Webの最新トピックを配信中!

新卒でWebデザイナーになる方法

大学を卒業して、新卒でWebデザイナーとして働く方法を教えます。

理系学部出身でプログラミングに馴染みがある人は、新卒でエンジニアやフロントエンドエンジニアになりやすいのが今の世の中です。ものすごい需要があります。学生という時間がある時に、自分はエンジニアに向いているかどうか、ちょっと勉強してみて確認してみるのがオススメです。

Webデザイナーについては、もちろん美大卒や理系ではない文系学部出身の人でもなれます。というか、僕の周りのWebデザイナーたちは10人いれば8人は文系学部卒か専門学校卒です。そして、20代後半でガチガチの文系(哲学科)の未経験からWebデザイナーになれた僕が言うから確かです。

Web業界はスタッフの平均年齢が若く、若ければ若いほど賞賛されるので大学生はむしろ有利です。

大学生がWebデザインを学ぶ方法

大学生の方がWebデザインを学ぶ方法は、下記の2つがあります。

  1. 3~4年生の間にWebデザインの学校に通う方法
  2. 卒業してからWebデザインの求職者支援訓練か学校に通う方法

1. 3~4年生の間にWebデザインの学校に通って学ぶ方法

僕は実は求職者支援訓練以外にも、東京の渋谷にある「東京デザインプレックス研究所」という、やたらと広告がカッコいいWebデザインの学校に少しだけ通っていたのですが、そこで多くの大学生に出会いました。

彼らは大学4年生が多く、すでに単位も十分に取って残るは卒論のみという状況なので、興味のあるWebデザインを勉強しに来ているとのことでした。だいたい民間のスクールは2~3ヶ月くらいの期間で、しかも週に3~4日だったりするので、大学の授業を調整すれば十分に学校に通えるわけです。

実際に、ある学生の女の子が制作したカレー屋さんのWebサイトを見せてもらったのですが、よくできていました。今の僕から生意気な目線で見ると、デザインが荒削りですが、コーディングやWordPressの基礎スキルは習得できていて、就職活動したら問題なく採用されるだろうなぁと思いました。結局、その子はWebディレクターになりましたけどね。

こんなふうに、3~4年生の空いている時間に、学校に通う大学生が多いです。

また、「学生の間にWebデザイナーのアルバイトを見つけて働いている」という話をよく聞きますが、僕個人としては、別にやらなくてもいいと思います。偏見があるかもしれませんが、はっきり言って、アルバイトが担当する作業は、テキスト差し替えやリンク修正など単調でスキルが身につかないものが多いと思っています。だって、たまにしか来れない人に、ある程度の期間が必要な大きなデザインの仕事や、複雑なコーディングが必要なサイトはまかせられないからです。中途半端にバイトをするなら、ポートフォリオに掲載するサイトを一つでも増やしたほうが得策に思えます。まぁでもこれはアルバイトをする会社にもよるので、一概には言い切れませんが。

2. 卒業してからWebデザインの求職者支援訓練か学校に通う方法

あ、ごめんなさい、これはもう新卒じゃなくて既卒になってますね…。あ、でもぜひ参考にしてください。大学を卒業してから、求職者支援訓練か民間の学校に通うという方法があります。

実際に僕が求職者支援訓練に通っていた頃、大学を卒業したばかりの若い女性の生徒が二人いました。学生のうちにある企業に内定が出たけど、やっぱりWebデザインに関わりたいから、卒業してから学校に通っているとのことでした。一人は、今は六本木のソーシャルアプリを開発する企業でデザイナーとして働いています。もう一人は…何しているか知らないんですよね。。

Web業界はスキルを最重要視するので、既卒で半年から一年くらいのブランク期間があっても、「Webデザインを勉強するため」という動機があれば、それほどキャリアに悪影響はありません。

新卒の就職活動

ここからは特に普通のWebデザイナーの就職・転職活動と変わりはありません。できれば学校にいる間に1~2サイトをデザイン&コーディングで制作し、ポートフォリオを制作しましょう。学校の先生にポートフォリオを見てもらい、「未経験としてはバッチリなポートフォリオ」に仕上げておけば大丈夫です。

そして就職サイトではなく、就職エージェントを利用してください。担当者の方がポートフォリオをチェックしてくれるし、エージェントによっては面接に同行もしてくれます。一番最初に入る企業はものすごく大事です。成長できるホワイトな会社をエージェントの方に紹介してもらいましょう。
Webデザインの力をしっかり身につけたかったら、必ずWeb制作会社に入ってください。バラエティに富んだ業種のクライアントを持つWeb制作会社に入れれば、さまざまなテイストのデザインを手がけられます。最先端の技術に対しても感度が高いので、最新のコーディングやフロントエンド周りの知識を習得できます。

面接については、もう若さをアピールしましょう。「まだ未熟だけどしっかり勉強したい」「私を使ってください!」とアピールすれば大丈夫です。未経験のWebデザイナーの採用なんて、半分はポテンシャル採用です。フレッシュさとガッツとWebデザインが好きなことをしっかりと伝えれば、きっと内定が出ます。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。
    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ