Webの最新トピックを配信中!

未経験Webデザイナーの最強の自己PR文の書き方【例文あり】


「キミが欲しいよ!ウチに来てよ!」
面接官を経験した僕がそう思ってしまう最強の自己PRの方法を教えます。自己PRの例文も記事の後半に記載してみました。

履歴書の自己PR欄って意外に難しいですよね。
履歴書だけではなく、面接によっては「口頭で自己PRをお願いします」とお願いされるケースもありえるので、面接対策としてもこの記事に目を通しておいてください。
ポートフォリオの質が低くても、面接での自己PRによっては面接官に「まだスキルは未熟だけどこの人となら一緒に働きたい!」と思ってくれて採用されることも十分にありえます。

自己PRでは「やる気」と「仕事の本質を理解していること」の2つをアピール。前職の経験はおまけ。

未経験でWebデザイナーを目指す方は、実務経験が無いので「やる気」と「仕事の本質を理解していること」の2つを主にアピールすることになります。

もしかしたら「自己PRでは前職の経験もアピールしよう!」というのをどこかで見かけたことがあるかもしれません。はっきり言って、前職の経験はそれほど重要じゃないです。だってまったく違うWeb業界に行ってWebデザイナーという全く違う職種に就くわけですから、あまり前職の経験って役に立たないと個人的には思っています。安心してください!僕も前職の経験でアピールできることなんて何一つ無かったですから!……あ、あります?アピールできること?そうですか….その場合は前職の経験もアピール(具体的にはチームワークを大切に働いてきたので協調性があることや、マネージメント経験があるのでWebデザイナーでありながらディレクションもできる等)しましょう。

「やる気」「仕事の本質の理解」を具体的にアピールする方法

ポイントは、やる気のアピールで情熱さを、仕事の本質を理解していることのアピールで冷静さを醸し出し、人間の幅を演出することです。やる気があって仕事の本質を理解している人ってかっこいいですよね。採用したいです。

やる気をアピールする方法

ポートフォリオで自分のスキルはすでに伝えている状態です。ということは、あとはもうやる気のアピールしかないですよね!問題はいかに効果的にやる気をアピールするか?です。次の4つのポイントを伝えることで、やる気ある人アピールができます。

  • Webデザインが好き
  • 勉強を続けている
  • Webデザイン関連の資格を保持
  • テンション(面接)

とにかくWebデザインが大好きであることは伝えましょう!Webデザインがやりたくてやりたくて前職を辞めたと伝えてもいいです。採用側も「Webデザインが好きなら、きっとちゃんと働いてくれるし長く在籍してくれるだろうなぁフムフム関心!」と思ってくれます。

そして勉強をしっかり続けていることも伝えます。デザインもコーディングもトレンドの変化は早いので、ずっと勉強し続けなくてはなりません。採用側は「この人は真面目で素晴らしい人だ!勉強熱心でしっかり最先端の技術やトレンドをキャッチアップして現場で頑張ってくれるんだろうなぁフムフム関心!」と思ってくれます。

資格については、資格自体はWebデザイナーのキャリアにとってあまり役には立ちません。スキルが最も重要だからです。でも、未経験の方がWebデザイン系の資格を持つメリットは十分にあります。それは資格は最低限のスキルの保証であり、また資格を取得しようとするやる気があることのアピールになります。

面接の場合は、テンションに十分気をつけてください。上の2つをアピールしてもテンションが低ければ、「本当は思ってないでしょ?てか、こんな元気ない人と働きたくない」と思われてしまいます。ほんの少し普段よりも高いテンションで明るい声でしゃべりましょう!やる気がしっかり伝わります。

仕事の本質を理解していることをアピールする方法

やる気だけをひたすらにアピールしても、採用側は「この人はやる気だけあって空っぽな人なのかな?」と不安がってしまいます。そこで急に仕事の本質を理解していることをアピールして「できるやつ感」をグッと出しましょう!やる気のアピールで情熱さを、本質の理解のアピールで冷静さを醸し出し、人間の幅を演出します。

仕事の本質とは何か?それは「成果を出すこと」です。成果とは具体的には売上です。これは絶対忘れないでください。
自己中な人は面接で「御社で勉強させてください!やる気だけはあるんです!」と言ってしまう人がいます。かなり痛いです。会社は自社に貢献してくれて成果を出してくれる人を求めているのです。だから「今はスキルが未熟で難しいけど、ゆくゆくは会社に貢献して成果をあげることをしっかり意識している」ことを伝えないといけません。

では、最後に最強の自己PRの例文を紹介します。

最強の自己PRの例文

Web制作会社向けの自己PRの例文です。自己PRというよりも志望動機にも読み取れますが、未経験の方の場合はこの内容でバッチリです。

『どうしてもデザインとコーディングを仕事にしたい!という想いが強くて前職を辞めました。それくらいWebデザインが好きです。まだまだスキルは未熟なので、毎日勉強をしてどうにか実務で活躍できるレベルになるよう努力しています。資格は現場では役には立たないとは思いますが、少しでもスキルアップしたくてWebクリエイター能力認定試験エキスパートを取りました。最先端の技術をキャッチアップして吸収するのは大変ですが、楽しく取り組んでいます。絶対にWebデザインを仕事にしたいと思っています。
まだまだデザインとコーディングのスキルは未熟ですが、御社でサイト制作に携わってクライアントの成果に貢献したいと強く思っています。御社の制作実績を拝見するとクライアントに寄り添い、ゴールを共に実現するパートナーのような存在だと感じました。私も御社でクライアントの想いを実現できるWebデザイナーになりたいです。よろしくお願いします!』

前職の経験がアピールできる場合は下記を追加します。

『前職ではチームで仕事をしておりました。協調性があると評価されておりチームで仕事を円滑に勧めることには慣れております。またマネージメント経験もあるため、デザインやコーディングの業務に加えて、PM(プロジェクトマネージメント)やディレクション業務にも挑戦してみたいです。』

自己PRを記載した履歴書が完成したら、転職エージェントに提出&転職サイトでガンガン応募していきましょう!
転職エージェントは未経験OKの求人を多く保有するワークポートWebistの2つを利用します。転職サイトはWeb業界に特化したFindJobGreenで気になる会社を探して応募していきましょう!

コラム①:正社員のWebデザイナーを強くオススメする理由

このサイトでは、
本当にWebデザインのスキルを磨きたいなら、未経験の方はまずはWeb制作会社に正社員で入社すること
を強くオススメしています。

Webの最先端に触れられるWeb制作会社に入社し、スキルをガッツリ高めてほしいです。そして、社内では、やはり派遣でもなく、アルバイトでもなく、長く在籍する可能性のある正社員にこそ成長できるお仕事を振ってくれるのです。派遣やアルバイトは、リンク張り替えやテキスト修正など成長しづらい作業をやらされがちです……。

未経験OKで正社員のWebデザイナー・フロントエンドエンジニア案件を多く保有しているのが、IT系に強いワークポートです。Webに強いエージェントは他にもあるし、僕もいくつも登録していますが、ワークポートほど大量に求人案件を紹介してくれるエージェントを他に知りません笑。 なぜワークポートは未経験者に大量の求人を紹介できるのか?その評判の秘密に迫る! ↑ワークポートさんに会ってきました!ねほりはほりと質問をぶつけています。ぜひ読んでみてください。

転職エージェントは複数登録しますが、ワークポートはそのうちのメインエージェントして必ず登録しましょう。

『ワークポート』公式サイトへ
コラム②:Webデザイナーを強くオススメする理由

エンジニアになるのは本当に難しいです。
だからこそ、このサイトでは、Webデザイナーになることを強くオススメしています。

でも、もし、エンジニアになれれば、月収100万円以上も可能です。実際に僕の友人も軽く年収1000万円は超えています。

ほとんどの人がエンジニアにはなれないので、30〜40万円以上はする高額なプログラミングの学校に行くのはお金をドブに捨てる可能性があります。
どうしてもエンジニアになりたい方は、無料でプログラミングを学べるProEnginner開講の学校『プログラマカレッジ』に行きましょう。プログラマカレッジは、学校&就職支援の一体型サービスです。ここは本当にありがたい存在です。ソーシャルゲーム大手企業で有給インターンまで可能です。
無料のプログラミング学校はもう一つ、『GEEK JOB』があります。就職率97.8%と驚異的な数字を出しています!よりエンジニア色の強いカリキュラムを受けたい場合はこちらを受講します。
2校ともオススメです。無料見学をしてみて自分に合いそうな雰囲気の学校を選びましょう。
この2つの学校のどちらかに通って、自分にエンジニアとしての素質があるのかチェックしてください。もし、あなたに才能があったら、最高にラッキーな人生です。20代のみ対象です。もし20代ならこのチャンスをぜひつかんでください。

30歳以上の方は、『テックキャンプ エンジニア転職』 がオススメです。転職できなければ授業料全額返金してくれます。教室は9時〜22時まで開放し、教室あるいはオンラインでマンツーマンで無制限に質問ができます!超集中なら10週間、ゆったりなら6ヶ月と期間も生活に合わせて選べます。スクールは無数にありますが、有料系ではここが一番爆速に成長できそうです。
参考記事 : なぜ「エンジニア」ではなく「Webデザイナー」をすすめるのか

無料のプログラミング学校『プログラマカレッジ』の詳細を読む 『テックキャンプ エンジニア転職』の詳細を読む

Webデザインのご質問やサイトの感想など、お気軽にどうぞ!

みなさまからのコメントを元に記事を作成することありますので、あらかじめご了承ください。
メールアドレスが公開されることはありません。
こちらで承認後にコメントは表示されます。
* が付いている欄は必須項目です。

  • 管理人(ねこポン)について

    週3日だけ会社で働く30代前半ウェブデザイナーです!
    インテリ風&仕事できる風を醸し出す腕前では右に出る者はいませんが、電話すら怖くて取れないし、無断欠勤してしまい自宅に警察が来たほどのコミュ症ポンコツ人間です。
    現在Web業界5年目。事業会社とWeb制作会社のウェブデザイナーを経て、フリーランスになりました。

    ★ 僕の20代まるごと黒歴史ストーリー

    最近ちょこっと『月曜から夜ふかし』に出演しました↓

    ★ 『月曜から夜ふかし』にちょこっと出演したら『BizSPA!』さんにインタビューしてもらいました!

  • なんでもWebの質問受け付け中 (^o^) /♪

  • おすすめのWebデザインスクール一覧

    授業料は無料?有料?通学式かオンラインなのか?など、金銭面や自分の生活スタイルに合わせてスクールを選びましょう!プログラミングを無料で学べるスクールも紹介!

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    求職者支援訓練
    ハロートレーニング
    無料
    (教材費のみ)
    通学
    (約6ヶ月/週4〜5日)
    Webデザイン ハローワークによるサポート
    プロによる総評

    一番おすすめのスクールは国の運営する求職者支援訓練(ハロートレーニング)です。授業料が無料!しかも約6ヶ月という期間がWebデザインの基礎スキルを習得するのに十分な長さです。僕自身も求職者支援訓練を経てWebデザイナーになりました。
    東京にはWebデザイナー系の訓練校は6校ほどあり、各地域にも1〜3校ほどは見つかるため、どんな人も通いやすいのもおすすめのポイントです。
    ふだん税金を払っているので、このようなスクールはしっかり活用させてもらいましょう笑。


    失業保険が受給できる方は職業訓練がおすすめです。期間が約3ヶ月と短くやや理解が浅くなる点は不安ですが、復習や独学で補えれば問題ありません。最近は数は2校ほどで少ないですが6ヶ月コースも登場しました!
    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    LIG
    有料
    (¥450,000 〜)
    通学
    (6ヶ月)
    Webデザイン 転職セミナーあり/LIGへの採用実績もあり
    プロによる総評

    金銭的に余裕があればLIGを検討しましょう。超有名Web制作会社LIGによるWebデザインスクールです。現役のプロデザイナーが講師で、Mac&デュアルディスプレイという最新設備で学べます!LIG運営のコワーキングスペースも無料で使い放題。生徒のレベルによってはLIGへの就職も可能です。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    CodeCamp
    デザインマスターコース
    有料
    (¥148,000 〜)
    オンライン
    (2ヶ月〜)
    Webデザイン キャリア支援あり
    (就職エージェントの紹介)
    プロによる総評

    CodeCampはオンラインのWebデザインスクールです。低価格ながら講師から直接指導とフィードバックを受けられるのが最大の特長です!おすすめのコースは「デザインマスターコース」。コスパ重視で講師と対話しながら学びたい人に最適なスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    TechAcademy
    Webデザインコース
    有料
    (¥139,000 〜)
    オンライン
    (4週間〜)
    Webデザイン 転職サービスあり
    (スカウト制度)
    プロによる総評

    4週間から短期で受講可能なオンラインのスクールです。週2回メンターにビデオチャットで質問ができ、毎日15時〜23時の間に不明点をチャットで質問可能。「Webデザインコース」がおすすめ。ある程度自習ができて最低限のメンターによるサポートが欲しい人におすすめのスクールです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    プログラマカレッジ
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    『プログラマカレッジ』は20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。無料なのでエンジニアになりたい方はぜひ挑戦してみてください。スクール側は就業先の企業からお金をもらうことで無料で運営をしています。とはいえ授業の質は高いと評判です。『プログラマカレッジ』の卒業生による体験談記事はこちらです。

    詳しくはこちら

    スクール名 料金 授業形式 ジャンル 就職支援

    GEEK JOB
    無料 通学 プログラミング あり
    プロによる総評

    上で紹介した『プログラマカレッジ』と同様の20代限定の通学式で完全無料のプログラミングスクールです。プログラマカレッジは決まった時間に通学しますが、GEEK JOBは個別指導なので自分のペースで通学できます。エンジニアになりたい方は、自分の生活スタイルに合わせてどちらのスクールに行くか検討してみましょう。就職率97.8%は驚異的です!

    詳しくはこちら

    Web制作会社を歩き回れるゲームを作ってみました!ぜひ探検してみてください。(注意:音が出ます!)

    一番上へ