Webの最新トピックを配信中!

未経験から「Webディレクター」になる方法

Webディレクター
実は、WebデザイナーよりもWebディレクターの方が需要があります。
いろいろと補足事項はありますが笑、Webディレクターにはなりやすいと言えます。

なぜWebディレクターは不足しているのか?

Webデザイナーは探せば見つかるのです。
社内にもいるし、いまやランサーズなどのクラウドソーシングでフリーランスのWebデザイナーも見つけられます。
英語ができる会社ならオフショアでUPWORKなどのサイトを使って、格安な外国人のWebデザイナーも探せます。

ところが、Webディレクターはなかなか見つかりません。
社内で新たにプロジェクトが発足するたびに、そのプロジェクトを監督するWebディレクターが必要になります。でも社内にも外部にもあまりいません。

Webディレクター不足の理由1:タフな職種

なぜか?
それはWebディレクターはタフな職種だからです。けっこう精神的に強くないとやれません。

何がタフかと言えば、クライアントと社内スタッフとの板挟みになりやすいことです。
クライアントの要求をしっかり把握し、しかも社内のデザイナーやエンジニアたちの要求(単なる愚痴の場合もある…)も聞き入れ、プロジェクトをうまく進行させて、サイトリリースまで持っていく必要があります。進行がつまづくと炎上の可能性もあり、ストレスが溜まりやすいです。交渉力やコミュニケーション能力が必要とされます。
逆に言えば、鈍感な人は向いています。クライアントからごちゃごちゃ言われたり、エンジニアにあーだこーだ言われても気にしない性格なら、かなりディレクターは向いているはずです笑

Webディレクター不足の理由2:Web制作の広い知識が必要

また、Webディレクターの業務は多岐にわたるため、Webの知識がある程度必要です。意外にこのWeb制作全般の知識を持つ人が少ないのも、Webディレクターが不足しているもう一つの理由です。

業務は、クライアントのヒアリングから入り、サイトのワイヤーフレーム作成やプロジェクトの進行管理などです。他業種からいきなりWebディレクターに転職してプロジェクトを一人で回すのは難しいため、一般的にはアシスタントディレクターから業務に入ります。
または、Webデザイナーを経験後にWebディレクターに転向するケースが非常に多いです。

Webディレクターになる方法

なんかけっこう大変な職種だなぁ…と思った方も多いと思います。
ただその分、ディレクターは不足しているため、未経験からでもかなり入りやすい世界です。一般的にWebデザイナーよりも年収は高いです。

Webディレクターになるには、下記の流れがオススメです。

1.独学か学校でWebデザインを学び、Webの基礎知識を習得
2.転職エージェントでWebディレクター職を大量に紹介してもらう

まずはWebの基礎知識を習得しよう

Webディレクターになるにしても、できれば最初に独学や学校などで、Webデザインの基礎知識を習得してほしいです。

まったくWeb制作のことがわからないまま、ディレクターになって成功する人もたまにいます。クライアントや社内のデザイナーに恵まれていたり、本人自身の学習能力がかなり高いケースです。
ただ現実は、やっぱり知識ゼロは厳しいです…。現場にできるかぎり即戦力に近い状態で入るには、Webデザインの基礎知識は事前に必要です。

求人の選択肢をとにかく増やそう

そして2ですが、とにかく求人の選択肢を欲張りに増やしましょう。

Web業界の闇の部分ですが、「Webディレクター募集!」と書いておいて、実際に入社したら、何のスキルも身につかない事務的な作業だけをやらせるブラック企業も残念ながら存在します。電話番や地味なエクセル作業ばかりやらされて鬱っぽくなって3ヶ月で退職したWebディレクター志望だった友人がいます…。

そのため、大量の求人案件のなかから、自分が本当に行きたい安全な会社を選ぶ必要があります。
Web業界に特化した転職エージェントの『ワークポート』は必ず登録しましょう。未経験OKの求人を多数保有している珍しい転職エージェントです。ここなら年齢や今までのキャリアにもよりますが、未経験の状態でもWebディレクターの求人を紹介してもらえるずです。

 

Webディレクターは、まさしくディレクターつまり「監督」です。
僕もWebディレクターの時期がありましたが、苦難を乗り越えて、サイトをリリースできた時の達成感は本当に大きかったです…。監督としてプロジェクトの舵を取ることの面白さを味わえれば、Webディレクターは本当に天職だと思います。

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、TECH::EXPERT がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む 『TECH::EXPERT』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ