Webの最新トピックを配信中!

【無料】職業訓練でWebデザインを学ぶ

職業訓練の概要と、Webデザインを職業訓練で学ぶメリット・デメリットをお伝えします。

僕は職業訓練ではなく求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。求職者支援訓練ついては『求職者支援訓練でWebデザインを学ぶ』の記事を参考にしてください。でも、職業訓練の『Javaプログラミング科』に通ってたことがあります。東京の恵比寿にある学校に3ヶ月間通っていました。さらに民間のスクールにも通ったことがあるし、学校だらけの人生ですね…。

職業訓練のWebデザイン関連学科

職業訓練は雇用保険を受給できる方が対象です。開講前になると、授業のパンフレットがハローワークに設置されます。


↑が東京版です。こちらのページからもPDF版が読めます。Webデザイン関連の学科は3つありました。

職業訓練のメリット・デメリット

雇用保険をもらいつつ通える

やはり職業訓練のメリットは雇用保険(失業保険)をもらいつつ、学校に通える点です。求職者支援訓練の場合は、条件を満たせば月10万円はもらえますが、僕の場合は条件に満たずお金は出ませんでした…。まぁどちらも授業料はタダなので、それで十分にありがたい話なのですが。

通学期間の短さをメリットとデメリットと捉えるか

職業訓練は通学期間が3ヶ月です。一方、求職者支援訓練は約6ヶ月です。個人的には、職業訓練の3ヶ月はWebのスキルを身につけるにはやや短いと感じています。職業訓練の授業には、求職者支援訓練には含まれていることが多い「WordPress」というサイト構築システムの授業が含まれていません。またHTML/CSSやPhotoshopなどの各授業時間数も求職者支援訓練と比べると相対的に少なくなります。

ただ、家庭の事情などで3ヶ月という期間が良いという人もいると思います。また適度にWebのスキルを身につけてすぐに転職したい人もいるはずです。Webデザイナーを目指すわけではなく、Webの知識を持ったWeb担当者やWebマスター(サイト運営者)になりたいというケースもあると思います。そういう方には3ヶ月の期間はメリットと言えます。

スキルに関しては、もし、卒業後にスキルにやや自信が無くても、仕事の中で身につけていくこともできるし、民間のWebスクールでWordPressのみの単科講座を受けたり、今の時代はオンラインの講座も充実しています。良質な本もあるので独学でも勉強もできます。独学でおすすめの本はぜひ『独学でWebデザインを勉強するための完全ガイド』をぜひ参考にしてください。

通学期間の短さをメリットとデメリットと捉えるかは、自分の今後のキャリアと照らし合わせて見えてくると思っています。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ