Webの最新トピックを配信中!

手っ取り早くWeb業界に就職・転職する3つの裏技的な方法


Webデザインのスキルとかいいから、もうとりあえずWeb業界に入りたいなら、やや危険ながら3つの方法があります。あくまで参考にしてください。

1. 未経験からWeb制作会社のWebディレクターになる

実はWebデザイナーよりWebディレクターの方が需要がある

Webデザイナーになることを勧めている本サイトですが、実際のところ、現在はWebディレクターの方が必要とされています。あ、だからってすぐにWebディレクターになろう!って思わないでくださいね。それは少し危険だって話です。

会社にはコーダーやデザイナーは意外と多いのです。また、フリーランスにコーディングとデザインを外注すれば、かなり安上がりになる時代です。
でも、それらをコントロールするWebディレクターが不足しているのです。

そういうわけで、Webディレクターは需要があり、他業種からの転職でWebの知識が無くてもWebディレクターかアシスタントディレクターになれてしまうのです。また、職業訓練校などの学校を卒業したてでも同様に就職・転職できちゃいます。もちろん小規模から中堅の会社ですよ。

いや、次で説明する「Webディレクターが不足している理由」こそ重要なのです。気軽にWebディレクターにならないでくださいね。

Webディレクターが不足している理由1 タフな職種

不足している理由はいろいろありますが、一つは、Webディレクターがタフな職種だからです。病む人もいます。僕の周りにも普通にいます。

職場やどういうクライアントを相手にするかにもよりますが、けっこう精神力が強いタフな人に向いています。クライアントの無理難題に臨機応変に対応し、現場のWebデザイナーたちの要求(ただの文句の時もある)も汲み取る必要があります。板挟みです。円滑にすべてを進行させ、炎上させず、サイトを完成まで持っていく必要があります。その分、サイトを完成させたときの達成感は確かにありますが…。

Webディレクターが不足している理由2 ただの雑用係になっちゃう

2つめは、Webディレクターとは名ばかりの雑用係にされてしまい、嫌気が差してすぐに辞めてしまうパターンです。ワイヤーフレーム(サイトのレイアウト)作成やスケジュール調整などWebディレクターの醍醐味ともいえる仕事をほとんどさせてもらえず、電話番とコピー、サイトのページの洗い出し…、もう誰でもできるような雑用ばかりさせられます。本人の実力不足もあるのかもしれませんが、僕の友人もこれで一週間で辞めています。この業界にはほんっとにダメダメなブラック企業も残念ながら存在しているので、そんな会社に引っかからないでください。

いきなりWebディレクターは本サイトはオススメしません

Webディレクターが悪いと言っているのではなく、できればWebデザイナーを経由してからWebディレクターになってほしいのです。もちろんいきなりでも、うまくフィットする人もいるかもしれませんが、Webデザイナーとして少しでも知識を蓄積し、現場の経験を積んだ上でのディレクションの方が、はるかに効率的なのではと思います。

2. 事業会社のWebマスターになる

前職で、営業や企画、広報などの職種に携わっていた場合は、事業会社のWebマスター(サイト運営者)になれる可能性は十分にあります。

事業会社は自社で商品やサービスなどを持つ会社のことです。仕事の内容としては、自社サイト・自社ECサイト・オウンドメディアの運営のどれかが一般的です。あなたがWebマスターになりたいのならいいのですが、Webデザイナーとしてデザインやコーディングをやって成長していきたいのなら、Web業界で最初の会社として事業会社を選んではいけません。基本的にWebデザインのスキルを伸ばせる環境ではありません。Web制作を得意とする「Web制作会社」に行くべきです。

3. コーダーになる

とりあえずHTML/CSSだけ1ヶ月ほどがっつり勉強し、サイトを2つほど作り上げて、転職エージェントに登録しておけば、コーダー(HTMLコーダーとも言う)の職種の募集にひっかかるかもしれません。派遣が多いと思いますが…。

この業界には、「大量ページ量産案件」と「運用案件」があります。コーダーを必要としている案件が常にどこかにあるのです。

「大量ページ量産案件」でコーダーが必要

大手企業サイトのリニューアルになると、ページ数にて何百ページとコーディングしなくてはならなくなりません。だいたいそういう案件は下請けのWeb制作会社がやるので、コーダーを多く抱えている必要があります。ゼロからコーディングはせず、原稿の流し込みだったり、画像の一部差し替えだったりして、「ほんとにこれコーディングかよ!」と嘆きたくなるものも多いです。

「運用案件」でコーダーが必要

運用とは、クライアントのサイトを更新する作業がメインです。あまりスキルを必要としないため、派遣でコーダーが雇われたりします。リンクの張り替えやテキストの修正など、「うぉい!これコーディングって言えないよ!」と嘆きたくなるものも多いです。で、閑散期になったらクビになったりします…。

今の時代、コーダーは生き残れない

HTMLとCSSだけしかできないコーダーは、今の時代、生き残りづらくなりました。やはり少なくともJQueryとWordPressは扱える必要があります。独学でそのあたりを勉強したり、研修制度が充実している会社に入って、コーダーからフロントエンドエンジニアにステップアップできればベストです。

最初は我慢して時間をかけてスキルを貯めよう

守るべき家族があったり、生活費がすぐに必要だったり、いろいろな事情があると思います。そんな方にはここで書いた就職・転職方法も一つの方法です。

ただ、本サイトではやっぱり最低でも4ヶ月くらいは学校に行ってしっかりWebデザインを勉強をすることを強く勧めます。最初は時間をかけて我慢して基礎を固めておけば、就職してデザインとコーディングに少しは自信を持って働けるのです。僕がそうだったからです。求職者支援訓練の学校に通っていた数年前のあの5ヶ月間が、今の充実したWebデザイナーとしての生活を築いてくれていると思うんです。

コラム:Webデザイナーを強くオススメする理由

あなたはたぶんエンジニアにはなれません。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『エンジニアカレッジ』に行きましょう。エンジニアカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。ここで、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『エンジニアカレッジ』の詳細を読む

質問や感想などお気軽にどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 管理人(ねこポン)について

    ぬるま湯でぬくぬくと週3日だけ働く30代半ばウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    > 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

  • Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ