Webの最新トピックを配信中!

Webデザイナーの転職サイトは『Green』と『FindJob』の2つ

green-findjob

Webデザイナーが使う転職サイトは主に『Green』『FindJob』の2つです。
リクルートやdodaなどは一般向け転職サイトなのでWebデザイナーの求人が少なく、その質もあまりよくないので使いません。必ずITに特化した転職サイトを使います。

『Green』『FindJob』はともに、未経験OKのWebデザイナー求人を扱っています。

2019年6月現在で『Green』で、未経験OKのWebデザイナー求人は56企業79求人の案件が見つかりました(職種はWebデザイナーとHTMLコーダー、勤務地は東京都、条件に未経験可で検索)。かなり多いですよね。同じ条件で『FindJob』で検索すると、28件見つかりました。

GreenもFindJobも登録後に自分の職歴やポートフォリオを企業向けに掲載(もちろん一般向けには非公開)できます。クオリティによっては企業からスカウトメールが来ますので、ぜひ登録してみてください。オススメの機能です。

未経験の状態だと、なかなか面接までたどり着くのも難しかったりします。
転職エージェントに加えて転職サイトからも気になる企業にはどんどん応募してみて、選択肢を可能な限り増やしましょう!

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

“Webデザイナーの転職サイトは『Green』と『FindJob』の2つ” への2件のフィードバック

  1. あか より:

    ねこポンさん
    ねこポンさん、初めまして。突然のお便りをすみません。転職するべきか悩んでいたところ、貴サイト様を知り、ぜひご意見がいただきたくコメントを送らせていただきました。
    私は別職種からの転職で、去年から現会社へ正社員採用で就職した20代後半のデザイナーです。今の会社はWEB制作専門ではなく、さまざまなIT系事業を行なっている会社です。WEB事業は創立から5年ほどで、ほとんどを営業職で入った先輩が一人で行なってきました。
    私は職業訓練学校を卒業の後にデザイナーとして採用されて働いております。デザイナーは私だけです。
    問題は、就職から1年が経とうとしているにしても一つもWEBサイトを作らせてもらえないことです。
    主な業務は先輩社員が作ったWEBサイトの保守として、文章の入れ替え、リンクの張り替えなどです。
    先輩社員の制作物はデザインセンスが固まっており、すべて同じようなサイトで、真似して作るように言われています。
    また、先輩はデザイナーというよりはエンジニア色の強い人で、デザインセンスを磨いていくというよりは、SEOを重視する、コンサル系(?)の人です。
    かつて3人ほどデザイナーで採用された過去があるそうですが、デザインをさせてもらえないこと、その方のコミュニケーションの問題などから、どの方も短期間で退職したようです。
    周りの部署の人たちはWEBのことに詳しくなく、短期間で人が辞めていくのを心配しつつ、何も進言ができない状態です。
    サーバーの設定や、ドメイン取得から移転作業、WordPressの操作、もちろんSEOの重要さなど、為になることを教えていただいたのですが、やはりデザインを伸ばしていくことは出来ていないので、いっそ純粋な制作会社へ転職しようかと考えています。
    しかし、周りの人間関係はとても良く、インハウスデザイナーのようなポジションであるため、先輩社員の元を離れられれば一人で仕事が出来るとも思い、躊躇してしまいます。
    また実務経験が一年ほどの段階で、果たして転職が成功するかも不安です(当方は地方在住です)。

    漠然とした不安のことばかり綴ってしまい申し訳ないのですが、ねこポンさんの豊富なご経験から、何かご助言をいただけたら幸いです。
    長文にも関わらず、ここまで読んでいただき、ありがとうございます。重ねて乱筆乱文をすみません。

    • ねこポン より:

      あかさん、こんにちは。
      回答できる時間ができました^^

      なるほど、それは「今後どうしようか・・・」と迷う状況ですね。。

      僕も制作会社時代はそういった「運用」作業もたまにやっていたので、お気持ちはわかります。はっきり言って運用案件は、デザインとコーディングのスキルはあまり伸びない作業なので、やっていて「本当にこのままこの会社にいて大丈夫だろうか・・・いたずらに時間ばかりが過ぎていくぞ!」と焦る気持ちは、ものすごくわかります。。

      もし、その会社の雰囲気がいまいちであれば、転職も考えやすいですが、3人も前任者が辞めているとはいえ、「周りの人間関係はとても良く、インハウスデザイナーのようなポジションである」のなら、せっかくの良い職場環境を離れるのは、ちょっと不安ですね。
      地方だとなおさら求人は少なく、会社を辞めることがリスクになりえますね・・・。「Webデザインがやりたいならやれる会社に行きましょう!さぁその会社は辞めましょう!」とも気軽にアドバイスはできません笑

      なので、もし僕があかさんの状況なら以下のように行動します。

      その先輩社員の元を離れられる可能性があるので、もうしばらく、例えばあと半年から一年くらいはその会社に我慢して在籍し続けます。離れられたらラッキーです。その新しい部署で携わる業務が楽しければそのまま継続していきます。

      一方で、Webデザインについては、個人でプライベートで制作していきます。たくさん手を動かして、サイトデザインやコーディングをして、数サイトを作ります。
      そして、すでにあるかもしれませんが、ポートフォリオサイトを作り、内容を充実させていきます。
      次に、これは余裕があればなのですが、もし会社が副業OKなら、ポートフォリオをアピール材料として、ランサーズや友人のツテを使って、サイト制作を請け負います。ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサイトには、サイトデザインやバナー制作、コーディング、WordPress案件など豊富にあります。もちろん競合も多いため、簡単には受注はできません。なので遊び感覚で良いので、バナー案件のコンペに応募してみたりします。他のデザイナーの方が制作したバナーも見れるので勉強になります。

      こういうふうに、個人でいろいろとデザインやコーディングをしているうちに、
      「自分が本当にWebデザインをしたいのか?」
      ということに自覚的になれるはずです。

      あ〜、やっぱりWebデザインをもっともっと追求したい!
      そう思ったら、なにがなんでも、ぜったいにWeb制作会社に行ったほうがいいです。今の会社でそれが実現できないなら、やっぱり辞めましょう。

      つまり、とりあえずしばらくは今の会社に居続けながら、自分でできる範囲でWebデザインをやってみる、という提案です。そして、どうしてもWebデザインをもっとやりたいと思えるなら、その時に「辞める」という判断をします。僕ならそうします。

      問題になっているのは、あかさんの中での「Webデザイン」の優先順位だと思います。Webデザインが最優先ならすっぱり辞めたほうがいいし、もっと別のこと、生活することだったり、大事な人と一緒に住むことだったり、それらが最優先なら、その生活を守り続けるために、会社に居続けた方がいい場合もあると思います。どっちが正しいとかではなく、上で提案した生活をしながら、もうしばらく、優先順位が何かを考えてみるのが良いかなぁと思います。

      「漠然とした不安」すごくわかります。
      僕もいま週3日だけ、とある事業会社で働いてますが、ぬるま湯な環境なのでスキルがあまり向上しません笑。辞めたほうがいいのはわかっているのですが、収入が減るのは怖いので、なかなか辞める決断ができません・・・。
      でもやっぱりあと数ヶ月で辞めると思います。このままじゃダメになっちゃうので。生活費のことは不安ですが、自分がダメになっちゃうのはもっと耐えられません。自分が幸せになるためには、覚悟と決断はどうしても必要になってきます。

      とりあえずは、先輩の元を離れられて、もっとデザインができる状況になるのが良いですね!また状況が変わったりして、何かご質問があればいつでもお願いします!

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ