそうです。その分、週の学習時間は20〜40時間(1日3〜6時間)と多くなり少し大変にはなりますが。

いやー30万円近くの出費はちょっと痛いですもんね。。1ヶ月で終えたいところです。
あと、学生さんなら社会人価格から10万円以上も安くなるのでかなりお得ではあります。

オンライン動画レッスンは補講として使おう

オンラインスクールでないですが、Webデザインを学べるオンラインサイトも多くあります。

これらは主に録画された動画を見て学ぶスタイルです。動画のレベルは高く勉強にはなりますが、あくまで「補講」として捉えましょう。自分の不得意な分野を補ったり、スクールで曖昧な点をより深掘りするためのサイトとして考えたほうがいいです。
人にもよりますが、Webデザインを学ぶ場合、学校やオンラインスクールなど、しっかりとしたカリキュラムに沿って学習を進めていく方法が効率的です。中途半端にいろんなサイトでつまみ食いをして、たくさん勉強した気になっても、あまりスキルは身につきません。

オンラインスクールは、自分の性格やライフスタイルに合わせて、『CodeCamp』『TechAcademy』を選んでみてください。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

“オンラインスクールでWebデザインを学ぶ” への3件のフィードバック

  1. ゆりな より:

    ねこポンさんこんにちは。
    いつもコメントありがとうございます。
    現在はオンラインスクールでWEBデザインのコースを受講中です。
    以下、ちょっとグチっぽくなってしまうのですが・・・

    基本的に自習で「何回か講師に直接聞けるチケットを持っている」ような感じで、課題は教科書の内容で解けるものだけではなく、
    基本的にひたすら検索して、自力で頑張って、それでもわからなければレッスンを
    予約して講師にきく、というスタイルです。

    最初は「わからないところがわからない」状態だったりするので、
    レッスンまでに自力でやったところやわからない箇所をレポート(台本のようなもの)に
    整理しています。
    自分の学習スタイルを見つけるのに時間がかかるなと思いました。

    学校からは「30分考えてわからなければ、講師にきいてみましょう」と
    言われていますが、
    「もう少し頑張れば自力でわかるかも!」と不明なところが気になって仕方なくなり、
    パソコンにへばりついてしまいます。
    思ったより大変だな・・・と思うこともありますが、できたときの達成感や喜び
    は大きいものです。勉強をやめたいと思ったことはないんですけどね。

    IllustratorとHTMLを経て、つい最近Javascriptに入りましたが、
    噂に聞いていたとおり、さらに大変だなと思いました・・・
    例えば
    「data1とdata2を合わせた平均値」と言われても数学的センスがないせいか(笑)
    数式がイメージできないし、書いてあることもなんとなく・・しか
    わからないです。
    Javascriptの勉強法で言えば、「最初から完璧を目指さないように」とか
    「まず手を動かすこと」と聞きました。
    スクールの課題は、みんなが解いているみたいで、検索すると誰かが書いた
    もの(結構間違ってたりします)をみちゃうこともあるんですが、
    最初はそれを書いてみて、1行ごとに全部理解できればいいのでしょうか。

    スクールの先生に聞いてみたのですが、HTMLやIllustratorについても、
    どんな勉強法が合っているかは、自分で試行錯誤して見つけるしかないよと
    言われてしまって、なるほどそうかと思ったものの、受講期間も決まっているので、
    あんまりゆっくりできません。
    私の場合はPhotoshopの提出課題とBootstrapは全く手をつけて
    いない状態で、あと2か月しかないです・・・((+_+))

    各科目の勉強法について、ねこポンさんの意見をお聞きしたくて投稿しました。よろしくお願いします。

    • ねこポン より:

      ゆりなさん、こんにちは。
      どんどんグチっていただいて大丈夫ですよ笑

      なるほど、オンラインレッスンはそんな感じなんですね。
      まずは自力で頑張ってみて本当にわからない箇所を講師に聞くと。自走力はつきそうですね。

      >「data1とdata2を合わせた平均値」と言われても〜
      Webデザイナーの業務範囲に限っては、JavaScript(以下JS)の実装で複雑な計算を求められることはほぼ無いので安心してください。平均値を出すとか僕はここ数年そんな計算はやったことはありません。JSの基礎を一通り習得するために授業であらゆる計算方法を教えているだけだと思われます。あまり心配しなくていいです。数学的な計算能力はほぼ不要です。

      僕はJSはあまり得意ではないので、勉強する時はわからない箇所はすぐに回答のコードを見ます。自分で考え抜くことが重要だという方もいると思いますが、全くそうは思いません。わからなければすぐにググって自分がやりたいことを実現しているコードをネットで見つけてコピってきます。それからコードを解読していきます。
      フロントエンドエンジニアになるなら、ある程度のアルゴリズムを考える能力や計算もこなす必要はあるかもしれないので、自分自身でコードをがっつり考え抜く必要があるかもしれません。ただWebデザイナーならそれはあまり問われません。「自分で書けないけど、読めばちゃんとわかる」というレベルに到達していればOKです。もちろんトップに戻るとかスクロールに応じてアクションを追加するとか、その程度であればスクラッチで書けたほうがいいとは思います。あ、いや結局僕もネットからコピってますね笑、ゼロから書くことはほぼ無いです。

      JSについては上のように捉えて学習してください。
      ・数学的な計算能力は不要
      ・わからなければコピペしてくる
      ・でもコードはきちんと解読できる
      ・文法は理解していて簡単なコードならちゃんと書ける
      こんな感じです。

      なので、ゆりなさんがおっしゃるとおり、「最初はそれを書いてみて、1行ごとに全部理解できればいい」ですよ。どんどんカンニングしてください。というかカンニングのようには悪く捉えないでください笑。それが普通です。ちゃんとどういう仕組みで動いているかを完全に理解できているならOKです。

      最初はJSの文法を覚えるためにJS単体で勉強しますが、ある程度文法を覚えたら、あとはサイトを作りながらJSで動きをつけたりしていく方が、実践的にJSを習得できます。というかJSじゃなくてjQueryでOKです。

      「自分に合う勉強法は自分で試行錯誤しながら見つけろ」って一見かっこいいこと言ってますが、ただの丸投げですよね笑。講師なら受講者の性格や現在のトレンドに合わせて何らかの勉強法を提示すべきだと思います。

      このサイトで推奨している勉強法は、求職者支援訓練などの学校に行くか、次の独学の記事に書いた方法になります。
      ★独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド
      https://webdesigner-go.com/study/self-taught/

      具体的に●●についての勉強方法が知りたいということでしたら、学習科目(CSS?イラレ?)と学習にあたって直面している問題について具体的に教えて下さい。

      時間がなければBootstrapはやらなくていいです。現場にもよりますが、あまり使いません。使う時になったら勉強すればOKです!

      • ゆりな より:

        ねこポンさん
        >JSについては上のように捉えて学習してください。
        ・数学的な計算能力は不要
        ・わからなければコピペしてくる
        ・でもコードはきちんと解読できる
        ・文法は理解していて簡単なコードならちゃんと書ける

        ありがとうございます。コピペって、なんだかズルしてるみたいで不安になったし、
        周りに勉強している人がいないせいか、自分以外はみんな簡単に理解できている
        みたいな焦りがありますね。まずは読んで理解するところから始めることにします。

        スクールも大事だけど、何より仕事に就いて実践するほうが成長が速そうですね。

        きめ細かいアドバイスをくださって、気持ちが落ち着きました。
        本当に感謝しています・・・
        また勉強でつまずいたら、よろしくお願いします。

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ