Webの最新トピックを配信中!

未経験から派遣のWebデザイナーになってはいけない理由


学校や独学でWebデザインを勉強して、「さて!派遣で現場に挑戦してみよう!」と思うかもしれません。

ぜったいにダメです。
未経験から派遣になると、くそつまらない仕事しかやらせてもらえないからです。
そんな現場ではスキルはほとんど成長しません。
3ヶ月後くらいには辞めて、また転職活動の繰り返しです。

派遣の初心者Webデザイナーは、企業にとっていいカモなのです。

なぜ、くそつまらない仕事をやらされるかと言うと、
派遣の初心者Webデザイナーなら、いつでも雇用契約を切りやすくて、つまらないリンク張替えやテキスト修正などの更新作業(「運用」案件と言います)も文句も言わずやってくれるからです。
新規サイトのデザインやゼロからコーディングなどの成長できる案件は、すべて正社員スタッフに回されます。会社に長く所属する可能性のある正社員を成長させたいからです。あるいは十分に経験のある派遣か業務委託のスタッフが担当します。
いつ辞めるかもわからない派遣には、ちゃんとした案件、レベルの高い案件はやらせられません。

僕はそういう派遣の人を現場で何度も見てきました。
アデコやパーソルキャリア、リクルートなどの人材紹介会社から、なんとなく連れてこられて、単純作業ばかりやらされて、スキルも身につかず、ただただ疲弊して、会社の都合でいきなり派遣切りにあってしまうという、まだ経験の浅いWebデザイナーを何人も見てきました。
そういうことは、あまりに頻繁で、もはや普通の出来事になっていました。本人にとっては、本当に悲惨なことだと思います。

もちろんすべての会社がそうとは限りません。
未経験からでも、先輩が親身に教えてくれたり、がっつりコーディングをやらせてくれる現場もあるかもしれません。
でも、めったに存在しないはずです。
派遣会社や会社が悪いわけではなく、そういうものなのです。

会社は、よく「派遣でつなぐ」という言い方をします。

繁忙期や、急に誰かコーダーやデザイナーが辞めてしまった時に、急ぎでスタッフが一時的に必要になります。
そんな時に派遣でつなぐのです。会社はとりあえず派遣会社に電話して、「誰か作業者が欲しい」と伝えて、急ごしらえの派遣がやってくるわけです。
もちろん、裏では、正社員採用を進めています。
正社員が決まったら、頃合いを見て、派遣スタッフには「ちょっと会社の業績が厳しくてね……ごめんね」と伝えて辞めさせます。

誤解してほしくないのは、派遣という仕組みを責めてるわけではありません。
「派遣」は、初心者のWebデザイナーがなるべき雇用形態ではない、ということです。

派遣は、十分にWebデザインのスキルを身につけた経験者が、時給制で自分のペースで働くための仕組みなのです。
派遣なら、当然副業もできるし、正社員の縛りもなく負担やストレスもかかりづらいです。

だからこそ、未経験でいきなり派遣にはならないでください。
未経験からWebデザイナーになる場合は、正社員になるか、いずれ正社員になる紹介予定派遣になってください。
正社員として、がっつり案件に取り組んで、成長して、2年後くらいに、フリーランスになったり、社内でステップアップしたり、自由に自分の道を選択をしましょう!

派遣に加えて、SESへの就職もダメです。続けてこちらの記事も読んでみてください。
SESへの転職はやめたほうがいいです

コラム①:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む
コラム②:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートWebistです。 ※現在はコロナの影響でこの2つのエージェントですら未経験OKの求人が少ない状況です。ただ、少しでも選択肢を増やすために、また今後状況が改善されてきた時のために登録しておきましょう。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートとWebistはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ 『Webist』公式サイトへ
コラム③:WordPressでポートフォリオサイトを作ろう!
ポートフォリオ用WordPressテーマ PORTFOLIOベーシック
テーマ制作者の顔

ねこポン
(テーマ制作者)

「手軽に自分らしいポートフォリオサイトが作れたらなぁ」という想いでこのWordPressのテーマを作りました。今だけモニター価格で980円!で提供しています。

ぜひ、このテーマをテンプレートとして自分らしいポートフォリオを作ってみてください♪WordPressの学習にも最適です。

“未経験から派遣のWebデザイナーになってはいけない理由” への5件のフィードバック

  1. 高山 より:

    佐藤様

    はじめまして。都内在住の31歳(女)です。
    ご質問なのですが、こちらのコメント欄では、転職活動中の軽く困ったことや悩みなどについてご相談することは可能でしょうか?
    お手数とは存じますが、ご返信頂けましたら幸いです。    

    • ねこポン より:

      高山さん、こんにちは!
      はい、気軽にどんどん困ったことや悩み相談をこちらに書いてもらえればと思います^^
      お待ちしております。

  2. ふゆき より:

    こんにちは。以前、web制作会社を辞めたいと言っていた、ふゆきと申します。
    3月に入社し、もうすぐ半年が経ちます。が、依然として辞めたい気持ちが続いています。
    しかし、半年程度の経験では、入れるweb制作会社も似たようなものでしょうし、安定した事業会社に入るのも難しそうです。
    派遣社員の求人を見ると、労働時間も短く出来、収入も増えそうです。が、この記事で、ねこポンさんが書かれているように、派遣の仕事はもっと経験とスキルを身に着けてからの方がいいのでしょうか?
    正直疲弊してきて、派遣でもいいのかなと思ってしまいました。稼ぐスキルは身に着けたいので、ずっと派遣、というつもりは無いのですが。。アドバイス頂けますと幸いです。

  3. ふゆき より:

    すみません、追記です。
    ポートフォリオもどうしていいか分からないでいます。現在あるのは未経験時代に作ったサイトなのですが、これをどうアップデートしたらいいか悩んでいます。守秘義務があるでしょうから、実際に会社で作成したものは載せられないでしょうし、やはり制作物は架空のサイトを作り直したりした方がいいのでしょうか?

    • ねこポン より:

      ふゆきさん、おひさしぶりです!
      会社大変そうですね。。日々おつかれさまです…。

      できれば平時なら派遣はやめてほしいのですが、このコロナの状況では派遣でもアルバイトでも契約社員でもどんな雇用形態であれ、とりあえずWeb業界に入った方がいいですね。。記事が混乱させていたらすみません。なので、良さそうな派遣の求人案件があれば、そこに行ってみるのは十分アリです。

      ポートフォリオについては、声を大にしては言えないのですが、ポートフォリオサイトのようにネット上にがっつり公開しないのであれば、PDFや紙版のポートフォリオにはこっそり制作物は掲載してしまいます。そうでもしないと何もアピールできなくなりますもんね。転職活動だけでも時間を取られるのに、架空サイトを作る時間はなかなか作れないと思います。もちろん派遣会社に対しても「紹介先にしか見せないでね」と言っておくのを忘れないようにします。僕は何ら責任は取れませんが笑、いろいろ試してみてください。

      もし未経験時代よりもスキルがアップしている自負があるのなら、一サイトくらいは架空サイトをがっつり作ってみるのもいいと思います。架空のバナーでもいいですよね。十分アピールになります。

      また進捗や不安などあればいつでもコメントをください^^

ご質問や感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

    お問い合わせはこちら

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • ポートフォリオ用WordPressテーマ作りました!PORTFOLIOベーシック
    スクール23校をまとめました!Webデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザインスクール一覧

    おすすめのWebデザイン&プログラミングスクールを一部紹介!主要なスクール23校は『Webデザインスクールの一覧』でチェックしましょう。

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    デイトラ
    有料
    (¥89,800〜)
    オンライン
    (90日間/質問期間は1年)
    Webデザイン なし
    プロによる総評

    『デイトラ』はかなりコスパの高いオンライン完結型のWeb制作スクールです。格安ながらもデザインとコーディングのレビュー(添削)が受けられます。人気急上昇中でTwitterで受講生のツイートを見ない日はありません。「課題 + 課題のレビューあり + 質問し放題」というサービスを提供しています。

    デザイン力とコーディングスキルはレビューをしてもらってこそ急速に成長するため、かなりオススメのスクールです。というか今のところ低価格で他にデイトラのようなスクールが存在しないんですよね...。通学式のスクールに40、50万円も払う余裕はないけど、デザインやコーディングのレビューはしてほしい!という方はデイトラを受講しましょう。

    Twitter内にはデイトラの受講生がかなり多くいるので、一緒に学習を頑張る仲間も見つけられます。

    デザインを重点的に学びたい方は「Webデザインコース」、コーディングスキルを高めたい方は「Web制作コース」を受講しましょう。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    Famm
    有料
    (¥162,800)
    オンライン
    (1ヶ月)
    Webデザイン なし(案件獲得サポートあり)
    プロによる総評

    ママさん専用Webデザインスクールです。現在はコロナでライブ配信授業が中心です。なんと授業中は自宅にシッターを手配してくれるのでしっかり集中できます。受講期間は1ヶ月で5日間という超短期間なので、忙しいママさんでも時間を確保しやすいです。生徒はママさんだけなので、ママさん同士の交流も楽しめます。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ